海cafe2

アクセスカウンタ

zoom RSS 「島耕作の事件簿」という本の紹介です

<<   作成日時 : 2018/01/29 21:19   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


長年に渡る惰性作品の垂れ流し、
そして安易な派生作品の量産と、
いい事は何一つない島耕作ですが
またしても新しい単行本が出てまして、
タイトルが「島耕作の事件簿」。

これは、過去の島耕作の中に出てきた
様々な事件を再検証するような
解説本かと思ったら、ちゃんとした漫画作品の
ようです。
という事は、よくある派生作品の一つかと
思いました。
今現在は「学生 島耕作 〜就活編〜」ですが、
いったいいつ頃の島耕作なのかな?
なんて思いましたが、よくよく表紙を見ると、

  漫画=弘兼憲史

  原作=樹林 伸

あ〜、これなら買いです。
弘兼先生原作なら、どうせどうしようもない
内容ですが、原作者がいて、弘兼先生は
漫画に集中してるようなので(笑)

私は恥ずかしながら知りませんでしたが
調べてみたら、この本の原作者は
「金田一少年の事件簿」の原作者の方だそうです。
それなら充分面白いでしょう(笑)

内容的には非常に面白かったです。
基本的に島耕作と相棒の私立探偵、
おなじみのグレさんが中心ですが
時折出てくる過去作品との関連とか
時系列的にも矛盾はなく、
充分に楽しめる内容です。
是非とも、シリーズ化してほしいぐらいです(笑)

ちなみに犯人は誰もが途中で気づくぐらい、
お約束な流れですが、そういうのも含めて
楽しめますね。
弘兼先生お得意の、「強引に話を終わらせる」ような
事は一切ありません(笑)

本のあとがきにも書いてありましたが、
弘兼先生自身は、原作つきで描く事自体は
とても好きみたいです。
「人間交差点」とか傑作もありますしね。
一つ提案ですが、本編の「島耕作」も
是非、誰かの原作つきでお願いしたいですね(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
何となくですが、漫画家の方は原作付きで書くのは嫌いなのかと思ってました。それがお好きとは、さすがに弘兼先生、太っ腹!

( 絵だけ描けばいいんだから楽だ〜♪)←先生の心の声?
おなら出ちゃっ太
URL
2018/01/29 22:49
出ちゃっ太さん、どうもです。
原作と画がうまくお互いを引き立てて
とんでもない傑作(人間交差点)が
産まれるのだから、先生にはとにかく
画に集中してもらいたいもんです(笑)
これでもし画のほうも衰えが
見られてきたら、いよいよ引退の文字が
ちらついてきますね(笑)

2018/01/29 23:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「島耕作の事件簿」という本の紹介です 海cafe2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる