ノートづくりは、まずは物真似からスタート

GO333227.JPG

西寺郷太さんの新刊、「始めるノートメソッド」を
読んで、またまたノート熱(?)が沸騰してます。

GO333223.JPG

とくにマルセイユタロットの小アルカナ(それも数札)を
勉強されてるページを目にしてから、
「そういえば俺もタロットノート書いてたな~」なんて
思いだしました。
一緒に置いてあるノーブルノートがそうです。

GO333224.JPG

GO333225.JPG

GO333226.JPG

書き始めたのは2015年でして5年近く
書き続けてましたが、最後に書いたのは2019年の年末。
しばらくお休みさせてました。
それでも分厚いノーブルノートが残り5ページほどしか
残ってないので、飽きやすい私でも結構続いたほうだと
思います。

もともとは鑑賞用に購入したタロットカードですが
いちおうは占いの事も多少は学んだほうがいいと思って
毎日3枚引きして、出たカードや私なりの解釈などを
書いていたのですが、とにかく書くのが面倒(笑)
記入は万年筆なんでサラサラ書けるもんだから
余計に字が汚く、あとで読み返す事なんて
何も考えておりませんでした。

ここ最近、毎週の日曜日の夜は
1週間の運勢という感じで記事を作ってますが
これを始めたキッカケというものは
たくさん集まったタロットカードを見てるだけでは
もったいないと思ったので、少しでも有効活用させよう、
というものと、もう一つが、出たカードをノートに
記入するよりも、ブログ記事にしたほうが簡単、
というものです。

まあ、実際にタロットノートに関しては
出たカードをスマホで撮って、プリントして
貼ったりする人も多いみたいですね。

GO333222.JPG

西寺さんいわく、自分の好きなテーマで
まずはノートづくりを始めてみましょう、との事。

私の好きなテーマは
基本的にブログで扱ってるカテゴリーが全てですが
とくに好きなものは、

手帳、ノート、文房具全般
ザ・スミス
ザ・ストーンローゼズ
電気グルーヴ
カメラ(GR全般)
ドラゴンクエストⅪ
ファイナルファンタジータクティクス
どうぶつの森(休眠中)
タロットカード
ヒステリックグラマー
カエルの小物
村上春樹
藤子不二雄A
バガボンド
リアル
ヒステリア
パタリロ!
島耕作(課長時代)
AKIRA
パルプフィクション
スカーフェイス
闘魂三銃士(武藤、橋本、蝶野)
サブカル全般(鬼畜系含む)

こんな感じですかね?

うちの娘と会話してると
算数の公式を覚えられないのに
「鬼滅の刃」に関しては大半の台詞は
ほとんど暗記してるのに驚かされます(笑)
やはり好きな事を覚えるのは楽しいわけでして
ノートづくりも同じ。
仕事のノートづくりなんて苦痛ですが、
自分の好きなテーマでノートを作るというのは
面白そうです。

GO333228.JPG

GO333229.JPG

まずは西寺さんのタロット学習ページを
見開きでそのまま書き写してみました。
下手な字ですが自分にしては普段よりも丁寧に
書いたので、読み返す事はできます。

驚くのが書き写してると自然に知識が入ってくるんですよね。
マルセイユ系タロットの小アルカナ(数札)なんて
覚える事が山のようにあるので、難解というか
敬遠しがちになってしまいます。
教本読んでても頭にまったく入ってこないんですが、
手書きしてると意外に頭に馴染みやすい感じです。

それとこの西寺さんのタロット学習ページは
完全な清書ではなく、本当に勉強のために
書いてる感じですが、書いてる途中で余白がなくなって
しまったり、順番が前後してしまったり、なんて部分が
結構あるんですよね。
書き間違いをグシャグシャって塗りつぶしてる箇所もあります。

キレイなノートづくりを目指しすぎて、構成がいびつに
なったり、書き間違えた時点で心が折れてしまう人も
多いかと思いますが、それは誰かに見せる事が前提の
ノートづくりであり、自分のためのノートづくりに関しては
心配する必要などないのですよね。

まずは物真似から始めて、自分なりのノートづくりを
楽しんでみたいと思っております。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント