「佐武と市捕物控」コンプリートしました

石ノ森章太郎先生の 「佐武と市捕物控」ですが、 傑作選といったかたちで、ちくま文庫から 刊行が始まりました。 江戸暮らしの巻 杖と十手の巻 愛憎の綾の巻 それぞれテーマにそって 選ばれた作品が収められております。 とても面白いし、斬新なコマ割りや 表現方法など、思わずため息が出るような …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほぼ日手帳より強力なアイテムが投入されるそうです

バレットジャーナルを始めてみたい・・・、 でも、結局ほぼ日手帳で全部カバーできるし・・・、 なんて感じで、ウジウジ悩んでた私ですが、 そんなモヤモヤを解消するかのようなアイテムが いよいよ2020年版で投入されるようです。 仕組み的には、今更な仕様なのですが、 あの「ほぼ日手帳」が仕掛けてくるところに 意味があるよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほぼ日手帳2020のラインナップが公表されました

毎年、ほぼ日手帳からのメルマガで 気づくのですが、今年もやってきますね~(笑) いつもながら思いますが、ほぼ日って これらの戦略プロモーション活動というか 仕掛けづくりが本当にうまいですね。 プロ中のプロ集団という感じです。 あざとくて個人的には嫌いなんだけど 嫌いといいつつ、真剣に見てしまう自分が 哀しいで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KEENのサンダルを買いました

昨日、越谷レイクタウンに映画を 観に行ったついでに、 長年買おうとしつつも、いつもスルー してきたKEEN(キーン)のサンダルを ついに購入いたしました。 なかなか購入に踏み切れなかった理由としては 当たり前だけど夏限定の季節商品だからです。 結構お値段も高いので、「まあ、やっぱり 買わなくてもいいか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「トイ・ストーリー4」を観ました

今日は越谷レイクタウンのイオンシネマで 「トイ・ストーリー4」を観に行ってきました。 いや~、さすが夏休みのお盆だけあって 朝から大混雑です(笑) 我が家は事前にムビチケで座席の予約を していたので発券はスムーズでしたが、 当日チケットを購入しようとした場合は 相当遅い時間しか空いていないように …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

365日貯金が挫折しました・・・

昨年末より、365日貯金というものを おこなっておりました。 毎日貯金するものでして、 1日目は1円、2日目は2円といった感じで 365日目は365円なんですが、 それでは無理があるので、 例えば72円小銭があったら72日目がクリア といった感じにするわけです。 1から365まで数字書いて、クリアした数字を 消…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

時計の価値は身につける人で変わる

先日、某ブックオフに立ち寄ったところ、 思わず目を引く腕時計を見つけました。 TISSOT(ティソ)の腕時計です。 このメーカーは昔から名前は知ってましたが 興味が湧いてきたので、いろいろ調べてみました。 スイス製であり、スイス国旗をブランドロゴに 使う許可を得ている数少ないメーカーです。 オリンピックやNBA…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やれやれ・・・休日ブックオフ♪

本日は休みなんですが、 少しだけこなさなければいけない仕事があったので 会社に行きました。 朝の7時30分ぐらいに着いて、 すぐ仕事に取り掛かり、9時すぎには終了。 そのまま帰宅なんですが、たまには 朝のブックオフというのも いいのでは?なんて思ったのです。 いわゆる、休日ブックオフであります。 ほとんど仕…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ちくま文庫の石ノ森章太郎を3冊まとめ買いしました

私は多くの同世代と同様に、 手塚漫画を中心としたトキワ荘漫画家を中心に 幼少の頃から親しんできました。 ただ、中心となるのはやはり藤子不二雄の両先生であり、 それに赤塚不二夫先生が加わる感じです。 テラさんこと寺田ヒロオ先生の作品は 実際はほとんど読んだ事がありません。 テラさんのイメージは私の中では 100…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もうダメだ~!!

私の書斎に何台かの本棚があるのですが 限界をはるかに超えてまして 抜本的に棚卸をする事にしました。 そのなかで、長らく買い続けてきたけど ここでいったんリセットというか、 ようは買うのをやめるものを リストアップする事にしました。 以前にも、カイジシリーズで リセットをおこないました。 ただ初期からパチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒステリックグラマーのチコバッグです

ひょんな事から、ヒステリックグラマーの エコバッグを購入する事になりました。 もともと存在は知ってましたが とくに気にする事なく今に至っていましたが、 先日、ヒステリックグラマーからメールが届きまして、 内容は私が保有しているポイントの有効期限が 近づいてる、というお知らせだったのです。 8月31日でポイン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「教養としてのロック名盤ベスト100」です

著者は川崎大介さんです。 川崎さんのレビューはわかりやすく 読みやすく、グッとくる文章、フレーズが 多いので大好きです。 ピンク・フロイドの「狂気」に関しては、 「クフ王のピラミッドに匹敵する偉大な事業」 なんて語ってます(笑) 川崎さんの本は、 「日本のロック名盤ベスト100」も持ってます。 様々…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やはり一番ドキッとさせられる1枚です

私はタロットカードを使って 誰かを占ってあげる事はないですが、 タロットカードの事を全く知らない人がみても、 この13番の「死神」はドキッとすると思います。 占っててカードをめくったら「死神」だと、 質問者は露骨にイヤな顔をすると思う(笑) また相手を占ってあげる時も 「死」にまつわる事を喋るのはタブーです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「石の扉」という本の紹介です

サブタイトルは、 「フリーメイソンで読み解く世界」です。 フリーメイソンというのは、よくわからない 組織です。 宗教でもないし、もちろん任侠組織もないです(笑) 親睦団体というか、とにかくこの世の中は フリーメイソンで成り立ってるのです(笑) もともと胡散臭い組織の代表格なのですが、 日本人の現役(?)の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ピンク・フロイドの「おせっかい」です

音楽だけでなく、所有欲を満たしてくれる アイテムとして目をつけたのが ピンク・フロイドの作品でして 当時のアナログレコードを 忠実に再現した紙ジャケシリーズです。 「原子心母」、「狂気」と買い集めてきて 3作品目は、これまた名盤といわれる、 「おせっかい」です。 何よりも「帯」がいい雰囲気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パタリロ!」のガチャガチャを見つけました

先日、家族で近所に買い物に 出かけた時に立ち寄ったキディランドで とんでもないものを見つけました。 1回300円ですが、これは 挑戦するしかありません! 開けずに家まで持って帰ってきました。 あまりに粗悪なビニール製ポーチ(笑) ただ、パタリロファンにはおなじみの イントロ部分…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「黄昏流星群」の60巻です

本来なら、「記念すべき~」 などのキャッチコピーつけたいですが、 よくもまあ、このレベルで60巻も 続けたな、なんてある意味で感心いたします(笑) 初期の頃は、それなりに楽しめたんですけどね。 単行本でいうと31巻とか32巻ぐらいまでかな? それまでのは読み返す事も多いし、それなりに 物語が面白いです。 「人…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ドラえもんの「まめぐい」です

カミさんと娘が友達の母娘と一緒に ハトヤ(伊東に行くなら~)に旅行してきまして お土産を買ってきてくれました。 伊東ではなく、行きの東京駅で早々に発見し、 「これしかない!」と思ったそうです。 想いを包む まめな贈りもの 「まめぐい」 ようするに、手ぬぐいでして 「かまわぬ」ブランドです。 そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「古本マニア雑学ノート」という本の紹介です

著者は御存知の 唐沢俊一さんです。 唐沢さんのこの手の古本だったり、 いわゆるトンデモ本の類は 過去にたくさん読んでて 内容的には、だいたいどれも同じですが どれも面白いですね。 この本も非常に面白かったです。 古本めぐりの散策に関しては 私のブックオフ散策と同じなんですが やはり古本の聖地である神田…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

回り続ける運命の輪

この世界における様々な場面を 描いているタロットカードですが、 まったく想像つかないというか、 オリジナル色が強すぎるカードとして 「運命の輪」があげられます。 死神とか悪魔とか、たしかにこの世には 存在しないけど、「描いてみた」としたら 意外に似たようなモノが描けるかも しれません。タロットカードを全く知ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻雀以外にも参考になる「Aクラス麻雀」

麻雀の実戦的教本として あまりに有名で古典ともいえるほどの 傑作である、「Aクラス麻雀」です。 著者は阿佐田哲也先生でして 私は昔持ってたのですが紛失し、 先日、ブックオフで見かけたので 再度買いなおしました。 何度も版を重ねてるので今でも 普通に買えると思います。 「基本的な十章」 「手作りの為の十章」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今度は「KORG DS-10 PLUS」です

まあ、いわゆる「引き寄せ」ですかね・・・? なんて言って、単純にブックオフで見つけて 買っただけなんですが(笑) 任天堂KORG DSN-12で遊んでる私ですが、 それより前のソフトである、 DS-10の公式ガイドブックを見つけたんで 買ってきました。 私の持ってる「12」は、アナログシンセサイザーが 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「血だるま」の引き寄せです

先日紹介した、平田弘史先生の漫画ですが 更にとんでもない作品を見つけました。 「血だるま剣法・おのれらに告ぐ」です。 購入先は、某ブックオフですが この店は最近、妙にサブカル臭が 漂うようになってきました。 根本敬先生の「怪人無礼講ララバイ」が 売ってたり、「世紀末倶楽部」の4号が ビニールパックされず、立ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ヒストリエ」の11巻です

いや~、待望に次ぐ待望の ヒストリエの11巻です。 前の10巻が発売したのが 2017年3月ですから2年4ヶ月ぶり(笑) とにかく待たされても文句がいえない ぐらいの内容です。 これは今に始まった事ではないですが(笑) とにかく練りに練ったストーリー、 氷のように冷たい(笑)表情などなど、 相変わらず素…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村長就任1周年です!

朝、出掛けに秘書のしずえさんが自宅の 玄関脇にいまして声をかけられました。 あ~、マズイ・・・、イベントだ~、 なんて思いまして、とりあえずリセット(笑) 夜に帰宅してから、じっくりと記念イベントを 堪能する事にします。 自分でも偉いというか、信じられないというか、 昨年の7月25日に、ゲームを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

権力者か?母性の象徴か?

タロットカードの「女帝」です。 様々な解釈ができますが、 「女帝」という言葉のイメージからすると 権力者というか、バリバリ働く やり手の女性経営者なんかを 連想しますが、ウェイト版の図柄は 優しく母性愛に満ちた感じですね。 タロットカードの面白いところで 同じ女帝のカードでも、その時の 見え方によって、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バレットジャーナル考察⑩ ~ほぼ日手帳がベスト!?~

バレットジャーナルに関する考察を 何度も重ねてきましたが、 今回の10回をもって、とりあえず 一区切りつけたいと思います。 個人的には、バレットジャーナルを 始めてみたいな、なんて思います。 何よりも魅力的で使ってみたいノートが たくさんありますからね。 それが一番大きな理由でもあります(笑) 前回の記…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Negiccoのアルバムを手に入れました

Negicco(ねぎっこ)のファーストアルバムが ブックオフにて500円で売ってたので 少し迷いつつも購入しました。 2013年に発売したもので 結成(2003年)から10年目にして 初のオリジナルフルアルバムを 発売したと、結構話題になったものです。 新潟の御当地アイドルが 全国的な知名度がありつつも 基…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「木嶋佳苗 100日裁判傍聴記」という本の紹介です

たしか以前にも、この文庫本の 元ネタというか文庫化される前の 本を読んだ覚えがあったのですが、 内容をほとんど忘れていたので 新鮮に読めました。 非常に面白かったです。 木嶋佳苗のアイコンは、あまりに 有名なんで、ついつい冒頭に 掲載してしまいましたが、 文庫本はこちらです(笑) いや~、それ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「アウトロー臨終図鑑」という本の紹介です

著者はアウトロー系のサブカル本を 数多く出している山平重樹さんです。 革命家、プロ選手、芸能人、映画人、 作家、政治家、右翼、極道などなど 有名アウトローたちの生き様と 死に様をまとめており、 登場するのは71人! さすがに多すぎでして、内容は かなりはしょっております(笑) もともとアウトローに惹かれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more