時渡りの迷宮を制覇しました!

GO333037.JPG

遊びまくってるドラゴンクエストⅪですが、
邪神との最終決戦前に、寄り道をしまくっております。

ヨッチ族を引き連れ、ついに「時渡りの迷宮」に
足を踏み入れました。
実際には、ストーリーの進行上、最初の階は
クリアしてたのですが、そこからは本編に集中し、
ようやくヨッチ族のほうにいく余裕ができたわけです。

GO333027.JPG

いきなり最終の10階層の大ボス、
キラーマシンの転生であるタイプGとの死闘ですが、
ここまでくるのに非常に大変でした。
ストーリーの終盤まで、強いヨッチ族が集まるまで
手を出さないようにしていましたが、
終盤になっても強いヨッチ族がなかなか確保できません。

一番重要なのは「攻撃力」であり、もちろん最上の
Sランクが強いけど、攻撃力が低いものもあったりして
なかなか勝ち進める事ができませんでした。

それでも、Sランクで70以上のヨッチ族は
VIP登録をし、更に「白、赤、青、緑、紫、黄」の
6色がまんべんなく揃うようにバランスを取りました。

Bランクぐらいなら5階層ぐらいまでは普通に進みますが
そこから先は全滅の繰り返し。
そのつどVIP登録のヨッチ族を蘇らせるのに大金が
かかるので、本編で金稼ぎしてヨッチ族攻略に
すべてつぎ込む有様。
どっちがメインかわからなくなってきました(笑)

GO333028.JPG

GO333029.JPG

本編よりも数段レベルが高かったです。
ここまできて、ようやく写真を撮る余裕が出たわけです。
最終のボス、タイプGの攻撃を食らって全滅しましたが
さらに強いヨッチ族が後方に控えてるので
即座に再戦を申し込みます。

GO333030.JPG

GO333031.JPG

ようやく最終決戦に勝利し、
時渡りの迷宮を完全クリアいたしました。
なにげに本編クリアよりも嬉しかったです(笑)
これで冒険の書を全て入手したので
そちらでも全て遊ぶ事ができます。

ヨッチ族攻略法を私ごとき初心者が語るのも
おこがましいですが、あくまでも初心者目線として、
とにかく強いヨッチ族を集める事に尽きます。
自分の持ってる武器にあわせるかたちで
強い武器を持つヨッチ族が出る確率が高まるので
本編を充分に進め、強いヨッチ族が出現する時期まで待ってから
一気に各地に出没するヨッチ族を大量に集めていくしかないでしょう。

集められるヨッチ族の上限は50体、VIP登録は20体まで
できるので、強さと体の色のバランスをみて、上から
順番にVIP登録をしていき、強いのが見つかったら
随時入れ替えていくべきだと思います。

それと攻略は一気に行う事。
また、「冒険の書」だけを確保するのが目的なら
戦闘機会を下げられるので、もう少し早く進める事が
できると思います。
私も途中になってそれに気づきました(笑)

それとVIP登録してる20体以外は、「捨て駒(笑)」
だと思って、終盤は敵1体に対し、20匹ぐらい投入する感じで
そのつどチェックポイントで元の世界に戻って
VIPヨッチを呼び戻したり、なんて感じで物量で攻めるのも
アリかもしれません。呼び戻しにはSランクのヨッチ族だと
10000Gかかるので、随時500000Gぐらいは
キープさせておきたいところです。

GO333033.JPG

何はともあれクリアは嬉しいものであります。

GO333041.JPG

ちなみにヨッチ族は300体ぐらい集めましたが、
今のところ最高の攻撃力を持つのは
このヨッチ族です。
100を超えるのはなかなか出会えません。
ですから噂に聞く「メタル系」という最強の
ヨッチ族には、今のところお目にかかっておりません。

GO333039.JPG

ツートンカラーのレア個体も1体のみ。
攻撃力は低いけど、二通りの呪文が使えるし
何よりレアなのでVIP登録はしておきました。
気が付けば、最終メンバーにも残っており、
よく頑張ってくれたと思っております。

さあ、いよいよ残すところは「冒険の書」ですな。
これはそんなに難しくなく、今まで頑張ってきてくれた
プレーヤーへのサービスというかねぎらいの意味合いが
強いようです。歴代のドラクエを一通り
かいつまんで遊べる感じですからね。
限定ショップで洋服の購入もできるようなので
楽しみです。

ただし、冒険の書1~10までを全てクリアしたら
11が解放され、ここは真の裏ボスというか
ドラクエⅪの中でも屈指の難しさをほこるらしいので
それはそれでワクワクしております!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント