リコーGR2のエフェクトボタンの変更

画像


私の愛機、リコーGR2です。

一眼レフとかフルサイズへの憧れは
ありますが、いろいろ考えてみると
自分にとってはGR2だけでいいかな?
なんて思えてきます。
フルサイズ機とかは、いつかは
使ってみたいですよ(笑)
ただ、一生使い続けていきたいと
思えるのはGR2です。
もちろん、デジタル製品ですので
長い間使えるわけではなく
GR3、GR4と代替わりするものを
買い換えていくという事ですが。
まあ、それぐらいしっくりくるカメラですね。

画像


今回の話はエフェクトボタンについて。

撮影に関するほとんどの動作が
右手の人差し指と親指だけで出来るぐらい
機能的なGR2なんですが
左側面というだけで、重要度合いは
かなり低い位置になります。

ただし、重要ではないけど
ないと困る、というふうに考えれば
この左側面の場所も、なかなか大切な
場所に思えてきます。
何しろ他にはフラッシュのスイッチしか
付いておらず、ボタンはこれ一つだけなのです。
右側にはボタンやダイヤルが集中しており
慣れるまでは間違えてしまう事がありますが
左側面のエフェクトボタンは1つしかないので
間違えようがありません。

エフェクトボタンというだけあって、
画像の彩度やコントラストを変更して
撮影ができる機能がついてまして
私はよく使う機能なので
右側のADJ.レバーの中に割り当ててます。
それでは、このエフェクトボタンには
何を割り当てるべきか?
そんなに使わないけど、いざ使う時にないと
困るもの・・・・

私の場合は、「FA・ターゲット移動」にしてます。

ほとんどの撮影では、私はスポットAFによる中央
1点主義であります。
これは多くの方が同じだと思います。
ただ、時々じっくり撮る時、私の場合
花とか撮る時は、AFのターゲット移動などを
活用します。だいたいそおいう時は
ブレないように、GR2を両手でしっかり固定して
撮影するから左側にあるエフェクトボタンは
非常に便利です。

ちなみにFA(フォーカスアシスト)の機能は
ほとんど使いません。
これってマニュアルでピントを合わせる時に
使うものだと思いますが、果たして
GRでマニュアルで細かいピント合わせをする方が
何人いるのでしょうかね?
非常にやりづらいです。
もともとマニュアルで細かくピントを合わせる事を
想定してモノづくりしていないように
思います。
マニュアルで2.5メートルとかにフォーカスを
固定して、ささっと撮影するのはGRの
真骨頂ですが、それは固定されている
距離で速写するフルプレススナップです。
マニュアルフォーカスとは、また別の話に
なってきます。

まあ、フルプレススナップこそGRの伝統であり
これを使わない人は、そもそもGR使う意味が
ないのでは?なんて言われるぐらいです。
正直なところ、私はほとんど使わないのですが(笑)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2016年12月06日 22:52
うーん、後半、テクニカルタームがムズカシクなって来ました。
カメラは奥が深いですね。
知らないことだらけ。いや、カメラ以外のことも何も知らないんですけど。
(^_^;

2016年12月06日 23:22
出ちゃっ太さん、どうもです。
ホント奥が深いですよね。
使った事がない機能が、まだまだ
たくさんありますからね。
まあ、今まで困らなかったので
無理していろんな機能を使おうと
しなくても、いいのですけど(笑)
2016年12月07日 17:02
GR2楽しまれているようですねー。
リコーのカメラってけっこう細かい設定があって自分好みに追い込めるので好きです。ちなみに僕はGRのエフェクトボタンは28mm/35mm切替にしております。
GRのマニュアルフォーカスは、てパンフォーカスでスナップする人たちはけっこう重宝しているみたいですよ。絞りF8.0でフォーカス2mだと2m先のもの全てに焦点合いますので…。
シャッターのクリック感重視であえてフルプレスしないんでしょうねw
まぁ、ほんとにヘビーユーザーのことを考えたカメラだなぁと思います。
2016年12月07日 21:10
nowarlさん、どうもです。
パンフォーカスというやつにも
憧れてまして、今後いろいろ試して
いきたいと思ってます。
ただ、今現在はそこまで速写する
シチュエーションがなく(笑)
まあ、それは私自身の心構えに
問題がありそうですが(笑)
それにしてもGRは素晴らしい
カメラですね~(しみじみ)

この記事へのトラックバック