海cafe2

アクセスカウンタ

zoom RSS 自分にとってのキーカードとは?

<<   作成日時 : 2016/10/19 23:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

画像


多くの方が指摘しているとおり、
私も実感する事の一つとして
タロットカードって、出るカードには
非常に偏りというものがあります。

そんなの偶然でしょ?って思いますが
平均的に出る事なんて間違いなく
ありません。
よく出現するカードもあれば
まったく出ないカードもあります。

私の場合は、気楽に明日の運勢を
占う「3枚引き」を78枚全てのカードを
使っておこないますが、しょっちゅう出る
カードがあります。
それは冒頭の画像のペンタクルの2です。
連日出る時もあるし、シャッフルしてる時に
落としたカードがペンタクルの2で、
「やれやれ」な感じで戻してシャッフルしつつ、
いざ3枚引きを開いていったら、また
ペンタクルの2が出て、思わず
「うわっ!出た!」なんて(笑)

様々な解説本を参考にしつつ解釈しますと
若者がジャグリングのような事をして
遊んでるように見えます。
2つのペンタクルは無限大を表す
「8の字」でつながっており、この遊びが
永遠に続いていくように想像できます。
ただ、彼の背後には荒波に船が転覆しそうに
なってまして、若者は遊びに夢中で
まったく気づいていません。

楽しい遊び(毎日)の裏側には
常に危険が忍び寄っている、みたいな
感じですかね?

私はこのペンタクルの2が出るたびに
「もっと冷静に客観的に物事を見る目を養え」という
天(?)からのアドバイスだと受け止めるように
しております。
まあ、自分自身のキーカードのような
位置づけですね。

画像


それにしても、本家であるウェイト版なら
解釈がしっくりきますが
愛用しているシェルダン・ダグラスのペンタクルの2って
一体なんなのでしょうかね?(笑)
大筋では同じような解釈でいいと思います。
背景の荒波にもまれる船とかも同じですから。
ただ、女性(?)がレオタードのような
ものを着てジャグリングというか新体操の
競技をしてる感じであり、おまけに
表情がかなり間抜けなんで
「こんなカード、キーカードにしたくないよ!」
なんて本気で思うんですよね(笑)

見た目のインパクトもあるんで
「うわっ!出た!!」と毎回驚きつつ
笑っております(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
久々のシェルダン・ダグラスのタロットカード
占師の和矢さんが、シェルダン・ダグラスの タロットカードの紹介動画を公開して 下さっております。 私は昔から和矢さんのタロット関連動画を よく観ており、おおいに参考にさせて いただいております。 和矢さん御本人とも、コメントのやりとりを させてもらった事もあります。 ...続きを見る
海cafe2
2017/04/20 21:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
自分にとってのキーカードとは? 海cafe2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる