1週間の運勢(2020年6月1日~7日)

ちょうど朝にこの記事書いてますが 今朝夢を見てうなされて起きる感じでした。 私は普段夢をほとんど見ない(というか 覚えていない)のですが、数少ない夢の大半は 荷物を忘れる(落とす)夢です。 今朝はリュックを置き忘れました。 なぜかバイクで横須賀の当時住んでた実家に 向かってるんですが、途中に横浜に立ち寄り、 駅前…
コメント:0

続きを読むread more

「始めるノートメソッド」です

近所の本屋(地元では一番大きい)に 久しぶりに行ってきました。 やはり本屋さんをぶらぶらするのって いいですね~。 そんななかで偶然引き寄せられる感じで 「始めるノートメソッド」を発見しました。 著者は西寺郷太さんです。 「伝わるノートマジック」の第2弾といったところ。 西寺さんのノート本って本当…
コメント:0

続きを読むread more

いやなモノ売ってますね~

近所のブックオフ(と言っても徒歩で30分)に 向かう途中に、以前から気になる店があり いい機会(どんな機会だ?)だから紹介してみます。 まあ、いわゆるチワワ専門のブリーダーさんのようですが 寂しげな看板がイイですね~。 チワワ自体は目にしませんでしたが。 立ち寄ったブックオフにて手にしたもの。…
コメント:2

続きを読むread more

マルセイユ系タロットって難しいですね~

私の持ってるタロットカードは ウェイト系がメインです。 とくに、カード本来の意味よりも 最初の見た目を重視する私としては ストーリー仕立てで分かりやすい ウェイト系がしっくりきます。 そんな私でも、マルセイユ系デッキは 2種類持ってまして、 カモワン・タロットとママンミユキ・タロットです。 当初は鑑賞用…
コメント:0

続きを読むread more

「BEST HIT 80s」という本の紹介です

いわゆる名盤ガイドブックの類なんですが、 1980年代に特化した内容です。 洋楽中心とはいえ、巻末にはJ-POPも しっかり網羅しております。 1980年代は、世界中が躁状態というか、 いわゆるアッパー系というかノリノリ、 アゲアゲな時代であります(笑) マニア向けの音楽から、大衆的であり、 商業…
コメント:0

続きを読むread more

ドラゴンクエストのタロットカードです

ドラゴンクエストⅪですっかりドラクエの世界に はまってしまった私。 何かしらグッズが欲しくなったわけですが、 ドラクエのタロットカードがあるそうでして 早速購入しました。 ドラクエもタロットも両方好きな私の欲求を 同時に満たしてくれる逸品となります(笑) ドラクエの世界観をもとにタロットカードを 作っ…
コメント:0

続きを読むread more

「うらおもて人生録」という本の紹介です

著者は色川武大さんです。 別名、阿佐田哲也さんといったほうが 馴染み深いかもしれませんね。 以前に購入したまま積読状態が半年ぐらい あって、ようやく読み始め、面白いので 一気に読破しました。 本の中身とは関係ない話ですが、 本の帯には、「ほぼ日の読書会」で 第1回課題図書に、この本が チョイスされたよう…
コメント:0

続きを読むread more

1週間の運勢(2020年5月25日~31日)

感染者数が一気に下がってきて わずかながら光が見えてきた感じです。 明日にも非常事態宣言がすべて解除される 見通しとの事。 ただ、外出時のマスクという文化は おそらくこの後も(ひょっとしたら一生?) 続きそうですね。 屋内に入ったらコートを脱いだり帽子を とったりするのと同じように、 屋内ではマスクをする、なん…
コメント:0

続きを読むread more

「笑ゥせぇるすまん」を大人買い

以前のように仕事帰りに立ち寄る事ができなくなって しまったブックオフ散策。 ですから行ける時自体が貴重なので 値段を気にせず、大人買いをしてしまいました。 全5巻で2000円ぐらいでした。 藤子不二雄A先生の代表作の1つである 「笑ゥせぇるすまん」です。 タイトル入力するのも面倒ですね(笑) もともとは1…
コメント:2

続きを読むread more

物欲でコロナを蹴り飛ばせ!!

