「90年代サブカルの呪い」という本の紹介です

GO332166.JPG

面白そうなタイトルなんで購入しました。
いつものブックオフにて。

著者はロマン優光さんです。
ロマンポルシェ。のメンバーの方ですね。
同じくメンバーの掟ポルシェさん同様、
様々な雑誌などでコラムなどを拝見しますが
私自身は恥ずかしながら、バンド「ロマンポルシェ。」自体は
聴いた事がありません(笑)
ただ、サブカル方面では昔から存じ上げておりました。

この本は、90年代に発生した、
「悪趣味系」や「鬼畜系」などのブームについて
ロマン優光さん自身で分析し解説をしています。
私自身、そのあたりの基本的な部分はほぼ抑えているので
内容は全て把握できるのですが、知らない人にすれば
なんの話をしてるのか、さっぱりだと思います(笑)
内容としては共感できる部分が多々ありました。
とても面白かったです。

サブカルの基本部分でもある、「悪趣味」や「鬼畜」
というものは人間誰しもが持つ影の部分というか
本来見せてはいけない裏の顔みたいなものです。

本来、「悪趣味」や「鬼畜」といったジャンルは、そのタブー
自身に少し触れてみる事であり、自分自身の常識を超えた
存在を認識し、受け入れる事です。

殺人者に興味を持ったとします。
事件だったり被害者だったり殺害方法だったりに
興味を抱いたりします。
しかし、そこから先にいって、「自分も真似して殺人する」というのは
違います。
悪趣味や鬼畜ブームも独り歩きしてしまったように思います。
それらを楽しむ行為から真似して実践する感じに
なってしまいましたので、大きく誤解される事になりました。
まあ、もともと褒められた趣味ではないのですが、
「なんか違うんだよな」と私自身も思ってたところがあり、
そのあたりのところを、ロマン優光さん自身がうまく
解説してくれてるんで、「そうなんだよな~」って
納得しました。

それと、よく「病んでる」とか「メンヘラちゃん」とか
なんか精神的に悩みを抱えるのがファッションのような感じの
風潮があります。アイドルなんかでも、それをウリにするのも
立派な戦略だから別にいいと思うし、ファンもそのキャラを
楽しんでるからいいですが、本当に病んでる人は自分自身が
病んでる事を認識してませんからね。
多少認識してても、「私は病んでなんかいない!!」と
必死になって、逆に異常行動してしまったり。

サブカル界には「死」が付きまといます。
自殺も多いし、村﨑百郎さんのように殺されて
しまった人もいます。
一時期問題になった「完全自殺マニュアル」なんかがいい例ですね。
あれは「自殺」というものを垣間見て、生きるという意味を
再認識するものであり、「いざとなったら自殺すればいいんだって
思えば、苦しい日常も気楽に生きていける」というのが
コンセプトであるそうですが、そのままズバリ「マニュアル」として
活用してしまう人が多くて問題になってしまいました。
でも本来の出版の意図は違うんですよね。
「うわ~、自殺ってこんにいろんなやり方があるんだ~」と
自殺なんて一度も考えた事がなく、毎日何不自由なく生活してる人が
自殺の世界に少し触れてみて、「自分には縁がなくて良かった~」と
安心するというか。それが本音だと思います。

それにしても、サブカルを解説というか論ずるような本は数多くあり、
小難しい内容の本が多いですが、読みやすいので、サブカルの
一連の流れを掴む意味では最良かと思います。
ただ、初心者には意味不明だし、上級者には詰めが甘いようにも
思うので、サブカル全般に精通しているけど、どれも底が浅いような
私ぐらいのレベルにはちょうど良いかんじでした(笑)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年01月21日 18:36
いざとなったら自殺すればいい、というのもかなり剣呑なハナシで、もし仮に身内の人間がそんなことを口にしようものなら、とっても落ち着いてはいられないでしょう。

しかし落ち着いて、「最悪の場合は」という覚悟だとすれば、ある意味でアッパレですな。

もっとも「いざとなれば万歳突撃で玉砕」という、70数年前のどこかの国の軍人みたいに考えてしまっては元も子もありませんが……。

最後の「初心者には意味不明だが上級者には物足りないくらいがちょうどいい」というのが、健全なサブカルファンかも。
「健全」と「サブカル」がそもそも相いれないゾ、というご指摘はともかくとして。
(^_^;

(記事のURLを拝見すると、昨年12月に投稿して公開待ちしていた記事なんですね)


2020年01月21日 21:03
出ちゃっ太さん、どうもです。

私の場合はサブカル好きといっても
実際にその世界に浸るわけではなく、
身の安全を確保した状態でチラッと見てる
だけでして、非常にズルい楽しみ方なんですよね。
その筋の方たちからしてみれば
間違いなく怒られるスタンスです(笑)

ちなみに記事ストックは今現在30ほどあります(笑)
まさに、溢れんばかりの創作意欲。
レベルは別として(笑)