【橋の上の「殺意」】という本の紹介です

サブタイトルは「畠山鈴香はどう裁かれたか」です。 今から10年以上前、日本中が注目しました。 娘が行方不明になり、川で遺体で発見されます。 警察は早々に事故と断定し操作を打ち切ります。 そうしたら、シングルマザーである母親の 畠山鈴香は、「これは事故ではなく事件だ!」と 猛烈にアピール。亡くなった後から、 目撃…
コメント:0

続きを読むread more