ご縁がなかったという事で

のめりこむようなゲームがしたいという事で、 わざわざ高値で購入した、「A列車で行こう」ですが、 スイマセン・・・ 今現在の私の気分には合わなかったです。 言われるままに線路を敷き、敷いては道路や建築物に かぶってしまうから取り壊し、また線路を敷き、 といった感じで、なんとか環状線を建設しました。 全然楽しくない…
コメント:2

続きを読むread more

「英語が身につく小さなノート術」です

この手のノート術の本は、今現在何一つ 得るものはありません。 とくに流行りなのか、「小さなノート」に関連した ノート術の本は他にもいくつもありますが どれも似たり寄ったりだったりします。 そんななかで、この本を購入した理由は 単純にブックオフで投げ売りされていたからです。 110円なら問題ないでしょう。 ちな…
コメント:4

続きを読むread more

スティーリー・ダンの「彩(エイジャ)」です

死ぬまでに絶対に聴かなければいけない作品というものが それこそ数多くあったりします。 名盤ガイドブックとかで順位に差はあれども ベスト100とかだったら必ずランクインするような。 このスティーリー・ダンの「彩(エイジャ)」も 必ず語られる1枚であります。 ジャケットが山口小夜子さんというのも この作品の…
コメント:2

続きを読むread more

「全員死刑」です

サブタイトルは、「大牟田4人殺害事件 死刑囚 獄中手記」でして、著者は鈴木智彦さんです。 死刑囚の手記をベースに、鈴木さんが状況説明などの 文章を織り交ぜるスタイルでして非常に 面白かったです。 というか、ここ最近読んだ本の中ではベストといって いいぐらい強烈です。 殺されたのは、貸金業(闇)を営む女性とその女…
コメント:0

続きを読むread more

1週間の運勢(2021年5月3日~9日)

紀州のドン・ファンの若い奥さんが 逮捕されましたね。 こんな事件、そういえばあったよな~、 なんて思いましたが、3年後に、ようやく逮捕と なりました。 早くから当然だけどマークされてたようですが、 実際に逮捕までの決め手がなく、慎重に慎重を 重ねて、全てのお膳立てが出揃ったところで 逮捕というわけですな。 …
コメント:2

続きを読むread more

「銀河鉄道の夜」と「探検ブック」です

あまりに有名な、「銀河鉄道の夜」です。 この独特の世界観にやられてまして、 今でもたまに読み返したりしております。 そうしましたら、先日ブックオフ散策をしてたら、 「銀河鉄道の夜 探検ブック」という本が投げ売りされて いたので確保いたしました。 とにかく、「銀河鉄道の夜」に関し…
コメント:0

続きを読むread more

「A列車で行こう」を始めてみました

時代遅れの任天堂3DSですが このまま遊ばなくなるのは寂しいという事で あらたなゲームを始めてみる事にしました。 「A列車で行こう3D NEO」です。 都市開発鉄道シミュレーションゲームでして パソコンのゲームソフトとして大ヒットしました。 数多くのハードにあわせてソフトが更新されていき、 任天堂3DSにあ…
コメント:0

続きを読むread more

考え中

日割りなのか?月極めなのか? まあ、場所から考えると月極めっぽいです。 うっすらと前の金額が見えるのですが 5桁ではなさそうです。 そう考えると安いですな(笑)
コメント:0

続きを読むread more

新日本プロレス伝説「完全解明」です

著者は、御存知、ミスター高橋さんです。 この手の本は過去に数多く読んでまして 正直なところ以前にも読んだような覚えがあるのですが よく思い出せなかったというか、それぐらいどれも 似たような内容なので、今更紹介するほどでも ないのですが、いちおう紹介します(笑) ちなみに宝島文庫は、このプロレス関連と 殺人事件を…
コメント:0

続きを読むread more

「ハイスコアガール」です

ひょんな事から、「ハイスコアガール」を 読み始めました。 きっかけとなったのは、 スピンオフ作品である、「ハイスコアガール DASH」の 書評を読んだからです。 傑作、「ハイスコアガール」の今のところの続編、 みたいな紹介がされていて、それなら最初の 作品を読んでみようかな、なんて思って、1巻をブックオ…
コメント:2

続きを読むread more

「帰ってきたヒトラー」です

なぜか自殺したはずのヒトラーが 現代(2010年)に蘇ってしまい、 コメディアン(いわゆるそっくりさん)として 人気者になってしまった、なんて感じの本です。 本国ドイツだけでなく 多くの言語に翻訳され各国でも ベストセラーになりました。 映画も作られ話題を呼んでおります。 本自体は、非常に面白かっ…
コメント:2

続きを読むread more

1週間の運勢(2021年4月26日~5月2日)

緊急事態宣言がまた出てしまいましたね~。 なんか何回もあると、緊急事態宣言の インフレって感じです。 戒厳令とかだったらビビりますが。 私の会社はアパレル小売業でして 昨年に引き続き、大打撃であります。 四都府県以外の地域でも自粛ムードに 拍車がかかる事は間違いないですから。 ただ、そんな状況において官僚…
コメント:2

続きを読むread more

23冊目のモレスキン中身紹介 ~後編~

それでは23冊目のモレスキン中身紹介、 後編になります。 おもにイラスト中心でまとめてみました。 まあ、イラストといっても酷いレベルであり、 描く時間は30秒~1分ほどです(笑) エイフェックスツインは、このマークが 多いですね。どのアルバムも似たような 感じのものが多いですが、不気味な人物が 使われ…
コメント:0

続きを読むread more

23冊目のモレスキン中身紹介 ~前編~

それでは恒例となりました、 モレスキンの中身紹介です。 23冊目ですな。前編後編の 2回に分けて紹介いたします。 誕生日の時に娘からもらった手紙を スクラップしました。 これらの紙モノは、とにかく貼ってしまう事です。 また、割り切って貼りやすい大きさに切り抜いて しまう事も大切です。 原形のまま残し…
コメント:2

続きを読むread more

そんなつもりではなかったのだが・・・

任天堂3DSの大乱闘スマッシュブラザーズを 充分にやりこんだので、次なるゲームを 探してみる事にしました。 そういえば、ファイナルファンタジータクティクスを やる為だけに買ったPlayStation Vita(PSV)がある事を 思い出したので、今度はPSVで遊べるソフトに しようと思ったのです。 …
コメント:0

続きを読むread more

「真相はこれだ!」という本の紹介です

「サブタイトルは、~「昭和」8大事件を撃つ~です。 いつもの別冊宝島文庫かと思いきや、 新潮文庫のものでして、それもあってか 多少は読ませる内容となっております(笑) ①美智子皇后「失声症」の真相  叩かれるのは本当に辛いと思います。  それは雅子様も同じですね ②府中「3億円事件」  未解決…
コメント:0

続きを読むread more

帯に短し襷に長し

早速使い始めたオゾンロックスの ボストンバッグなんですが、 やはり横幅がデカいです。 55センチを甘く考えていました。 少しぐらい大きくても なんとかなるのでは?なんて 思ってましたが(笑) ヒスのマジソンバッグの横幅は42センチぐらいです。 もう少し大きくてもいいかな?なんて感じです。 そ…
コメント:0

続きを読むread more

さよなら長瀞さん

あの長瀞さんがアニメになるなんて 凄い話であります。 ただ、漫画のほうは、完全に惰性というか 迷走してる感じです。 これは高木さんもそうだったのですが 基本的にネタが尽きてしまうんですよね。 どう考えても、その先が発展していかないのですよ。 単行本も買い揃えてきましたが、 これで終了とします。 …
コメント:2

続きを読むread more

1週間の運勢(2021年4月19日~25日)

私の仕事はアパレル小売業でして、 ゴールデンウイークは年末年始商戦と並ぶ、 年間でも一番の稼ぎ時なんですが、 この状況では・・・。 昨年のリベンジと燃えてましたが、 やる前から水を差された感がありますな。 それでは1週間の運勢です。 週頭は、「ソードのペイジR」です。 多少なりとも用心深くなっ…
コメント:0

続きを読むread more

「スーパースター引き際の美学」です

スポーツ選手には必ず「引退」という 文字がつきまといます。 ましてや、スーパースターとよばれる 人たちにとっては、なおさらでして そんなトップアスリートたちの様々な 「引退」にスポットライトを当てております。 やはり野球がメインで、それについでサッカー選手が 多いですが、大相撲やスキー、陸上、テニス、ラグビー、…
コメント:0

続きを読むread more

24冊目のモレスキンがスタートしました

23冊目のモレスキンを使い切ったので 早速、24冊目をスタートさせました。 使うのは、同じくスーパーマリオのやつです。 表紙にステッカーが貼ってありまして 剥がそうかとも思いましたが、 とりあえず貼っておく事にしました。 剥がしたら、何が何だかわからなくなりそうですので(笑) 毎度毎度の事ですが、 …
コメント:0

続きを読むread more

23冊目のモレスキンが終了しました

いや~、長かったです。 雑記帳、スクラップ帖、たまに日記帳として 使い続けてきたモレスキンなんですが このたび23冊目をようやく使い切りました。 1年と4ヶ月近くかかって、ようやく1冊を 使い切ったわけですな。 もちろん過去最長記録です。 日付で考えれば、まさにコロナウィルスとともに 寄り添ったモ…
コメント:0

続きを読むread more

「消えたマンガ家」の2冊です

著者は大泉実成さんでして、 過去にいくつかある「消えたマンガ家」を 再編集し、加筆修正を加え、文庫として 2冊にまとめたものです。 赤盤、青盤というわけではないですが 消えたマンガ家を大きく2つに分類してまして アッパー系とダウナー系の2種類です。 アッパー系(赤)→ その眼差しが外部に向けられたもの …
コメント:2

続きを読むread more

オゾンロックスのボストンバッグです

メルカリで、またまた物欲を刺激されるアイテムが 出品されていたので購入してしまいました。 オゾンロックスのボストンバッグです。 ヒステリックグラマーを販売している会社の 正式名称(?)はオゾンコミュニティーなのですが その会社では以前に、オゾンロックスという ブランドがあったのです。 当時、…
コメント:0

続きを読むread more

おっさん文学というもの

近所の古本屋さん(ブックオフではない)の店先に 1冊150円、3冊300円のワゴンが置いてあって 3冊買おうと物色したけど、3冊目が難しくて とりあえず手にしたのが、山口瞳さんの 「男性自身傑作選」でした。 とくに期待せず、気軽に電車内で読めるエッセイみたいな ものだと思って読んでみたら、結構面白くて その後、…
コメント:4

続きを読むread more

1週間の運勢(2021年4月12日~18日)

相変わらず、代わり映えのしない日常・・・。 早速、いつもの1週間の運勢にまいります(笑) 週頭は、「ソードの2」です。 本家ウェイト版だと神秘的な絵柄ですが シェルダン・ダグラス版だと内に秘めた何かが ぐつぐつと煮えたぎってる感じ(笑) 冷静を装ってるように見えますが 内心は穏やかじゃないイメージで…
コメント:0

続きを読むread more

憧れる物件

近所にある建物なんですが 昔から、このようなデザインに惹かれます。 1階~2階はテナントで貸していて 3階が事務所、4階は住居みたいなのが 理想です。屋上部分はもちろんベランダに なってて天気が良くて暖かい日はここに 寝転がって読書なんかもいいですね。 3階が事務所という事なんですが そうなると何かしらの…
コメント:2

続きを読むread more

「遺書 5人の若者が残した最期の言葉」です

これはキツイ本ですね。 下は13歳、上は25歳の若者5人(全員男性)が 残した遺書を元に、彼らが産まれてきてから 自らの手で命を絶つまでの記録でして それぞれの遺族からの協力を得て作られております。 全て実名です(加害者にあたる者は仮名)。 それにしてもツライ。 あまりにも哀しいです。 鬱病を患ってしまった以…
コメント:2

続きを読むread more

ついにコンプリート!「おめでとう」そして「ありがとう」

長かった闘いがついに終わりを迎えました。 大乱闘スマッシュブラザーズ(スマブラ)といっても 時代遅れの3DSですが、私としては充分に 楽しめました。 シンプルのホンキ度9.0をクリアしてからは 本当の意味でのコンプリートを目指して 日々、精進してきました(大げさ)。 そんな中で、最後に控えてた、お題が 「フィ…
コメント:0

続きを読むread more

「根本陸夫伝」を読みました

サブタイトルは、「プロ野球のすべてを 知っていた男」です。 選手時代は無名に近く、現役期間は 非常に短かったのですが、カープ、ライオンズ、ホークスと 監督、そしてゼネラルマネージャーとして辣腕を振るい その後に黄金時代を築きました。 私は、当時ダイエーの監督になった時に 初めて根本さんの事を知りました。 当時…
コメント:0

続きを読むread more