「君の名は。」を今更ながら再評価してみる

画像


日本国内だけでなく海外でも大ヒットの
「君の名は。」です。
歴代興行収入も、まだ上映中だから
順位の確定はしていませんが
ベスト3に入り込んでくるぐらいの
勢いであります。

以前ですが、私はこの映画の感想を
観た直後に素直に記事にしています。
(その時の記事はこちらです)

言いたい事書いてますね~(笑)

私が観た時も、大ヒットで盛り上がって
いましたが、その後も熱が冷めていない
状況のようです。
おそらく1度観た人が、2回、3回と
観に行ってるケースも相当多いと
思いますね。

実は私自身、最初の時の評価(期待ハズレ)から、
今現在は、「機会があればもう一度観たいな」
なんて思うようになっており、
iTunes Storeで配信するようになったら
間違いなく購入するだろうな、なんて思うように
なってます。
まさに180度の方向転換です(笑)

「お前ボロクソに言ってたじゃねーか!!」なんて
言われそうですが、これが今の素直な
気持ちであります。

評価が大きく変わった、いわゆる再評価した要因の
一番の部分は、「思い返す事が非常に多い」というもの。
ようは、「あのシーンってこれかな?」とか
「この時ああなったからこうなったのかな?」なんて
時々映画のシーンが頭をよぎるのですよ。
日々脳内で反芻が始まるのです。
とくにブックオフとかでRADWIMPSの曲が
流れ始めた瞬間、いきなり脳内で映画の
1シーンが再現されて鳥肌が立つ事が
何度もありました(大げさ)

また、当初は「なんでも詰め込みすぎ」とか
「展開が速すぎて集中できない」とか
思ってましたが、これが今の(最新の)10代を
中心とする若者の感性というか、その1歩先を
いくぐらいの映像表現なのだと
思うようになってきました。
いわゆる腰を据えてじっくりと味わう映画は
過去のものであり、産まれた時からパソコン、
携帯、スマートフォンに慣れ親しんだ世代に
とっては、これぐらいの展開の速さと
情報量の多さが普通なのですよ。
ネットしながらLINEのメッセージのやりとりを
しつつ、音楽聴きながら今食べてる食べ物を
撮ってインスタにアップしたり、などなど。

また、大ヒット作の「君の名は。」に対して
否定的な発言をした某漫画家の
コメントとかいろいろ読みましたが
なんか的外れに感じたのですよね。
私は某漫画家の初期の作品とか大好き
だったんだけどな~。
当時はその作品は最先端だったと思います。
もちろん今読んでも面白いけど。
やはり漫画家でもなんでも同じ芸術家なのだから
他人を評価してはいけませんね。
「高評価」とかなら別ですが、やはり自分の
作品で表現すべきだと思います。
完全に文化人的な発言が非常にカッコ悪く
思いました。

まあ、他人がどうのこうの言う事から
影響を受けたわけではないですが
素直に認めるのは大切です。
先日、私の社内の仲の良い後輩と
「君の名は。」についての意見交換をおこないました。
後輩自身、「あそこまで大ヒットというのは驚きだが、
面白かった事は事実」と素直に評価しております。
おまけに「あそこはああではなくこうあるべき」など
非常に「匠の目」で映画を観ており、
感心いたしました。
まあ、「匠」を「おたく」に置き換える事もできますが(笑)
それでもあの情報量の中で、ストーリー展開や
エンディングについて「こうなればよかったのに」と
思えるのは立派であります。

後輩と話をしてて印象に残った言葉があります。
後輩いわく、「まあ、なんだかんだいって
40過ぎたおっさん同士でこれだけ映画について
議論できるんだから、「君の名は。」は凄い
映画なんですよ」との事。
たしかに、そのとうりでありますな(笑)

この記事へのコメント

2016年12月06日 01:14
海さん、こんにちは。

大ヒットしているとは聞いていましたし、歌もおぼろげに(笑)聴いたことがあったのですが、海さんの評価を読んで、まあいいかな、と思ってました(笑)

ですが、それだけのものであれば、やはり観てみたいですね。小学4年生が観てもわかりますかね?

あと、某漫画家どなたですか?ヒント下さい(笑)

2016年12月06日 22:00
ラルさん、どうもです。
小学4年生だとストーリーは
まだちゃんと理解はできないと
思いますが、面白く観れると思いますよ。
若い子のほうが、むしろすんなり
理解できるのかも(笑)
某漫画家さんは有名な作品だと
○○大学物語とか、まじかる○○○○○くん
とか(笑)
私は彼の初期の作品(教師が主人公)が
大好きだったんですよ。
もう一度買い集めてみようかな?(笑)

この記事へのトラックバック