タロットの勉強ノートづくりを始めました

GO333235.JPG

絵柄見るだけで勝手にイメージが
湧いてくるというか、自分流で好きなように
解釈がしやすいのがウェイト版なんですが
それに対し、マルセイユ系タロットは
いろいろ難しいような印象を受けます。

私はマルセイユ系タロットは
カモワンタロットとママンミユキタロットの
2つを持ってまして、どちらも専用の教本も
所有してるのですが、ママンミユキは読みやすいけど
カモワンタロットは非常に難解であり、
さらにこのボリュームに対し、どうしても
怖気づいてしまうところがあります。
本のお値段も信じられないぐらい高額でしたし(笑)

単純に読むだけではさっぱり理解できないけど
ノートづくりを併用してみれば、少しは理解できるのでは?
なんて思って、とりあえずマルセイユ系タロットの
勉強をしてみる事にしました。

GO333231.JPG

ストックしてるツバメノートを投入する事にします。
普通のツバメノートの4冊分に匹敵する分厚さです。
カモワンタロットに敬意を表しまして(笑)

GO333236.JPG

思い立ったが吉日というわけではないですが
夜中に急に思いついたので、居ても立っても居られなく
なりまして、とりあえずコンビニで、大アルカナ22枚の
カードをカラーコピーしてきました。
これを直接ノートに貼ろうと思います。

GO333246.JPG

まずは手始めに見開きを1枚のカードに
割り当ててみました。
最初は「愚者」です。

実際にノートつくってみると、ただ読んでる時とは
違って、本当によく考えるんですよ。
カモワンタロットの教本って、何べんも読んでも
本当によくわからないのですが、これをノートに
まとめる場合はどうすればいいのか?なんて感じで
何回も読み、おぼろげに頭にイメージが固まったものを
ノートに書き出していく感じで、書いてるうちに
「あ~、こういう事だったのか~」なんて
思う事が多々ありました。

GO333247.JPG

ちなみにママンミユキタロットのほうも、
ノートの上段部分にまとめました。
ついでに以前カードを購入した時に
おまけでもらったシールも貼っておく事にしました。

とりあえず「愚者」は完璧です!(笑)
物凄く頭に入りましたし、理解できました。
今更ですが(笑)

大アルカナは残り21枚。
小アルカナは56枚・・・。
気長に続けていきたいと思います(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント