なんか腑に落ちないリーフレット

GO332182.JPG

近所の本屋さんに村上春樹さんの
デビュー40年を記念したペーパーバックフェアの
リーフレットが置いてあったので貰ってきました。
新潮文庫のものになります。

GO332184.JPG

翻訳関連を別にすれば、最新刊を
持ってなかったのでチェックしようと思いますが
共著というかインタビュー作品みたいだから
購入はブックオフでいいか(笑)

GO332185.JPG

村上春樹さんの出した新潮文庫は
結構な量になりましたね。
ここに入りきらないのが他にもあります。
講談社文庫、文春文庫、中公文庫と他にも
ありますが、新潮文庫が一番多いです。

GO332183.JPG

ちなみに本題ですが、リーフレットの冒頭に
「電車の中でスマホを眺めてる多くの人の中で
文庫本を開いてる人を見つけると、なんだか
ほっとした気持ちになる」なんて語られております。
新潮文庫の作品は、ほとんど電子化されてませんが
講談社文庫の作品とかは、電子書籍にしまくってるので
なんだかな~って感じです(笑)

たしかに村上春樹さんはスマホが溢れてる光景について
良いとか悪いとか言うわけじゃない、とは語ってますが。
私はスマホで本を読んだり漫画を読んだりする事はなく、
iPadは自宅にあるけど娘専用になってます。
ただ、自分用に高性能なiPad Proとか欲しいな、なんては
思う事があります。
もちろん仕事なんかで使う事はなく、インターネット、
動画視聴、音楽なんか全て放り込んで、更に村上春樹さんの
作品を全部タブレットの中に入れられれば最高だな、なんて
空想したりしてます。
1冊じっくり読むのもいいけど、好きな場面を拾い読むのも
好きなんですよね。
そういう部分では電子書籍って素晴らしいと思います。

せめて、このミニコラムの中に、
「作品を電子書籍化してる僕なんかが言うのもなんだけど」
ぐらいに少し自虐的なネタでもいれてくれればいいですが。
まあ、ほとんど電子書籍化してない新潮文庫のリーフレット
だから別にいいか。これが講談社文庫のフェァだったら
問題ですが(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年12月04日 20:09
村上春樹先生としては、「スマートフォンをいじっている人=ゲームまたはSNSに興じている人」というくくりなんでしょう。村上先生でなくとも、そう思うでしょうけれども。

電子書籍を読んでいるにしては、指のスワイプが激しすぎるとか。

ちなみに、ぼくはスマートフォンでゲームは一切しないのですが(スマートフォンどころかパソコンでもしないし、ゲーム機というものを買ったこともない)、指は激しくスワイプしています。

なぜかというと、ポイントサイトのアンケートに回答して、せっせとセコセコとチマチマとポイントを稼いでいるのです。いくら頑張っても月に500円くらいにしかなりませんけども。


2019年12月05日 06:28
出ちゃっ太さん、どうもです。
朝とかだと、多少は新聞の電子書籍版を
読んでる人をみかけますが、ほとんどの人は
ゲームやってますからね。
他には、「まとめサイト」とか確認してたり。
もちろん、まとめ記事も自分の趣味の分野
だけだったり(笑)
いい大人がゲーム・・・、なんて思います。
ゲーム専用機で遊んでる私が言うのも
なんですが(笑)
ちなみに私もLINEの各種アンケートに
こたえて、チビチビとポイント稼いで
貯まったポイントでLINEスタンプに
交換してます(笑)