ドラゴンクエストタロットの遊び方(実践編)

GO333114.JPG

前回の「導入編」を熟読していただいて
これから実践編に移ります。

GO333115.JPG

まずは22枚のカードを裏返しにして
シャッフルします。
とくにシャッフルの仕方に決まりはなく
自分の好きなようにやればいいと思います。
ポイントなのは、よく混ぜる事であり、
これは本家のタロットカードも同じですね。
儀式めいた事など何一つやる必要はありません。

実践編なので、具体的に占う内容について
考えていきたいですが、私はこのドラクエタロットは
ズバリ「対人関係」に特化していいように思います。
自分自身どうするかというより、「この人とどう
接するか」みたいなほうがわかりやすいかも。

それでは「新しく一緒に働く上司とどう接するか」という
テーマで占ってみます。

GO333116.JPG

まずは1枚引いたカードは
「教皇」であり、MP4で守備力上昇と少しずつHP回復の
意味があります。

この「教皇」は「回復系カード」に含まれます。

GO333117.JPG

ドラクエタロットは22枚のカードを
4つに分類するのですが、
相手に対し、
①攻撃する
②弱体化する
この2つのように、まずは相手に対しての行動をするカードが
あります。

それに対し、自分自身に対して
③強化する
④回復する
この2つのグループがあります。

「教皇」は「回復系カード」のグループで
さらに大きなくくりでみると、自分自身に対しての
カードになるので、その時点で「強化系」と「回復系」の
カードは全て端に避けてしまいます。

GO333118.JPG

残りは相手に対しての
「攻撃」と「弱体」の2グループのカードのみです。
これを再度シャッフルします。

GO333119.JPG

出たカードは「月」です。
MP消費量は4で相手に「幻惑」の魔法陣を設置。
いわゆる「まぼろし」を見せるわけですな。

GO333120.JPG

「新しく一緒に働く上司に対し、どのように接するか」

このテーマに対してのリーディングは
とりあえず守備力を少し高め、猫かぶりする感じで
まずは様子見を勧めます。
それにしても酷いリーディングだな(笑)
MP消費量がどちらも少ないカードだから
あまり気にしなくても大丈夫ですよ、なんて感じかな?
ちなみに逆位置は採用しません。面倒なので(笑)

それでは続いては占いテーマの花形、
「恋愛」について占ってみましょう。
もともと占いの大半は恋愛に関係した内容かと思います。
これが小中学生ぐらいの女子だと可愛らしいものですが
47歳のおっさんが今更恋愛も何もなく、
気持ち悪いだけですな(笑)

まあ、それでもサンプルリーディングとして適当に
考えますが、相談者は25歳のOLさんで、
新入社員として配属されたAくん(22歳)が
可愛らしくて少し好意を持ったのですが
付き合ったりできますか?なんて。

GO333121.JPG

嘘偽りもなくシャッフルして引いたカードが
「正義」です。
光属性(?)攻撃の最強カードで消費MP8。
とりあえず押しの一手でしょう(笑)

この時点で「正義」が含まれる攻撃系カードと
相手を弱体化させるカードを避けます。
残りは自分自身に関係する「強化系」と「回復系」の
カードから1枚を選びます。

GO333122.JPG

実際のタロットでは素敵な「女教皇」なんですが
ドラクエにおいては弱いカードですね。
消費MP3で味方単体のHP回復です。

GO333123.JPG

さあリーディングです。
質問者自身が好意をもってるわけで
当たり前だけど、本人は付き合いたいと
思ってるわけです。
だから結果はもう出てるわけなんですよね(笑)
「もう相手には彼女がいますよ」とか
「告白してもフラれますよ」なんてネガな
アドバイスはタブーです(笑)

だから、「まずは猛烈にアタックしなさい!」と(笑)
更に自分の味方(周囲で仲の良い人)も
助けてあげなさいよ、と。
たとえば仕事でミスをした同僚に対し
さりげなくフォローしてあげるあなたの姿を
その意中の男性に見せるようにしなさい、と。

猛烈にアタックしてもうまくいかなかった場合は、
「アタックが足りませんでしたね~」なんて(笑)
いくらでも逃げ道を作る(笑)
まあ、タロットカード自体が曖昧なモノですからね。

それでは実践編を終了しますが
自分でルールを決めるのは非常に面白いですね。
様々なバリエーションも生み出せそうです。
いい暇つぶしですな(笑)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント