自宅の2階をミニ博物館にしました

GO331771.JPG

以前、すれ違い通信で出会った方の
自宅(もちろんゲーム内だが)を
モデルハウスにて見学したのですが
1部屋をミニ博物館に改造してて
とてもよかったので、自分も真似してみようと
思いました。

まずは大まかなコンセプトを決めます。

内装(天井、床)に関しては
博物館で購入できる地層シリーズにしました。
まあ、定番ですね。

もともと化石は全て発掘し、全てミニチュアに
加工して保管してたので問題なく進められましたが
これから取り掛かるのは大変な作業です。
難しくないけど運任せでめんどくさい(笑)

化石は毎日4か所ランダムに埋まってて
掘り起こしてから博物館に行って鑑定して
もらわなければいけません。
基本的に、恐竜の化石標本は3つのパーツから
成り立ってます(一部2つや5つもある)。
同じ種類の恐竜のパーツが揃ったら、リサイクルショップの
カイゾーにミニチュアに加工してもらうわけです。
ちなみに恐竜は20体あるので、どれのどのパーツが
どれだけ揃ってるか、保管と管理も大変なんです(笑)

基本的に20体のミニチュアと、それとは別に
1体はミニチュア加工されてない大型標本を置く事にします。
どの恐竜にするかは迷いました。
見学したモデルハウスの方は、最大のセイスモサウルスを
一番奥に鎮座させてました(パーツは5つ)。
ステコザウルスとかトリケラトプスなどのスター(?)恐竜にも
惹かれましたが、やはり恐竜といったら、これしかないでしょう。

GO331773.JPG

GO331775.JPG

ティラノサウルス・レックス、いわゆるT・レックスです。
恐竜界の横綱といっていいでしょう。
入口から入ってきた人を飲み込むような姿を活かす為に
あえて部屋の中央にセッティングしました。

T・レックスの化石に関しては、
胴体と尻尾はすぐ発掘したんだけど、頭だけは
なかなか出てこなくて大変でした。
念願叶ってついに発掘できた時は
思わずガッツポーズ(車内だから目立たないように)。

恐竜だけでなく、生きた化石ということで
シーラカンスの水槽も設置する事にしました。
このアイデアも先人からいただきました。

GO331776.JPG

一部、ガラスのショーケースに変更し
単調になりがちな展示物に一手間加えてみました。
それと、黄金家具(これも難しくはないが運任せ)が
なんとなく部屋のコンセプトに合っていたので
いくつか設置してみました。

GO331777.JPG

人体模型も雰囲気が出るので
追加してみました。

全ての展示物を見回れるように導線も確保。
いい仕上がりになったと自画自賛です(笑)

問題は、これで化石発掘の楽しみが完全に
なくなってしまった事です。
自由に過ごせるのが、どうぶつの森の最大の長所なんですが
何かが完成するごとに、何かが失われていくようで
なんだか哀しくなってきました(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント