藤田一咲先生のエイ文庫11冊コンプリート!

画像


脱力系写真家として有名な
藤田一咲先生でして
私は昔から好きで、本をいろいろ
集めておりました。

藤田先生の良さって、もちろん高級な
機材も使うけど、トイカメラとか
チープな機材もたくさん使ってるんですよね。
あらためて、写真は機材ではなく腕やセンス
なのだな、なんて思わずにはいられません。

そんな藤田先生ですが、お馴染みのエイ出版社から
出ている、エイ文庫で多くの本を出してまして
今現在で11冊あるのですが、めでたく
コンプリートいたしました。
順番にご紹介します。
ちなみにどの本もタイトルが
「~の時間」になってます。

画像


①ハッセルブラッドの時間
②お茶と写真の時間
③猫と写真の時間

画像


④パリ散歩の時間
⑤花と写真の時間
⑥少年カメラクラブの時間

画像


⑦空と写真の時間
⑧ローライフレックスの時間
⑨ポラロイドの時間

画像


⑩海と写真の時間
⑪乙女写真の時間

どの本も、何度も読み返してます。
適当に選んで、好きなページから
読める(写真を見れる」のがイイですね。
もちろんテクニック的に参考になりますし、
何よりも、
「あ~、俺も写真と文章の本とか出してみたい!!」
なんて思ってしまいます(笑)

画像


全て108円で入手、と言いたいところですが
この2冊だけ、なかなか見つからなかったので
諦めて300円ぐらいで買いました。

画像


11冊、どれもイイのですが
その中でも個人的に一番好きというか
一番読み返しているのが、こちらの
「パリ散歩の時間」です。
読む(見る)とパリに行きたくなります。

世界都市って、ニューヨーク、東京、ロンドン、
パリ、シンガポール、香港の6箇所を指す
事が多いです。いわゆる世界6大都市というやつ。
様々な評価基準でいうと、今現在は
ロンドンが世界都市ランキング1位みたいですが
昔も今も、やはりパリというのは全ての面で
他の都市よりも頭1つも2つも抜け出している
というか、別格のようです。
やはり文化・芸術面では、どの都市も勝てない
みたいです。
まあ、日本国内でみると、パリが東京だったとしたら、
ロンドンが川崎、ニューヨークが柏みたいな
ものかもしれません(本気にしないでね)。

話を本題に戻しますが、藤田先生には
是非ともリコーGR関連で本を書いてもらいたい
ですね。過去にGXRとかでは出てるし、
コラム的な記事はいくつか拝見してますが
1冊丸ごと、というやつでお願いしたいです。
出たら、必ず新刊で買います!(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック