バレットジャーナル考察② ~なぜか高額ノート~

画像


書きたい事がいろいろあるバレットジャーナル
ですが、今回は使用するノートについて。

このノート術に移行する場合、
使用するノートは、なんでも構いません。
使いかけのものでも構わない。
ただし、使いやすさというか
書きやすさという点を考えると
小型サイズで運用する方は
少ないみたいですね。
モレスキンで考えてみると、ポケットサイズでは
心もとなく、最低でもラージサイズが
いい感じです。

私自身、モレスキンはポケットサイズを
長年使ってきました。
画像のラージサイズのはアジカンの歌詞を
書くのに使ってるもので見本として
出してきましたが、やはりモレスキンは
ポケットサイズがしっくりきます。

いろんな方のバレットジャーナルを拝見しますが、
モレスキンのラージサイズを使ってる方は
非常に多いですね。
ノートとして考えれば、かなりの高額品です。

画像


モレスキンのパクリとかよばれてますが
本家よりも圧倒的に品質がいい
ロイヒトトゥルムを使用してる人も多いです。
とくにこのノートにはページ番号が
最初からふられているので、バレットジャーナルとの
相性がよろしいようです。
このノートも高額品です。

まあ、なかには100均ノートとかで
活用されてる方も多いですが、
インスタ中心に、バレットジャーナルの
紙面公開されてる方は、
高額ノートの使用率が高く、
不思議ですね。
やはり「他人の目」というのも
あるのかな?高額ノートで
人生を変える!なんて(笑)

個人的には、デルフォニックス社の
定番ノートである、ロルバーンが
値段が安く、カラフルな表紙で選ぶ楽しみがあり、
サイズも何種類もあるので自分の好みの
サイズを見つけられて良さそうだな、
なんて思うのですが、実際に私が
バレットジャーナルを使うのなら、
おそらくモレスキンのラージサイズで
限定の鉄腕アトムのを使いたいな、
なんて思ったりします(笑)

鉄腕アトムのは非常に欲しいのですが
ラージサイズしかないので使い道が
考えられないからいまだに購入には
至ってません。
だから、バレットジャーナル使うから
買う、という理由もアリかもしれません(笑)


"バレットジャーナル考察② ~なぜか高額ノート~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント