「TAROT22 本当の自分を知る占い」の紹介です

GO333134.JPG

何か面白そうなタロットカードはないかな?
なんて感じで、よくヤフオクやメルカリを
チェックしております。
その中で気になるモノを発見。
2000円ぐらいで出品されていたのですが
今度はAmazonで検索したら送料込みで
1100円という値段で販売されているものが
見つかりめでたくお買い上げとなりました。

GO333135.JPG

GO333136.JPG

30年ほど前に発売された、
「TAROT22 本当の自分を知る」という本で
22枚のカードと解説書がセットになったものです。

著者はアリアドーネ・ユウコさんです。
調べたら、今もいくつもの新聞で占いコーナーなどを
担当されており現役で活躍中の占い師さんです。

タロットカードのイラストを手掛けているのは
土橋とし子さんです。
ガロでデビューしてるイラストレーターさんで
絵本なども手掛けています。
このイラストは見覚えがありまして
購入したきっかけでもあります。

土橋さんについて調べたら驚くべき発見がありました。

tosikotyann.JPG

sonomannmadana.JPG

ちびまる子ちゃんに出てくる、「とし子ちゃん」は
土橋さんがモデルだそうです。
たしかに、丸尾君は丸尾末広さん、花輪君は花輪和一さんから
名前がとられており、どちらもガロで活躍されてました。
よくよく考えれば、さくらももこさんのイラストって
どことなく土橋さんからの影響を感じさせる部分がありますね。

GO333144.JPG

ちなみに、外箱や解説書は若干の傷みがあるけど
カード自体は未開封との事でした。
私としては、物凄く傷んでたりするのはイヤですが
中古のカードでもとくに気にならない性格だけど
未開封の新品というのは、それはそれで嬉しいものです。

GO333145.JPG

このカードいいですわ~。
非常に気に入りました。
摩訶不思議という言葉が似合いますね。

GO333138.JPG

GO333140.JPG

解説書のほうも結構気合が入ってます。
リーディング例などもいくつかおさめられてて
初心者だけでなく、結構タロットの知識がある方でも
楽しめる内容だと思います。
個人的に面白いと思ったのは、
「カードでおまじない」というコーナーでして
試験とか面接の時は、「星」と「審判」のカード、
体調が悪い時は「太陽」のカードといった感じで
カードを、お守り代わりに持ち歩くというものです。

タロットカードは占いに使うのは基本ですが
私のように鑑賞用がメインの人も多いと思います。
ただ、お守りとして使うというのは初めて知りました。
それはそれで面白い使い方ですね。
新しい出会いを期待したい日は、「恋人」のカードだけ
何枚も持ち歩いたり(笑)

GO333146.JPG

GO333147.JPG

GO333148.JPG

大アルカナ22枚を全部紹介いたします。
私はもともと書店で売られてるカードと専用解説書が
セットになってるものは、あまり興味はありませんでしたが、
このセットを手にして考えをあらためました。
非常によく作りこんでおり、お値段含めて入門用としては
最適だと思います。(この本の定価は1200円です)

なんとなくタロットカードに興味がある人が
最初に手にするものとして書店売りのセットをチョイスし、
更に興味が湧いたら、そこで初めて本家のウェイト版とか
マルセイユ版とか手にしてもいいかもしれませんね。

GO333149.JPG

22枚の中からベストの1枚を選ぶのは
非常に悩みました。
冗談抜きで、どのカードも魅力的なのです。
さんざん迷ったなかでベストの1枚は
「力」かな?
このデッキは8番が「正義」、11番が「力」に
なってるのでマルセイユ版に
括られるかもしれませんね。

GO333137.JPG

ちなみに解説書の見返し部分には
このようなサインとイラストが。
これって献本されたものですかね!?
貴重なサイン本というやつかもしれませんが
こんなかたちで手にするなんて
なんか因果なものであります(笑)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年06月19日 18:28
さくらももこさんの怪しげな絵に影響を与えた人がいたのですね!
まったく知りませんでした。

で、イラストを見ると、雷は怖いねえ…なるほど!
目つきとかひげの感じが、確かにさくらももこさんの絵ですね。逆なんでしょうけど、あまりにさくらももこさんが有名なので影響を与えた関係が逆に思えてしまします。
海さんの解説を読んでいても、こう感じるのですから、知らないで見たら、絶対に「さくらももこさん→土橋とし子」と考えてしまいそう。
いやいや、ちゃんと覚えておきます。勉強になりました。

サイン本を古書店で見つけるというのも、買う方には乙なものです。
作者が見つけたら……、うーん。(^_^;)

2020年06月19日 19:09
出ちゃっ太さん、どうもです。

もともとちびまる子ちゃんって、少しブラックな部分が
見え隠れしますから、さくら先生も怪しい絵柄や
キャラクターなどを織り交ぜて、うまくバランスを
とってたように思います。
ドラえもんやサザエさんに並ぶ国民的アニメに
なってしまったから、多少の戸惑いがあったかも
しれませんね。
ちなみに幼児限定ならシェア率100%は
アンパンマンでしょうな(笑)

それにしても、たまたま手に入れたモノがサイン本
というのは本当に多いですね。
まあ、私自身も自分が直接もらったサインとかは
売らないけど、そうでないものは結構
売ってしまってます(笑)