なんか関連があるようにも思えるのだが・・・

IMG_20191018_184224.jpg

近所の駅(メインの最寄り駅ではない)の中に
小さな本屋さんが入っており、
店主に親しみを感じてるので
どこでも買える本に関しては、基本的に
ここの店で買うようにしてます。

だいたい通勤帰りに立ち寄る事が多いのですが
少し気になる本があったので紹介します。

「世界の辺境とハードボイルド・室町時代」

なんなのでしょうか!?(笑)

GO331821.JPG

間違いなく、村上春樹さんの代表作の
パロディというかオマージュのようなものかと
思って、少し本(対談集みたいなもの)を
眺めてみましたが、まったく関係ないような
話をしております。
また、このようなものって、「はじめに」とか
「終わりに」とかでパロディタイトルに対して
触れてたりするから、そこも確認してみましたが
とくに触れてる箇所もありませんでした。
(実際は触れてる箇所があるかもしれませんが)

なんだかよくわからない本であり、どうでも
よくなってきたから、帰宅後調べる事もせず
記事を1本仕上げて終了であります(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

しよこ
2019年10月23日 20:20
たしかに紛らわしいタイトルですよね。

著者の高野秀行は、世界最強のハードボイルド無政府辺境未承認国家であるソマリランドに日本一(もしかすると世界一)詳しい探検家なんです。
彼の著作の中でもソマリランドが日本の室町時代そっくりだと述べてたので、そのネタをもとに書かれた対談本なんでしょうね。

ちなみに彼の本はどれも無茶苦茶ぶりが好きなんですが、日本史かニガテのためまだ手をつけてないんです。
2019年10月24日 20:34
しよこさん、どうもです。
それにしても、あなたは本当に
よく知ってるというか、私の興味の対象は
ほとんど網羅してますな~(笑)
それにしても、あともう少しで鎌倉ですね!
実は、先週家族で横浜に行ったのですが
鎌倉号に乗る予定が、台風の影響で
まさかの運休(笑)
急遽、在来線で横浜まで行きました。
今週末は大丈夫かな?(笑)