格言が書かれたしおりを手に入れました

画像


ブックオフで購入した本に、
おかしなものが挟まってる事は
よくありまして、私も過去に何度も
経験しております。

今回は、いつどの本に挟まっていたのか
さっぱり思い出せないのですが、
こんなものを今更ながら見つけました。

画像のは、浅草にある花やしきの
チケットの半券です。
私は購入した本の中に挟まってる「しおり」は
抜き出して束にして保管してます。
まあ、保管といっても随時使いまわしてて、
このチケットの半券も、てっきり普通の
「しおり」だと思って保管してました。
まあ、前の持ち主は半券を「しおり」代わりに
使っていたのでしょう。

ただ、裏返すと、ただの「しおり」では
ありませんでした。

画像


人生は
人生にくいはないのか?
心は折れて(る)なんぼ
心を戻す

ブレない自分
何かしようか
何をもとめてるか
何をするか

いろんなけいけんを積む
自分で決めた事

土台がしっかりしてないと
新しい事も入らない


なかなか深みのある言葉であります。
座右の銘にしたいぐらいです(笑)

それにしても、過去に何度も
この手のモノ(電波文書含む)を
手に入れましたが、なんとなく筆跡が
みんな似てるんですよね。
もちろん同一人物のはずはないんだけど、
なんか似てます。
まあ、これは自分で勝手に思ってるだけですが
「この中で電波文書の筆跡はどれか?」
なんて問題(?)があったら、そこそこ
当てる自信があります(笑)

ポイントは字自体は読みやすい事。
うまいとか下手とかではなく、
読みやすい。
また、画数の多い字は漢字なのに
簡単な漢字を平仮名とかカタカナで
書いてる事がある事。
そして特徴的な「くずし文字」がある事。

こんな感じですかね?(笑)

それにしても、またまた変なものが
集まってしまいました。
やはり引き寄せですかね?(笑)

この記事へのコメント

2019年05月12日 20:01
もう、このネタで一冊本が書けてしまうほどの「資料」が揃っていますね。出版する際には、一冊々々名言が印刷されたしおりが挟まっていて、コンプリートを目指す人が大人買いしてベストセラー作家とか。
で、そっち系の人にサインを求められて「やれやれ」と…。

2019年05月12日 21:21
出ちゃっ太さん、どうもです。
この手の痕跡本はかなりの量を
収集しましたね。
まあ、実際のところ多かれ少なかれ
似たような経験は皆さんされてると
思います。それを気にせず放置するか、
私のように面白がるか、その差だけ
なんですよね。まさに「やれやれ」
です(笑)

この記事へのトラックバック