「赤塚不二夫のことを書いたのだ!!」という本の紹介です

著者は小学館のサンデー編集部を中心に 長年赤塚不二夫先生の担当を務めてきた 編集者の武居俊樹さんです。 この本は非常に面白かったです。 とにかく、赤塚先生に対しての 愛に満ち溢れた内容です。 ここまで尊敬し、心酔し、それでいて バカにし、言いたい放題にけなし、 それでも固い絆で結ばれた関係というか、 漫画家…
コメント:2

続きを読むread more