全国に出されていた非常事態宣言が徐々に 解除され、残すところ私の住む埼玉県含め、 わずかとなりました。 休業していた私の会社の店舗も 営業再開できる施設も増えてきたとはいえ、 以前の日常を取り戻すのには まだまだ時間がかかりそうですね。 そんなモヤモヤが日々積もり積もってるわけなんですが ここにきて大爆発(笑…
コメント:2

続きを読むread more

まだ旅を終わりにしたくない

ドラゴンクエストⅪも、かなりやりこんできました。 モンスター図鑑をコンプリートさせるために 埋まってないモンスターを探しに 各地で転戦を重ねてる状況ですが やはり難関の「ネルセンの迷宮」でしか倒す事の できないモンスターが多く、戦いを臨む私のほうも 緊張いたします。 とくにレアな転生モンスターは遭遇する確率…
コメント:0

続きを読むread more

「甲子園が割れた日」という本の紹介です

著者は中村計さんです。 サブタイトルは、「松井秀喜5連続敬遠の真実」です。 この本は様々な賞を取ってベストセラーになりました。 私は今現在はとくにスポーツ中継とか観ないし、 応援してるチームや選手はいません。 昔は野球は広島カープの熱狂的ファンであり アンチ巨人だったのですが、今現在はとくに なんとも思ってませ…
コメント:0

続きを読むread more

電子書籍でタロット本を3つ購入しました

タロット関連書籍はいろいろ持ってまして 気が向いたらパラパラ眺めたりしてるんですが、 たまたまの偶然で、電子書籍のタロット本を 購入しました。 「タロット×手帳日記で問いのプール」という本でして、 枚子さんという本業はウェブデザイナーをされてる方が 手掛けたものです。 電子書籍といってもPDFファイルなんですが…
コメント:0

続きを読むread more

テクノ三種の神器(?)が揃いました!

以前記事作成したまま公開を 忘れてました 遅ればせながら紹介いたします。 ある方のサイトで見たのですが、 石野卓球さんが「テクノ三種の神器」と 命名したアルバムがあるそうです。 その方いわく、実際に石野卓球さんが そのように発言した記事とか確認が とれなかったので、テクノ三種の神器と 命名したと思われるアル…
コメント:0

続きを読むread more

1週間の運勢(2020年5月18日~24日)

今週は本来は平穏な週のはずが 占い結果と大きく違って大事件が勃発しました。 週中に組織人事が発表され、何人かが本社勤務から 店舗勤務となりました。 私も以前経験してるのですが、やはり本社スタッフから 降格され店舗に行くというのは非常に悔しく哀しく やるせない気持ちでいっぱいになります。 一番辛いのは、はっきりと…
コメント:2

続きを読むread more

ドラクエⅪの素晴らしい仲間たちについて

とりあえず初期クリアし、 邪心復活後のいわゆる「過ぎ去りし時を求めて」 いる状況で、各地を寄り道しつつ やりこんでおります。 いちおう最新のゲームだけあって、システム的にも 充分練られてて、おかしな矛盾などがありません。 大昔にやりこんだファイナルファンタジーⅦとかは やってるうちにお金がどんどん貯まって、ほと…
コメント:0

続きを読むread more

今更ながら、「24人のビリー・ミリガン」です

作者である、ダニエル・キイスって、 こういってはなんですけど、非常に 青臭いイメージがあります。 なんか誤解される表現ですけど、 中学生とか高校生とかで読書に興味が 湧いて、いろいろ読み始めてきた子供が 少し背伸びして海外の作家に手を出す場合、 最初の1冊が、「アルジャーノンに花束を」 だったりします。 同様に…
コメント:2

続きを読むread more

新緑の花嫁

近所にある意味不明な場所です。 どういう施設なのか、何かの店の跡地なのか さっぱり分かりません。 まさに「新緑の花嫁」といった感じ。 なんかドラクエのサブタイトルみたいですね(笑) ちょうど1か月前に撮影したものです。 わずか1ヶ月でこんなに生い茂るなんて驚きですね。 コロナの影…
コメント:0

続きを読むread more

「無人島レコード2」です

ブックオフにて、「無人島レコード2」が 投げ売りされてたので確保しました。 以前に初代を手に入れ愛読してましたが これは「2」でして、2007年に 発売されたものです。 ミュージシャンから音楽評論家、ライター、 芸能人、著名人など80人ほどの方々が 「無人島に1枚持っていくなら」という 難題(?)にチャレンジ…
コメント:4

続きを読むread more

とりあえずドラクエⅪをクリアしました(過ぎ去りし時を求める前)

長い旅のまだ序章にすぎませんが、 とりあえず通常ストーリーをクリアしました。 壮大かつ重厚、それでいてコミカルな世界観に おおいに魅了されました。 今更ながらですが、ドラクエ恐るべしです。 攻略本はアイテムチェックに使用し、 ほとんどが攻略サイトを確認しつつ進めました。 非常に良心的なサイトで、ストーリーの…
コメント:0

続きを読むread more

これこそが真の侍だ!!

以前に、小学館が誇る至宝、 「学習まんが 少年少女 日本の歴史」を 少しずつ買い揃え始めた話をしました。 当初は、月に2冊で1年間ぐらいかけて 揃えていくつもりが、思いのほかペースが 早く進んでます(笑) キレイな状態のものなら、ブックオフだと 大体400~500円ぐらいでして、 状態を気にしなければ、1…
コメント:2

続きを読むread more

1週間の運勢(2020年5月11日~18日)

首都圏中心に5月31日まで非常事態宣言は 継続となりましたが、少しずつ私の会社の店舗も 営業再開できる場所が増えてきたので わずかながらも希望が出てきました。 私自身の仕事のほうも、5月31日までは とりあえず週休4日制となってます。 そのうちの休業2日間は給料が6割支給というのは やはり哀しい。まあ、体力のない会…
コメント:0

続きを読むread more

「友がみな我よりえらく見える日は」という本の紹介です

著者はライターの上原隆さんです。 ノンフィクションが多いみたいですね。 幻冬舎アウトロー文庫でして サブカル好きの私は、ブックオフでは、 ここと宝島文庫なんかもよくチェックしており とくに問題がなければ基本的に買うようにしてます。 この本も、そんな経緯で購入したのですが 久々の大当たりでした。 この本…
コメント:2

続きを読むread more

「どうぶつの森」お休みします

ここ連日、ドラクエⅪに熱をあげており、 「どうぶつの森」で遊ぶ事を忘れておりました。 ちなみに間違うといけないので お断りしておきますが、 任天堂スイッチの「あつまれどうぶつの森」 ではなく、任天堂3DSの「とびだせどうぶつの森」です(笑) 世間では、「あつ森」なんて言ってますが、 おいおい、「とび森」だろ…
コメント:0

続きを読むread more

「もののけ姫」に対する娘の素朴な疑問

時間がありあまってるので 夜は娘と一緒に映画鑑賞です。 ジブリ映画中心ですが、 先日久しぶりに「もののけ姫」を鑑賞しました。 何度も観たけど、結構忘れてるシーンが多いです。 娘は全部といっていいぐらい覚えてて 凄いな~、なんて思います。 そんななかで観てるうちに 娘が素朴な事を聞いてきました。 「ア…
コメント:0

続きを読むread more

ドラゴンクエストⅪの関連書籍です

ドラゴンクエストⅪを遊ぶにあたり、 ブックオフにて、ソフトと一緒に購入しました。 ソフトが1400円ぐらいで、公式攻略本は 900円ぐらいです。 まあ、わずか2300円で相当遊べるので ある意味で、格安とも思えます。 ゲーム機の種類によって 攻略本の内容が若干変わるので 間違えないようにしなければいけ…
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりに「バトル・ロワイアル」を再読しました

発売したのは1999年でして、当時話題になったから 買って読んでるんですが、なぜかまた読みたくなって 購入したまま積読状態でしたが、 新型ウィルス騒動の余波を食らい、 今のところ5月末まで週休4日状態となり 時間が有り余ってるので あらためて読んでみる事にしました。 最初に読んでから20年以上経過してる…
コメント:0

続きを読むread more

怨念が詰まったような音

なんか今の状況に合ってるというか 毒を以て毒を制すというか(笑) ヘヴィメタルというジャンルは細分化されており、 どれがどれだか分からなくなっております。 やはり王道というか教科書のようなバンドは アイアン・メイデンであったり、ジューダス・プリースト だったりします。 スラッシュメタルならスレイヤーとか。 …
コメント:0

続きを読むread more

1週間の運勢(2020年5月4日~5月10日)

いつもの明日からの1週間の運勢です。 メインデッキのシェルダン・ダグラス版を 使用します。 使い慣れてるだけあってストレスがありません(笑) ちなみに、明日からの1週間は私は1日しか仕事せず 残りの6日間の内訳は休日が2日間、休業が4日間となります。 休業というのは在宅勤務ではなく、ようするに 休みです…
コメント:0

続きを読むread more

タイムマシンを使って過去の自分を𠮟咤激励したい

先日、読者のケンキチさんのコメントで 「タイムマシンにのって過去の自分に言いたい事」 みたいな話が出まして、それを元に あらたに記事作成をしたいと思います。 (ケンキチさん、いいキーワードをだしていただき ありがとうございました) 「あの時こうしておけば・・・」なんて事は みんなあると思いますし、私も同様なんで…
コメント:2

続きを読むread more

「昭和天皇物語」の6巻です

物語はちょうど関東大震災後よりスタート。 なんか今の時代と重なる部分がありますね。 国民を勇気づけるために被災者への 慰問を重ねる節子皇后の姿というものは そのまま子孫に受け継がれているように思います。 神ではなく同じ人間であり、国民に常に 寄り添う皇室であり、一夫多妻制を 事実上廃止となったりと、大正天皇の時…
コメント:0

続きを読むread more