「無人島レコード」という本の紹介です

GO331702.JPG

ディスクユニオンの某店舗にて確保しました。
いや~、素敵な本ですね!
20年近く前に出たモノだけど
久々にワクワクする本に出会いました。

この手の話は昔から多くの人が会話していると思います。
いわゆる、「無人島に1枚だけしかレコード持っていけないと
したら、何にする!?というやつ(笑)
これが5枚だったり10枚だったり、テープ編集して
10曲だけだったりとバリエーションが様々。
映画でも本でもあります。
本だとよく言われるのが広辞苑というやつ。
それか詳細な道路地図で様々な空想を楽しんだり。
「食べられる野草」なんて実用本のほうが
いい場合もあったりしますが(笑)

そんな感じで、この本は80人ぐらいの著名人に
無人島に1枚だけレコードを持ってくなら
何にする?という質問をしてて、その解答だけで
1冊が成り立っております。
面白いのが、どんな無人島を想像するか?という
問いかけもありまして、そのシチュエーションも
語らせてます。

無人島に独りぼっちといっても
そのシチュエーションによってその後の
展開が大きく分かれてきます。
まず、無人島に行くのが自分の意志なのか?
それとも遭難して流れ着いたのか?というところから
議論しなければいけません(笑)
また、楽園のような南の島の場合もあれば
極寒の孤島もあるので、当然ながら聴く音楽も違います。
2泊3日で無人島行くお供の1枚なのか?
それとも、もう一生独りぼっちであり、これしか
聴く事ができない場合は?

なんて感じで、著名人の皆さんは、
1枚選びよりも解説の大半を無人島生活に
費やしてます(笑)

皆さん、いろんなイメージをしてるけど
共通してるのが、無人島の1枚というのは
自分の生涯のベストの1枚ではない、というものです。
都会の喧騒なんかをイメージするような作品は
聴きたくなく、しんみりした作品もイヤだし、
基本的に明るくハッピーなモノを選ぶ人が多いですね。

また、私が思うに出来るだけ飽きないように
2枚組とか、それこそ3枚組とか選びたくなるものです。
(本では2枚組の場合は、そのうちの1枚のみというルールだが)

GO331750.JPG

私自身も、無人島に1枚なら何にするか?と
考えてみました。
私のベストはザ・スミスなんですが、迷わず今回はパス(笑)
なんか将来を悲観してしまうような気がしてしまうんですよね。

思い描いたシチュエーションとしては
船が難破して遭難し、なんとか無人島に辿り着いたわけでして、
果物や魚など食料には困らず、雨もよく降るので
飲料水の心配もしなくてOK。
適度な洞窟があるので雨風はしのげるし、気温は温暖なので
晴れてれば砂浜にそのままゴロンなんて感じで
とにかく過ごしやすい(笑)
島にはなぜかレコードプレーヤーが1台だけあって(笑)
ソーラーパワーで充電されるので
半永久的に聴けるけど、レコードはなぜか1枚のみ(笑)
ちなみにレコードプレーヤーの針は摩耗しないし、
不思議な事にレコードの溝も擦り減らない(笑)

私なら、やはりザ・ストーン・ローゼズのファーストを
選びます。
1枚のアルバムとしてもだ大好きなんだけど、
これから死ぬまで無人島で独りぼっちで生活するわけだから
いかに空想というか過去の思い出を反芻できるか?
というところが重要だと思うのですよ。

ローゼズは生涯で3回この目に焼き付けてます。
とくに一番最初のフジロックの思い出は
私の生涯のベスト2にランクするほどの感動的な
光景でした。(1位は娘の出産に立ち会った事)
3回のライブとも、会社の仲の良い後輩と一緒に
参加しており、その時の感動を共有できる友人が
いるという事(いたという事)も
レコードを聴きながら何度も浸れると思うし、
なんかのはずみでレコードプレーヤーが壊れて
しまっても、このジャケット眺めてるだけで
様々な思い出が蘇ってくるんですよね。

いや~、それにしてもこの本面白いです。
知ってるアルバムもあるけど半数以上
知らないものばかりだから、今後いろいろと
チェックしたいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

2019年10月09日 21:47
そういえば以前、無人島に持って行くならビートルズのいわゆる「ホワイトアルバム」と言った先輩さんがいらしたそうですね。そのココロは、一番曲数が多いから。ここでは二枚組は禁じ手みたいですから、困っちゃうかも。
そういうボクは何を持って行こうかなあ。でも本当に、どういう無人島にどういう条件でどれくらいの期間行くのか、ということで考えちゃいますね。
何もない北の果ての絶海の無人島なら、レコードよりもヒートテックの下着!
あ、レコードよりもギターのほうがいいかな…。練習する時間だけはたっぷりある、という条件でなら。

2019年10月10日 19:31
出ちゃっ太さん、どうもです。
たしかにホワイトアルバムを筆頭に
曲数が多いというのも判断基準に
なりそうですね。
アナログレコード時代は無理だったけど
CDなら80分近く収録できるので
2枚組が1枚におさまる!、なんて(笑)

無人島で木を切って、楽器を
作るという意見も複数いらっしゃいました。
レコードはいらないからギターだけ
持って行かせてくれ!なんて意見も(笑)