テーマ:ブックオフ

余計な事を考えてるから当然の報いであります

先日、定点観測ルートにはない店舗だけど 月に1回ぐらいは訪れるブックオフ店舗にて 本を2冊購入しました。 買った本についてはさておき、 そのブックオフ店舗は売り場面積は中型規模ですが 立地がいいのでいつも結構混雑してます。 学生が多いので、商品の回転率も かなり高いように思います。 レジには3人の店員さん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マイラバ3枚330円!!

よく行くんだけど、自分の定点観測からは 外れるブックオフ店舗に行ってきました。 訪れる頻度は月1ぐらいですかね? この店は規模は中型店舗なんですが、 立地がいいので客数が多く、商品回転も 非常に高く、効率店舗だと思われます。 また、アジア系観光客も多いですね。 なかなか異国情緒が漂う店です(笑) この店は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「セーラー服と機関銃・その後」です

先日、中村佑介さんのイラストを使った 「セーラー服と機関銃」の文庫本を 手に入れたのですが、 タイミングよく、その続編も 同じく中村さんのイラストのものを 見つけたので購入しました。 こちらも108円です。 めでたく2冊揃ったわけですが、 読むのはいつになる事やら・・・。 実際、最初の「セーラー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「気持ちいいクスリ」という本の紹介です

近所にあるブックオフで見つけました。 私はこの店は、一番多く立ち寄っており、 それこそ隅から隅まで品揃えは熟知して おりましたが(大げさ)、まさかこんなとこで 見つけるとは思いもしませんでした。 それも108円にて(笑) サブカルチャー好きにとっての 教科書というべき存在である、 「別冊宝島」ですが、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意外に高い買取でビックリ

先日、ブックオフの宅配買取を 申し込んで出荷を済ませていましたが 早々に、買取結果のメールが届きました。 ちなみに私は買取結果に素直に従い、 即振り込んでもらうように設定してますが 結果を見てから判断する事も 出来るようです。 コミックが大半だったので 正直まったく期待してなかったのですが 想像以上の高…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いつもながら不思議なブックオフ宅配買取サービス

先日、ブックオフより、宅配買取サービスの 特別優待ハガキが届きました。 このハガキが届いた方限定で 買取価格が20%UPするそうなんです。 私は以前、このサービスで煮え湯を飲まされた事があります。 ハガキの20%UPよりも、同時期にネット上の クーポンコード使えば25%UPと、更に買取価格が 高くなるのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毒を食らわば皿まで・・・

先日、思い切って島耕作との別れを 断行しました。 正確に言いますと、社長からと派生作品を まとめて切ったわけです。 ブックオフに売却すべく、とりあえずダンボール箱の 中にしまったら、心底スッキリしました(笑) 前の記事では「黄昏流星群」に関しては とりあえず様子見というか保留としてましたが 私の中で何かが弾け…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やれやれ・・・休日ブックオフ♪

本日は休みなんですが、 少しだけこなさなければいけない仕事があったので 会社に行きました。 朝の7時30分ぐらいに着いて、 すぐ仕事に取り掛かり、9時すぎには終了。 そのまま帰宅なんですが、たまには 朝のブックオフというのも いいのでは?なんて思ったのです。 いわゆる、休日ブックオフであります。 ほとんど仕…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

もうダメだ~!!

私の書斎に何台かの本棚があるのですが 限界をはるかに超えてまして 抜本的に棚卸をする事にしました。 そのなかで、長らく買い続けてきたけど ここでいったんリセットというか、 ようは買うのをやめるものを リストアップする事にしました。 以前にも、カイジシリーズで リセットをおこないました。 ただ初期からパチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

格言が書かれたしおりを手に入れました

ブックオフで購入した本に、 おかしなものが挟まってる事は よくありまして、私も過去に何度も 経験しております。 今回は、いつどの本に挟まっていたのか さっぱり思い出せないのですが、 こんなものを今更ながら見つけました。 画像のは、浅草にある花やしきの チケットの半券です。 私は購入した本の中に挟まってる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

繰り返し読めなければ集める必要は無い

漫画で描かれてる「日本の歴史」は いろんな種類があるのですが 大人でも満足できると評価の高い、 石ノ森章太郎先生の「マンガ 日本の歴史」を 集めてみる事にしました。 ブックオフの文庫本売場には必ずあります。 私は55巻全てを1冊108円で揃えてみようと 計画しまして、見つけるたびにちょこちょこ 買い揃えていき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジーヴズも108円で待機しております

昨年の秋、美智子皇后の誕生日に 公務を離れた後の生活について聞かれた際に、 「読み出すとつい夢中になるため、これまで出来るだけ 遠ざけていた探偵小説も、もう安心して 手許に置けます。 ジーヴズも二、三冊待機しています。」 このように発言された為、 俄然注目を浴びたジーヴズです。 日本では探偵といえばシャー…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

このような事はやめてほしい

仕事帰りに、ブックオフ秋葉原店に 立ち寄ってみました。 例の瀧さんの件があった関係上、 CDショップでは電気の作品が回収され、 ダウンロード配信なども停止されております。 その関係かどうかはわかりませんが ブックオフでも電気の作品は一切 見当たらなくなってしまいました。 「電気グルーヴ」というインデックスだけ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「文化系のためのヒップホップ入門」という本の紹介です

以前から興味があった本なのですが ブックオフに並んでたので即購入しました。 この流れはお約束ですな(笑) ヒップホップって、今の音楽シーンの主流です。 どうしても拒否反応をしめしてしまう人も 多いかとは思います。とくに従来の ロックを中心としたものを聴いてきた人たちに とっては。 私もそのうちの一人ですが、以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱり変なモノを引き寄せてしまいます

私のブックオフ定点観測ルートに ある店舗なんだけど、ここ最近 ご無沙汰してた店舗がありまして 久しぶりに立ち寄ってみたら やはり気になるものが簡単に 見つかりました。 これがいわゆる「引き寄せ」と いうものであります。 まずはテリー伊藤さんの 「新 お笑い北朝鮮」です。 私は「新」がつかない昔のも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

任天堂3DSを電子辞書にする

前回の続きです。 英和辞典が欲しくて、電子辞書を 調べてたら、任天堂3DSを電子辞書に してしまえばいい事に気づき、 早速ブックオフで探してみました。 すぐに見つかりました(笑) もともとは「楽引辞典」というものがあり、 その後継として、「漢字そのまま DS 楽引辞典」というものがあり、確保したのは そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

哀しいメモを見つけました

ブックオフで買った本の中に おかしなモノが挟まっていた、というのは よくある話であり、私も過去に何度もありまして 専用のカテゴリーに分類してもいいかな? なんて思うぐらいの多さです(笑) 今回も購入した本の中に、おかしなメモが 挟まっておりました。 メモには実在の高校名が記載されて いましたが公開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

贅沢は小出しでは意味がない

めでたい事があった時に、ささやかながら 自分にご褒美、みたいな感じで CDを1枚買う事にしました。 まあ、いつものブックオフなんですが(笑) 私の会社の仲のよい後輩の件です。 彼とは音楽フェス、ライブなどに一緒に 行ったり、レコード購入散策に出かけたりと 仲良くさせてもらってるのですが、 営業担当である彼の人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池上遼一先生の「信長」です

昭和の絵師が上村一夫先生なら 昭和から平成の絵師は池上遼一先生でしょうな。 この「信長」は「男組」や「クライングフリーマン」 の後の作品で、「サンクチュアリ」の前ぐらいに 位置しています。 私自身はサンクチュアリから本格的に 池上先生のファンでして、それより前は あまり把握はしておりませんでした。 絵に関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブックオフ散策を解禁しました!

カミさんが入院してる間、まったく 訪れなかったブックオフ。 その中でも、私のホームグラウンドと いうべき店舗に3週間ぶりに訪れてみました。 いや~、このカラーリングは グッときますよね~(しみじみ)。 驚いたのが、ここ3週間の間に 2階の売場レイアウトが ガラッと変更されていたのですよ。 今まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤子・F・不二雄の「異色短編集」です

近所のブックオフを常に定点観測 してきた甲斐がありました。 値下げして108円になったので めでたくお買い上げです。 日本国内だけでなく、世界中で愛されてる、 「ドラえもん」を中心に、ヒット作ばかりで、 まさに児童漫画のキングといっても いいぐらいのF先生。 A先生との完全なる合作は オバQだけで、それ以降…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「山口 英文法講義の実況中継」です

最近、なぜか「勉強したいな~」なんて 思う事があります。 資格試験に挑戦するわけではなく、 それを勉強しなければ困る事になる わけではなく、純粋に学びたい欲求というものが あるのです。 日曜日、昼に外食した帰りに図書館に寄る事が 多いのですが、学生や社会人など、多くの方が 勉強しています。 サイゼリヤと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

残念な「手塚治虫物語」

近所のブックオフに、いきなり 108円で並んでいたので即確保。 「手塚治虫物語」でして、 著者は長年手塚プロでアシスタントとして 手塚先生を支えてきた伴俊男さんです。 「1928~1959」、「1960~1989」の 上下巻の趣で、分厚く物凄いボリュームです。 この中に、手塚先生の生涯が詰まっております。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

創世記の手帳本、「別冊 太陽 手帳の本」を確保!!

ブックオフ池袋店にて確保しました。 見つけた時は思わず足が震えてしまいました。 大げさではありません。 まあ、少し大げさか(笑) 350円でした。 1982年10月発売の「別冊 太陽」。 特集はズバリ「手帳」であります。 思いの他反響が大きかった事に 味をしめた平凡社はその後に 1983年、1984年と毎年…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

置き忘れた財布が見つかった件

これは今日の出来事であり 全て実際にあった事です。 このブログは私の備忘録でもあるので 記事として残しておこうと思いました。 本日は、東京都内に新規でオープンする 店舗の商品陳列応援でした。 昼の休憩で総勢20人ほどで 商業施設内の中華料理屋に行こうと したのですが、コンビを組んでる女性バイヤーが 「私…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「村上ラヂオ」がコンプリートしました

雑誌「アンアン」に連載されたエッセイを まとめたものです。 画は雑誌連載時にコンビを組んだ 大橋歩さんの版画をそのまま使ってます。 全て108円で確保しました。 大昔に「1」を買い、その後かなりすぎてから 「3」を購入。「2」がなかなか108円で見つからず 何度、少し高いのを買おうか迷ったのですが 諦めず探し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「吉本ばなな」の再読を始めました

先日読んだ作家の評論集の中で 興味をもった吉本ばななさんです。 もう25年以上前にさかのぼりますが デビュー早々、大ブームとなりまして 出た小説は全てベストセラーでした。 当時、私も買って読んでました。 すべてハードカバーです。 ただ、当時はとくに印象に残って いないんですよね。 数冊読みましたが、記憶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「妖怪缶詰」がコンプリートしました

魔夜峰央先生の妖怪を主題に置いた 短編集、「妖怪缶詰」全2巻が コンプリートしました。 1巻は以前から持ってましたが、その後 2巻がなかなか見つからず、なんて感じでした。 先日、定点観測してる某ブックオフ店に ちょこんと置かれてるのを発見。 常に商品が回転してるからこそ、 今までないモノが急に見つかるところが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「書を捨てよ、町へ出よう」の紹介です

寺山修司さんの事はもちろん昔から 知ってましたが、恥ずかしながら本を読むのは 初めてでした。 こういってはなんですが、少し不良っぽく 反体制っぽいスタンス、そして若くして 亡くなってたりするから、神格化された ような感じで、文学に目覚めた(目覚めたい) 若い男の子や女の子が飛びつきたくなるような 作家みたいに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブックオフ道入門

先日、「古本道入門」という良書を 読んだ事をきっかけとして、 私自身のライフワークである ブックオフ散策について 自分自身の考えをまとめてみようかと 思います。 題して、「ブックオフ道入門」(笑) ちなみに私はブックオフが大好きですが マニアの類ではないので、本格的に 取り組まれている方々からみれば 幼稚…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more