海cafe2

アクセスカウンタ

zoom RSS これこそ真の不良です

<<   作成日時 : 2018/02/03 19:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

画像


グリコ・森永事件の真犯人、
キツネ目の男である、宮崎学さんです(笑)

年齢も一緒の動物写真家で
宮崎学さんという同姓同名の方がいらっしゃいます。
図書館で動物写真集を見ながら、
「へ〜、宮崎さんて、こういう仕事もしてるのか」
なんて勘違いした事がありました。
呉智英さんの本の受け売りですが、
動物写真家の宮崎学さんは、キツネ目の男
ではなく、キツネの写真を撮ったりします(笑)

画像


宮崎学さんといえば、
何はさておき、「突破者」を読んでほしいです。
グリコ・森永事件の、宮崎さんなりの考察も
あります。

とにかく、昔は真の「不良」がいました。
今の世の中の「不良」とよばれる人は
本当にショボイです。
老人から金を騙し取ったり。
弱いものイジメが当たり前ですからね。

私が思う、真の不良とは、以前に記事に
してますが、小学生の時のHくんです。
Hくんとしては、とくに何かしたわけでは
ありませんが、結果的には私への
いじめが一切なくなった要因のひとつです。

 ★Hくんについての過去記事はこちら

もう1つ、思い出す「真の不良」は
私が24歳ぐらいに千葉県の館山市に勤務していた時の
近所のコンビニの店員さんです。
その店員さんは、17歳ぐらいで学校に通ってたら、
高校生ぐらいだと思います。
ただ、毎日働いてたから、学生では
なかったと思います。

今では考えられないですが、労働基準法とか
未成年者の深夜勤務とか、そういうのは
まったく無視するような勤務体系でした(笑)
平日の昼間も働いてるし、真夜中でも
働いてたりしてました(笑)

私は一人暮らしで、毎日勤務先のジャスコ(現イオン)へ
片道25分かけて徒歩通勤してました。
帰りは、ほぼ毎日といっていいぐらい、近所の
このコンビニで夕食を買って帰ってました。

毎日来るのだから、自然と顔なじみになります。
かといって親しく喋るほどではないけど
私の顔を見たら「いらっしゃいませ〜」と言いながら
少し笑う感じです。
私も軽く会釈する感じでした。
平日の昼間に行くと、「休みっすか?」みたいに
ちょこっと喋るぐらいです。

その17歳ぐらいの若い店員さんは、見た目からして
バリバリの不良でした。
まあ、一生懸命働いてるわけだから不良という
わけではないのですが、店の横には、見事な
改造バイクが停まっており、暴走族というか
走り屋チームに所属してるようで、その手の
イカつい仲間たちがよく来店してました。
バイクの改造資金とか稼ぐ為に
働いてる感じでしたね。
見た目は不良だけど、人懐っこいところも
あって、私は好感を持ってました。

ある日、仕事が休みの平日の夕方に、その
コンビニに行ったら、レジでその店員さんが
中学1年生ぐらいの男の子を説教してます。
何事か分らない私は、立ち読みしながら
聞き耳を立ててました。

店員 「あいつらに捕って来いって言われたんだろ?」

中学生 「いえ・・・、違います・・・」

店員 「捕れないから全部買おうとしたんだろ?」

中学生 「・・・・・・」

レジには、たくさんのパンや飲み物、お菓子が置いてあります。

店員 「いじめられてるって親に言えよ」

中学生 「いじめられてません・・・」

店員 「じゃあ、なんでこんなに買うんだよ?
     自分の金だろ?」

中学生 「そうです・・・・」

店員 「持っていかないと殴られるんだろ?」

中学生 「・・・・・」

店員 「あいつらここに連れてこいよ。俺が言ってやるよ」

中学生 「できません!やめて下さい!これ全部買います!」

店員 「お前が欲しいんじゃねーんだろ?買わなくていいよ。
     いいから、あいつら連れてこい」

中学生 「・・・・・」(もう泣いてる)

店員 「連れてこれないなら、俺に喋ったって言え。
     そしたらもう、いじめられねーから安心しろ」

こんな流れでした。
多少脚色してるけど、大筋では、この通りです。

この後、どうなったかよく覚えてませんが、
私の存在に気づき、私のお会計をしてくれて
そのまま私が待ってるわけにもいかず、
店を出ました。中学生はレジの横で
泣いてましたね。

おそらく、よく来店する中学生グループで
この子がいじめられてるのが、
なんとなく分っていたのだと思います。
万引きする勇気がないから
結局自分の金で大量に食料を
買ってる光景を何回か見たのでしょう。
いじめで、「あの店で万引きしてこい」というのは
結構多いと思います。
さすがに今回は、店員さん我慢
できなかったのでしょう。

それにしても、17歳ぐらいで、この
男らしさには頭が下がります。
不良とは、こうあるべきです。
今の「不良」と言われる人たちとは
器が違います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
これは、すでに不良ではなく、「男」ですな。
不良っぽい人間が嫌いな自分ですが、このレジ係さんのエピソードには胸を熱くしたっスよ! オッスです!
どうも男っぽい口調にならないなあ…。
(^_^;

おなら出ちゃっ太
URL
2018/02/03 22:44
出ちゃっ太さん、どうもです。
今の世の中では、かえってカッコ悪い
ようにとられるかもしれませんが
やはり「男」は弱い者の味方で
いてほしいですね。
不良というものは、強い者や
権力に反抗するものであり、
弱い者イジメをするものでは
決してないのです。

2018/02/04 21:12
不良が権力や強いものに反抗する、というのはローリングストーンズなどのロックスターを見れば確かに明らかですね。ミック・ジャガーが、「今日も後輩にパンを買いに行かせるぜ、金がなけりゃあ万引きしてこい!」なんて歌はありませんから。
( 世の中は広いから、探せばあるかもしれませんけども )

おなら出ちゃっ太
URL
2018/02/05 23:34
出ちゃっ太さん、どうもです。
あらためて思うのですが、昔に比べて
見た目で「不良」という若い子は
本当に少なくなったと思いませんか?
普通の子に見えるけど、その内面は
暗く歪んでて、そういう子が、とんでもない
犯罪をおこしたり。
見た目からして不良って、実は素直な
子なのかもしれませんね(笑)

2018/02/06 21:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
これこそ真の不良です 海cafe2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる