パタゴニアにてウィンドブレーカーを購入しました

GO331870.JPG

かりにも洋服を売る会社に勤めてる割りには
普段洋服をあまり買わず、必要な時は
H&Mとか無印良品などで、お手軽に
済ませてしまう私ですが、久しぶりに
ちゃんとした(?)買い物をしてきました。

昨日、家族で横浜に行く機会があり、
屋内型動物園のオーヴィ横浜(実はショボい)で
遊んだ後、買い物など散策を楽しみ、
夜に中華街方面に移動し、食事してから
帰宅したのですが、食事前に
久しぶりにパタゴニア横浜関内店に
訪れてみました。

この店で、私は以前にもウィンドブレーカーを
購入しており、何年も愛用してたのですが
内側の繊維が剥げてきてしまったので
廃棄処分しました。
軽くて暖かく動きやすい逸品です。
また、基本的に暑がりの私ですので
真冬でも中にセーターやトレーナーを着てる状態なら
コートなどのアウターいらずであり、ウィンドブレーカーを
1枚羽織るだけで一冬越せます。
場合によっては、厚手のパーカーをコートがわりに
着てそれだけで平気だったりします。

真冬に仕事で私の会社の店舗を訪れ、
荷物を店のスタッフに手渡す時、よく
「海さん、これだけで来たんですか!?」と
店の子によく驚かれます(笑)

GO331881.JPG

私が以前所有してたのは
カーキと茶の中間色のような
なんともいえないミリタリー色で
大変気に入ってましたが、今シーズンの
取扱いは残念ながら無いそうです。
事前に無かった場合は黒にしようと思ってたので
黒を購入しました。

GO331880.JPG

このパタゴニアのロゴって
本当にグッときますよね~(笑)
多くの製品でパロディロゴを見る事ができます。

取扱方法とか、洗濯の仕方など
女性店員さんが詳しく説明してくれました。
(もちろんこちらが質問したわけではなく)
以前のウィンドブレーカーは一度も洗濯した事が
無かったのですが、店員さんいわく、
撥水加工が一番重要なところなので、雨粒にならず
ベタッと濡れるようになってきたら、普通に洗濯し、
脱水せず乾かせば、生地の繊維が立って、以前のような
撥水加工を取り戻す、との事。
モノを長持ちさせる秘訣は洗濯する事だそうです。

GO331879.JPG

GO331878.JPG

コンパクトに畳んで、フードの中に
入れてポーチのような状態にする畳み方も
教わってきました。
簡単にコンパクトに収納できます。
あまりに軽いから、カバンの中に入れておいて
いつでも羽織る事ができます。
暑くなって脱いだらコンパクトに収納。
いや~素晴らしすぎます。

ちなみに、パタゴニア製品は、一般ユーザーだけでなく
アスリートとよばれるレベルの方たちにも
愛用者は多いですが、一般的なイメージでは
都会で生活する裕福な、いわゆる富裕層が
週末にアウトドアを楽しむ時に身に着ける
アイテムですね。
もちろん私のように昔からアウトドアに興味のある
書斎派(笑)も含まれますが。
キャンプやジョギングとかフィットネスなんかの
イメージもパタゴニアにはありますが
全て都会という印象が強いです。

ある旅行者のブログが好きで、毎日読んでるんですが
その方いわく、都心部ではみんなジョギングしたり
してる人が多いが、田舎では誰も走ってない、との事。
まあ、たしかに田舎の人たちは毎日身体動かしてるし
普段の環境がアウトドアなんですから
今更身体鍛えたり、キャンプなんてどうでもいいんですよね(笑)

ですから、田舎のアウトドアの生活に憧れる
都会で暮らす裕福(?)な人たちがパタゴニア製品を
愛用し、実際に田舎暮らしになったら、誰も
使わなくなる感じです(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント