バックギャモンを遊び始めました

GO332352.JPG

ひょんな事からバックギャモンで遊ぶようになりました。

バックギャモンという名前は多くの人が聞いた事が
あると思いますし、なんとなくゲーム盤とかも
想像つくかと思いますが、遊び方を知ってる人は
少ないと思います。

ただ、全世界では3億人(!)以上が遊んでるそうでして、
日本でも飛鳥時代だか平安時代ぐらいに大陸から伝承され、
庶民の間で流行ってたようですが、当然ながら賭博の
対象になるという理由で禁止。そのあたりが理由かは
わかりませんが、日本では長らく知名度はあるけど
ルール知らない、なんて感じではないですかね?

GO332353.JPG

GO332354.JPG

無料アプリですが、今のところ最新版のAIを内蔵した
ソフトみたいです。
iPod自体が小さいから少し遊びづらいところがありますが、
なかなか面白いです。



もともとバックギャモンには、なんとなくの憧れのような
ものがあったのですが、たまたま見たこの動画が
あまりにわかりやすく、自分でも遊んでみたいと思ったんです。
この動画は私のようなルールを一切知らない人がバックギャモンを
学ぶのに最良だと思います。

私はこのようなアナログ的なボードゲームでは、以前に
モノポリーにはまりました。
ブログでも何度か記事にしたし、カテゴリーも設けてます。
モノポリーは非常に面白いのですが、どうしてもゲームソフトに
納得いかない事があり、今は一切遊んでません。
レベルに関して、どうしてもサイコロの出目を操作されてるように
思えてならないのです。

将棋や囲碁、チェスなどは運の要素は皆無であり、100%実力勝負です。
そのあたりは、テニスや卓球なんかの対戦型スポーツと似てます。
いわゆる偶然性がないんですよ。
だからテニスとかのチャンピオンって、そのシーズンのタイトルを
総なめしたりする事が多いですよね?単純にその時(時期)に
強い人が純粋に勝つんです。それは将棋とかも同じ。
これが例えば野球とかだと、逆転満塁ホームランとかでひっくり返ったりします。
バスケットのスリーポイントシュートなんかもそうです。

バックギャモンの面白さって、これにサイコロの出目という運の要素が
加わる事なんですよね。
バックギャモンの世界チャンピオンと私が戦ったら、1回勝負だったら
私が勝つ可能性があるんです。5回やって5回とも私が勝つ事だってある。
でも100回やったら95回は私が負けるでしょう(笑)
でも、サイコロの出目という運の要素が加わるから初心者と上級者が
入り乱れて戦える楽しさがあるように思います。

moxtutohamarebane.JPG

私が遊んでるのは無料アプリですが、
610円と有料ですが、バックギャモンには非常に有名な
アプリがあります。
協会公認(?)アプリではないけど、多くの方が絶賛しています。
操作性が抜群にいい事や対戦相手のレベルなども練りに練って
作られてるそうです。
何よりも私も違和感を感じる部分である、「サイコロの出目」に
関しては100%公平という事をアピールしており、
ゲームを始める前にサイコロの出目を順番に100回表示出来たり
するそうです。ようは、初めからサイコロの出目はこの順番で
いきますよ、と。相手のコマの動きから出目を変更したりは
しないですよ、という事です。
それでも疑わしい人に関しては、自分でサイコロを振って
出た目を入力していってゲームを進めていく事も出来るそうです(笑)

よく私のような初心者にあるのが
「サイコロの出目が悪くて負けた」というものです。
相手の振る目が強く思えてしまうんですよね。
まあ、それはサイコロを使うゲーム全般にいえる事ですが、
強い人が振るサイコロの出目は強くなるのかもしれません(笑)

momadasu.JPG

koremohikareruyona.JPG

いかにも私らしいのが、本格的にボードが
欲しくなってきました(笑)
MOMAのオンラインストアで素敵なものを発見。
鑑賞用にもいいですね。

kannzennnisyoyuuyoku.JPG

majidehosiikamo.JPG

ビームスにもありました。
さすがいいチョイスしてますね!
お値段もなかなかですが、
これも所有欲を満たしてくれるボードです。

ちなみに娘と最初はパソコンの無料ゲームで
バックギャモンで遊んだのですが、
少し遊んだだけですぐに娘はルールを理解し
「これ面白いね!!」との事です。
コマを1個だけの、独りぼっち状態に
させないようなコマの動かし方については、
「これを2個動かすとこっちが1個になっちゃうから、
こっちを2個動かしたほうがいいね」と、
私よりも飲み込みが早くて驚いております(笑)

娘と遊ぶのにいいかな?なんて思ってますが、
初心者の私が所有欲を満たすだけのために
1万円以上の高級ボードを買うのはダメです。
大きめの画用紙に升目を描いて、オセロのコマで
代用したりする方も多いので、まずは簡易的な
ボードを自作し、遊んでみようかと思ってます。

それと、物凄く興味があるものとして、
日本バックギャモン協会という、日本で唯一の公式の
組織があるんですが、その埼玉支部(月1回活動)は
私の自宅から徒歩10分にあるんです(笑)
「初心者大歓迎」なんて感じだから、今度の例会に
恐る恐る覗いてみようかな?なんて思ってます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

しよこ
2020年01月24日 01:14
なんとなく盤や駒の形から、駒を指で弾いて遊ぶものかと思ってました。小学生のとき以来、いまの今まで。ぜんぜん違ったようですね(笑)
日本唯一の協会が自宅から徒歩10分とは、もう引き寄せですね、仕方ないですね。
2020年01月25日 01:39
しよこさん、どうもです。

私も同じような事を考えてました。
昔のパチンコ台みたいなものの上で
おはじきを弾いて遊ぶものかと・・・(笑)

ちなみに協会の支部は全国にありまして、
鎌倉にもあるみたいですよ~(笑)