今更ながら、「24人のビリー・ミリガン」です

作者である、ダニエル・キイスって、 こういってはなんですけど、非常に 青臭いイメージがあります。 なんか誤解される表現ですけど、 中学生とか高校生とかで読書に興味が 湧いて、いろいろ読み始めてきた子供が 少し背伸びして海外の作家に手を出す場合、 最初の1冊が、「アルジャーノンに花束を」 だったりします。 同様に…
コメント:2

続きを読むread more