「ぼくのマンガ道」という本の紹介です

GO331980.JPG

近所の本屋さんにて発見しました。
漫画家さんたちが自分たちの若手時代を
振り返る感じの、それぞれのマンガ道みたいな
本は結構出回ってまして、チェックすれども
購入には至りませんでしたが、著者が
睦月影郎先生という事がわかり迷わず確保(笑)

睦月先生は官能小説家として、その分野では大変
有名な方でして、何より刊行されてる著作の量が
ハンパなく、今も大量の作品を発表しております。

GO331981.JPG

もともと官能小説家としてだけでなく
「ケンペーくん」という漫画も発表してまして
サブカル界では大変人気が高いです。
また、自伝やエッセイなども大変面白いです。
この「哀しき性的少年」は、私がここ10年読んだ本の中で
もっとも面白く、それでいて衝撃を受けた1冊です。
男子は必読。女子は、「男子はバカだな~」と思って
読んでください(笑)

「ぼくのマンガ道」に戻りますが、
もともと漫画家になりたくて、せっせと投稿とかしてても
目が出ず、最後に送った作品が落選し、その時に
入選したのが蛭子能収先生で、「この絵に負けたのなら、
もう漫画家諦めよう」と思ったそうです(笑)

その後、官能小説で人気作家となりますが
遊びで描いてたマンガが一部で人気となり、
自費出版、そして正式出版の流れで、紆余曲折ありましたが
ついに念願の漫画家となりました(本業はあくまでも
小説家です)。

幼少の頃から出会ってきたたくさんの漫画たち。
とくに、ちばてつや先生、手塚治虫先生などからの
影響大です。また、睦月先生らしく、当然既存の
マンガのキャラでエロい想像とかしたりして、
そのあたりは、さすがだな~、なんて思います。
それと、とにかく驚くのが睦月先生の記憶力の良さです。
幼少の頃読んだ作品のキャラクターやセリフ、ストーリーなど
全て記憶してるそうです。
以前、官能小説家の二人の先生が睦月先生について
語ってる対談集を読んだのですが、
「抜群の記憶力があるから、いちいち調べたり
裏をとったりする時間がないので、だからこそ
あれだけの多くの作品をスピーディーに量産できる」と
語っておりました。

本の中で先生は、「自分の好きなモノは忘れるわけがない」と
仰ってまして、感心しまくりました。
とにかく非常に面白い本でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2019年11月19日 19:07
海さんの趣向を拝見していると、久住昌之さんの初期の著作「ある純情青年の風俗十番勝負」なんてお好みだったかも。
今ではグルメ漫画の原作や音楽活動で知られていますが、初期の「近所のラーメン屋での考察」とか、「ある純情青年~」のような作品のほうがリアルで面白かったですねー。
「ある純情青年~」は持っていたのですが、いつぞやのブックオフの嵐で処分しちゃっ太!
もう読まないと思ったけど、もう買えない本です。買うこともないだろけど。

2019年11月19日 20:40
出ちゃっ太さん、どうもです。
なんかタイトルからして
かなり惹かれます~(笑)
早速チェックしてみます!!