私の愛用カメラバックを紹介します ~2014年~

画像


私の愛用しているカメラバックは
吉田カバンのポーターのやつです。
今までは同じくポーターのウエストポーチに
インナーケースを入れて使ってましたが、
これは純粋なカメラ専用であります。

見た目は飯盒(はんごう)です(笑)
キャンプなんかで見るアレですね。
(過去記事はこちら)


画像


当初は休日のお出かけBAGとして
活用しようとしていたけど
それほどの収納力はありませんでした(笑)
ホント、カメラのみって感じですね。
カメラ関連にモレスキンのポケットサイズ、
ラミーサファリ、それとパスケースぐらい入れて
ちょうどいい感じです。
出先で荷物が増える事を想定し、画像のような
エコバックをBAGの中にしのばせております。
入れ方に頭を使うより素直にエコバック使ったほうが
楽であると実感しました(笑)

画像


開けるとこんな感じ。
カメラバックに取り外し可能なクロスがついてまして
邪魔なストラップが絡まないように荷室の分断に
使ってます。このクロスは本来の役目はカメラボディや
液晶モニターを拭くため。便利なもんです。

画像


仕切りに使ってるクロスを避けると
カメラユニットが登場します。
愛機、リコーのGXR本体は真ん中に収めてまして
手を入れてすぐに取り出せるようにしています。

画像


やはりGXR+A12(28ミリ)の組み合わせが基本です。

画像


左右それぞれに小さな荷室を作りました。
中の仕切りは自由に位置変更ができます。
さらに折れ曲がって上からの衝撃も保護できるように
なっております。

画像


画像


P10ユニットとA12(50ミリマクロ)です。
GXR本体とユニット3つがちょうど良く収まります。

基本的にこのカメラバックはミラーレス一眼専用モデルですね。
カメラとレンズ2つでちょうどいいぐらいかな?
もともとコンパクトなGXRのシステムなので
本体+ユニット3つが可能といった感じですね。
ますますこのカメラバックに愛着が湧いてきました。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック