久しぶりにTUGUMIを読んで涙する

日本がノリにノッてた頃を象徴するかのような 1冊。吉本ばななさんの「TUGUMI(つぐみ)」です。 25年以上前、当時はリアルタイムで読みました。 まあ、これは私だけでなく普段本を読まない人も 手にとって読んだからこそ、あれだけ売れたの でしょうな。村上春樹さんの「ノルウェイの森」 なんかも同様ですね。 以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more