テーマ:映画

「トイ・ストーリー4」を観ました

今日は越谷レイクタウンのイオンシネマで 「トイ・ストーリー4」を観に行ってきました。 いや~、さすが夏休みのお盆だけあって 朝から大混雑です(笑) 我が家は事前にムビチケで座席の予約を していたので発券はスムーズでしたが、 当日チケットを購入しようとした場合は 相当遅い時間しか空いていないように …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これは天啓以外の何物でもない!

マルセイユ系タロットで、何かいいものは ないかな?なんて感じであちこち検索してたら、 「カモワン・タロット」というものを 見つけました。 「カモワン・タロット」というものは 以前から知ってはいました。 マルセイユのカードメーカーで フィリップ・カモワンさんという方がいます。 マルセイユ系タロットの草分けのよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トイストーリー4の前売りチケットを買ってきました

7月12日より、ついにトイストーリー4が 公開されます! それも唐沢寿明さん、所ジョージさんといった 声優陣には変更が無く継続されるだけでも 嬉しいですね! 唐沢さんなんてウッディにしか見えませんから(笑) 我が家は娘が幼少の頃からトイストーリー シリーズは大好きでして、今もよく 見ております。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりにTUGUMIを読んで涙する

日本がノリにノッてた頃を象徴するかのような 1冊。吉本ばななさんの「TUGUMI(つぐみ)」です。 25年以上前、当時はリアルタイムで読みました。 まあ、これは私だけでなく普段本を読まない人も 手にとって読んだからこそ、あれだけ売れたの でしょうな。村上春樹さんの「ノルウェイの森」 なんかも同様ですね。 以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「かぐや姫の物語」 ジブリの教科書19

文春ジブリ文庫、ジブリの教科書です。 19巻目は、「かぐや姫の物語」です。 高畑監督の遺作になってしまったわけですね。 2回ぐらいしか観た事がないけど 録画してあるので、再度観ようかと 思っております。 ところで気になるのが帯の この文章です。 やっと完結です(笑) この後の20巻目「思い出のマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジブリ作品の番付編成会議をおこないました

先日、文春ジブリ文庫「ジブリの教科書」で 「風立ちぬ」を紹介しました。 いつの間にか、随分と増えたものであります。 本棚を整理しながら、 「ジブリ作品のランキング作ったら面白そうだな」 なんて思いつきまして、 記事にしてみる事にしました。 ちなみに、ジブリの教科書の 第1巻は、「風の谷のナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「風立ちぬ」 ジブリの教科書18です

ついに出てしまった「風立ちぬ」です。 いや~、この映画は泣けました。 「火垂るの墓」という反則技(?)は別として ジブリ作品の中で、泣けた唯一の作品です。   ・過去記事にて紹介してます とにかく見所満載ですが、 中でも最大のハイライトは エンディングのユーミンの楽曲、 「ひこうき雲」が流れるところで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新海誠三部作(?)が揃いました

映画「君の名は。」でお馴染みの 新海誠監督が書いたものです。 どれも108円にてブックオフにて 確保しました。 「秒速5センチメートル」は 「耳をすませば」と並ぶぐらい、 ある意味でトラウマになると 囁かれてる作品です。 いまだに観てないんですよね。 この原作のほうは以前に買って 読んでました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観る前に読めない本

文春ジブリ文庫、「ジブリの教科書」は 17冊目になりまして、 「コクリコ坂から」であります。 すいませんが、この映画は観てません。 宮崎駿の息子さんである、宮崎吾朗監督の、 2作品目なんですが、1作品目の ゲド戦記の印象が、よほど悪かったのか 観に行く事なく、その後2回ほどテレビで放映 してるみたいだけど録画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

間違いなく泣いてしまうかもしれません

もう10年以上前に発売され 大ブームを巻き起こした、 浅野いにお先生の「ソラニン」。 昨年の秋ごろに、その後のエピソードを 加えた「新装版ソラニン」が発売され 買おうか買わないか迷いつつ、年が 明けて、その後も本屋へ行くたびに ズルズル悩んでました。 1冊1700円ぐらいするのですよ。 ブックオフでは130…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「崖の上のポニョ」 ジブリの教科書15

3ヶ月~半年ぐらいの周期で 忘れた頃に本屋に並んでる、 文春ジブリ文庫。 ジブリの教科書15は、ついに 「崖の上のポニョ」であります。 多くのジブリ作品は、娘と一緒に 観ていまして、基本的に私と娘の好みは だいたい一致してまして、 「千と千尋の神隠し」、「となりのトトロ」あたりは 殿堂入りで、その他の作品が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

がっくりと肩を落とした件

先日、某ブックオフにて発見しました。 電気グルーヴが大昔に発売した、 限定(?)のボックスセットでして 中身はメンバーのソロ作などが おさめられてまして、ファンにはたまらず、 ファンでない人にとっては、どうでもいいような 作品であります。  ★詳しくは過去記事を御覧下さい 私はこれを、デッドストックで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パルプフィクションの金時計

パルプフィクションは私が最も好きな 映画です。 数え切れないぐらい観ました。 iPodに映画丸ごと入れてるので 最初から通して観る時もあれば、 思いつくままに断片的なシーンだけを 観る時もあります。 まるで油絵を遠くから全体的に眺めたり、 間近で油絵の具の濃淡や筆遣いなどの 細部を確認するかのように。 (村上…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「思い出のマーニー」 文春ジブリ文庫20

二日連続でジブリ作品の話題です。 長年買い続けている、文春ジブリ文庫です。 読むというよりもコレクションと化してます(笑) 20巻目は、「思い出のマーニー」です。 テレビ放映したのを録画しており、 1度観ましたが、なかなか面白かったです。 ラストで一気に泣けた覚えがあります。 それにしても、もう「思い出…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「千尋と不思議な町」という本の紹介です

ジブリ映画、「千と千尋の神隠し」の 徹底攻略ガイド、なんていうサブタイトルが ついております。 この本以前から狙っており、ブックオフにて ようやく108円で見つけたので購入しました。 以前、このブログで何度か記事にしてますが 私は数多くのジブリ作品の中で やはり「千と千尋の神隠し」が一番好きです。 まあ、日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結局若い頃に聴いた音楽を今も聴く件

以前、何かの本で読んだのですが、 人間は14歳(17歳?)の時に聴いた音楽と いうものを、結局一生聴き続ける、なんて。 まあ、細かい年齢はさておき、10代~20代の時、 いわゆる思春期で感受性が豊かな頃に親しんだ 音楽というものが、その後の人格形成に 大きな影響を与えているんですよね。 冒頭のアルバムは、ス…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

トレインスポッティングの別のサントラ購入

遅ればせながら観たトレインスポッティングが 非常に面白く、サントラを購入した事は 以前記事にしました。 (過去記事はこちらです) 最初に出たサントラが名盤の評価がつき、 非常に好調なセールスを記録したので 好評につき第2弾(笑)みたいな感じで 発売されたものです。 映画で使用されたけど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゲド戦記」 ジブリの教科書14

文春ジブリ文庫、ジブリの教科書の 14巻目は、ついに「ゲド戦記」であります。 ついに出てしまいましたよ。 辛いです。 正直なところ辛すぎます。 公開した時に、映画館で観ましたが まったく面白くなく、退屈の一言でして、 ストーリー自体、よく覚えておらず 今に至ってるのです。 その後、テレビ放映したのを録画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「美女と野獣」のLEGOです

ディズニープリンセスシリーズ、 「美女と野獣」のLEGOを手に入れました。 もともと、娘へのホワイトデーに何が欲しいか 聞いたら、おもちゃが欲しいと。 このLEGOは以前から欲しがっていましたが 誕生日やクリスマスプレゼントには他の おもちゃを手に入れていたので、 娘はずっと我慢してたのです。 ヨドバシカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今更ながらのトレインスポッティング

1996年(日本は1997年?)公開の 映画でして、世界中で大ヒットしました。 私は見た事がなかったのですが なんとなくは知ってました。 印象的なポスターのデザインとか これを使ったTシャツとか着てる人を よく見かけたりしましたね。 先日、この映画の続編が、もうそろそろ 公開されるなんていうニュースを見まして…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

誕生日プレゼントはビートルズのLEGOです

LEGO公式のビデオなのに かんじんのビートルズの楽曲は いろいろと権利上の問題があるから 使えないのでしょうな。 なかなか意味不明なシュールなビデオです(笑) ビートルズのイエローサブマリンです。 これって正式なミュージックビデオ なんですかね?めちゃくちゃカッコいいですね! 話はいきなり変わり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ハウルの動く城」ジブリの教科書13です

文春ジブリ文庫、ジブリの教科書の 13巻目は「ハウルの動く城」であります。 この作品は、公開してすぐに映画館に 観に行きました。 ただ、正直なところとくに心に残った部分は なく、まあ単純に画がキレイだな、とか そこそこ面白いね、なんて感じの ありきたりの感想でありました。 日を改めて、再度映画館で観る事も なか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「君の名は。」を今更ながら再評価してみる

日本国内だけでなく海外でも大ヒットの 「君の名は。」です。 歴代興行収入も、まだ上映中だから 順位の確定はしていませんが ベスト3に入り込んでくるぐらいの 勢いであります。 以前ですが、私はこの映画の感想を 観た直後に素直に記事にしています。 (その時の記事はこちらです) 言いたい事書いてますね~(笑)…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏目漱石の初期三部作を読破しました

日本で一番売れてる小説、「こころ」は 今まで何度も読み返してますが、 それでは夏目漱石の他の作品って ほとんど読んでないのですよ。 まあ、「猫」は読んだ事があります。 結構退屈でした。 「坊ちゃん」は非常に面白かったですが あまりに話が短かったですね。 そんな中で、初期三部作である、 「三四郎」、「それから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「君の名は。」を観た正直な感想

今現在、大ヒット上映中の、 新海誠監督作品、「君の名は。」を 観てきました。 本日の仕事帰り、帰宅途中にある、 アリオ西新井の中にある、 TOHOシネマにて。 一人で映画を観るなんて 本当に久しぶりです。 ここ数年、映画は必ず カミさんと娘の3人で観てました。 ただ、この「君の名は。」は、さす…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ついに手を出してしまった「秒速5センチメートル」

観たら「鬱」になる、「鬱アニメ」なるものが ありまして、「耳をすませば」とか 「時をかける少女」とかよく取り上げられて おります。 この「秒速5センチメートル」を加えて 「絶望三部作」とかよばれてたり(笑) まあ、何をもってしての「絶望」かというと もう二度と思春期の多感な時期に戻れない 自分自身に絶望すると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「千と千尋の神隠し」 ジブリの教科書12です

ついに出ました! まさに「真打登場!」というやつです。 傑作揃いのジブリ作品の中でも 私が一番好きな作品が、この 「千と千尋の神隠し」なのです。 当時劇場で公開してる時に私は 覚えてる限りで3回観に行きました。 その後、テレビ放映されたものを録画し 数え切れないぐらい観ています。 私の娘もたぶん一番多く観て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モレスキンの限定版「トイ・ストーリー」はどうなのか?

モレスキンのオンラインストアよりメールが 届きまして、3月30日より先行というかたちで 「トイ・ストーリー」の限定版モレスキンが 販売されるそうです。 我が家は娘を筆頭に、 トイ・ストーリーは大好きでして 人形も持ってます。 それも今となっては貴重な 唐沢寿明さんと、所ジョージさんの 音声バ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ホーホケキョ となりの山田くん」ジブリの教科書11

かなり前に買ったのに、ずっと置きっぱなしに なってて存在自体を忘れており、先日ようやく 読破した、文春ジブリ文庫の 「ホーホケキョ となりの山田くん」です。 この映画は公開した時に映画館で観ました。 テレビで放映したものも、録画してましたが 消してしまいました。 まあ、正直なところそれほど面白いとは 思わなか…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「もののけ姫 ~ジブリの教科書10」

新刊が発売されるたびに購入している、 文春ジブリ文庫。ジブリの教科書の10巻目は 「もののけ姫」です。 かなり前に買って読んだのですが 紹介するのが、すっかり遅くなってしまいました。 「もののけ姫」が公開されたのが1997年。 入社3年目でして、映画公開と同時に 仲の良い会社の同期(アニメ好き)と観ました。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more