「四十歳からのバイクライフ」という本の紹介です

GO331298.JPG

著者はSF作家として有名な
豊田有恒さんです。

この本は非常に面白かったです。

豊田さん自身は若いころはバイクに
熱中してたけど、その後何年も
遠ざかっており、そして再びバイクに
魅せられたのがちょうど四十歳の時であります。
面白いのが、自転車すら乗れなかった奥様が
影響を受けてバイクに乗り、夫婦で
バイクの魅力にとりつかれてしまう
あたりは素敵ですね。

私自身、学生時代はバイクに乗ってたのです。
友人で1人、バイクに乗ってたのがいまして
すっかり影響を受けてしまったのです。
大学生の時に中型自動二輪免許(当時)を
取得し、親にねだって(笑)バイクを
買ってもらいました。

bariosudane.JPG

カワサキのバリウス(バリオス)という
250CCのバイクです。
懐かしいな~。

手に入れた時は嬉しくて毎日乗ってました。
とくに夜明け前から、ちょうど朝日が昇るあたりの
時間帯に乗るのが大好きでした。
当時は私は神奈川県横須賀市に住んでたので
海岸沿いの134号線を下っていくのが
イイんですよね~。
当時はタバコを吸ってたので、
日の出を見ながら缶コーヒー片手にタバコを
吸う自分の姿に酔ってました(笑)

遠出したりする事はなく、足代わりに乗ってたのですが
その後、秋~冬になるとバイクに乗るのが
辛くて辛くて(笑)
せっかく買ってもらったのに乗らないから
それも自己嫌悪になってしまいまして。

結局、大学の同じクラスの友人の知人に
バイクを売る事にしました。
たしか、毎月金額を決めて、私の父親の口座に
振り込んでもらう段取りをつけたように
記憶してます。
私はバイクショップに売るよりも高く売れて、
友人は相場よりも安く(さらに分割で)手に入ったので
お互い満足いく取引でした。
私としても乗らないプレッシャーから解放され
更に父親にお金を多少は返せたので
安心しました。(その知人は名義変更や支払いなど
きちんと最後までやってくれました)

そんな感じで、私にとってバイクとは
少しホロ苦い思い出があるのですが、
機会があれば、また乗ってみたいと思ってるんです。

norerunaranoritai.JPG

一番憧れるのはBMWです!
ただし、私の持ってる免許では乗れないので
あらたに教習所に通う必要がありますが(笑)
昔はハーレーに憧れたけど、今は断然BMWですね。

ちなみに私の会社の取引先の社長は外車数台、
バイクもBMWで5台とか持ってるんですが、
その社長いわく、ハーレーなんて玩具みたいなものだ、
との事。ただしBMWのバイクは本当に素晴らしい、
との事だそうです(笑)

maakoregaiikana.JPG

現実的に考えると、ヤマハのSRなんかが
良さそうですね。
400CCだから、お金さえあれば買って
すぐ乗れる!!(笑)

oredemonorerunannte.JPG

調べてみたら、憧れのドゥカティでも
400CCのバイクがあるみたいなんですよ。
ドゥカティなんてフェラーリみたいなもんです。
これにも乗れるなんて!(笑)

あ~、バイク欲しくなってきました(笑)

ただ、秋~冬は乗らないんだよな・・・。
春夏だけ乗るようなリース契約とか
出来ないですかね?(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント