「古本マニア雑学ノート」という本の紹介です

著者は御存知の 唐沢俊一さんです。 唐沢さんのこの手の古本だったり、 いわゆるトンデモ本の類は 過去にたくさん読んでて 内容的には、だいたいどれも同じですが どれも面白いですね。 この本も非常に面白かったです。 古本めぐりの散策に関しては 私のブックオフ散策と同じなんですが やはり古本の聖地である神田…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

回り続ける運命の輪

この世界における様々な場面を 描いているタロットカードですが、 まったく想像つかないというか、 オリジナル色が強すぎるカードとして 「運命の輪」があげられます。 死神とか悪魔とか、たしかにこの世には 存在しないけど、「描いてみた」としたら 意外に似たようなモノが描けるかも しれません。タロットカードを全く知ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻雀以外にも参考になる「Aクラス麻雀」

麻雀の実戦的教本として あまりに有名で古典ともいえるほどの 傑作である、「Aクラス麻雀」です。 著者は阿佐田哲也先生でして 私は昔持ってたのですが紛失し、 先日、ブックオフで見かけたので 再度買いなおしました。 何度も版を重ねてるので今でも 普通に買えると思います。 「基本的な十章」 「手作りの為の十章」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今度は「KORG DS-10 PLUS」です

まあ、いわゆる「引き寄せ」ですかね・・・? なんて言って、単純にブックオフで見つけて 買っただけなんですが(笑) 任天堂KORG DSN-12で遊んでる私ですが、 それより前のソフトである、 DS-10の公式ガイドブックを見つけたんで 買ってきました。 私の持ってる「12」は、アナログシンセサイザーが 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「血だるま」の引き寄せです

先日紹介した、平田弘史先生の漫画ですが 更にとんでもない作品を見つけました。 「血だるま剣法・おのれらに告ぐ」です。 購入先は、某ブックオフですが この店は最近、妙にサブカル臭が 漂うようになってきました。 根本敬先生の「怪人無礼講ララバイ」が 売ってたり、「世紀末倶楽部」の4号が ビニールパックされず、立ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ヒストリエ」の11巻です

いや~、待望に次ぐ待望の ヒストリエの11巻です。 前の10巻が発売したのが 2017年3月ですから2年4ヶ月ぶり(笑) とにかく待たされても文句がいえない ぐらいの内容です。 これは今に始まった事ではないですが(笑) とにかく練りに練ったストーリー、 氷のように冷たい(笑)表情などなど、 相変わらず素…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村長就任1周年です!

朝、出掛けに秘書のしずえさんが自宅の 玄関脇にいまして声をかけられました。 あ~、マズイ・・・、イベントだ~、 なんて思いまして、とりあえずリセット(笑) 夜に帰宅してから、じっくりと記念イベントを 堪能する事にします。 自分でも偉いというか、信じられないというか、 昨年の7月25日に、ゲームを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

権力者か?母性の象徴か?

タロットカードの「女帝」です。 様々な解釈ができますが、 「女帝」という言葉のイメージからすると 権力者というか、バリバリ働く やり手の女性経営者なんかを 連想しますが、ウェイト版の図柄は 優しく母性愛に満ちた感じですね。 タロットカードの面白いところで 同じ女帝のカードでも、その時の 見え方によって、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バレットジャーナル考察⑩ ~ほぼ日手帳がベスト!?~

バレットジャーナルに関する考察を 何度も重ねてきましたが、 今回の10回をもって、とりあえず 一区切りつけたいと思います。 個人的には、バレットジャーナルを 始めてみたいな、なんて思います。 何よりも魅力的で使ってみたいノートが たくさんありますからね。 それが一番大きな理由でもあります(笑) 前回の記…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Negiccoのアルバムを手に入れました

Negicco(ねぎっこ)のファーストアルバムが ブックオフにて500円で売ってたので 少し迷いつつも購入しました。 2013年に発売したもので 結成(2003年)から10年目にして 初のオリジナルフルアルバムを 発売したと、結構話題になったものです。 新潟の御当地アイドルが 全国的な知名度がありつつも 基…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「木嶋佳苗 100日裁判傍聴記」という本の紹介です

たしか以前にも、この文庫本の 元ネタというか文庫化される前の 本を読んだ覚えがあったのですが、 内容をほとんど忘れていたので 新鮮に読めました。 非常に面白かったです。 木嶋佳苗のアイコンは、あまりに 有名なんで、ついつい冒頭に 掲載してしまいましたが、 文庫本はこちらです(笑) いや~、それ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「アウトロー臨終図鑑」という本の紹介です

著者はアウトロー系のサブカル本を 数多く出している山平重樹さんです。 革命家、プロ選手、芸能人、映画人、 作家、政治家、右翼、極道などなど 有名アウトローたちの生き様と 死に様をまとめており、 登場するのは71人! さすがに多すぎでして、内容は かなりはしょっております(笑) もともとアウトローに惹かれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「トキワ荘 青春物語」という本の紹介です

久々に、いい本を見つけました。 ブックオフの漫画文庫コーナーにて発見。 500円と高値でしたが、迷わず確保しました。 トキワ荘に関連した手塚治虫先生と13人の 漫画家たちの、トキワ荘への想いを綴った 漫画と、当時の作品がおさめられております。 今現在、簡単に入手できるものは 新書の「トキワ荘物語」で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

江ノ電らしさにあふれています

警察署作成看板とは 思えないぐらいセンスいいですね! それにしても、写真ってイイものだな、 なんて今更ながら感じました。 たまたま、パソコン上の画像フォルダを 整理してた時に、以前撮った写真が 出てきたのですが、見た瞬間に その時の記憶が鮮明に蘇ってきましたよ。 また、鎌倉男子会開催したいですな~(し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

純白は清純さの象徴であります

先日購入しましたカモワンタロットです。 相変わらず、私は占いよりもカード眺めて 遊んでるほうが好きなんですよね(笑) 楽しみ方は人それぞれです。 本格的に占いするもよし、カード眺めてる だけでもよし、とりあえず手元に置いておく だけでもよし(笑) さて、冒頭のは「女教皇」です。 タロットカードにおいて、2番の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「旅するカメラ」3部作コンプリートしたつもりだったが・・・・

エイ出版の写真関係本と馴染みの深い 渡部さとるさんの「旅するカメラ」。 いわゆるエイ文庫でして、1と2は初期に 手に入れたけど、3がなかなか見つからず 気長に探してたところ先日ようやく発見し、 コンプリートとなりました。 渡部さんの文章は、とても読みやすく 写真も素敵なものばかり。 カメラに関してもフィルム機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あらためてブログの強制リニューアルに関する戯言

このブログはビッグローブのウェブリブログを 利用していますが、強制的なリニューアル変更を 余儀なくされ2週間ほど経過しました。 今までのスタイルから、よりスマートフォンでの ブログ運用(それと閲覧)を想定したうえでの 強権発動といったところであります。 多くのユーザーを悲観させ失望させた愚行とも よべるリニュー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

紙ジャケ専用のカバーを買いました

紙ジャケCDって、昔は好きではなかったです。 プラケースは並べて管理しやすいけど 紙ジャケだと頭が出て見栄えがよくない ですからね。 それと紙ジャケというぐらいですので 紙がこすれたりして傷みやすいのも 難点であります。 ただ、最近なぜか紙ジャケに凝りだしており、 キレイに保管しいと思っておりました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「封印作品の闇」という本の紹介です

私は過去に再放送できないテレビ番組とか 再出版できないマンガとか小説とか 消されたマンガ家とか、とにかくたくさん 読んでるので、この本も以前に読んだか 読んでないか思い出せないのですが(笑) とりあえず、初めて読んだ気分で楽しめました。 傑作なのに、再販とか再放送できない 作品というものは非常に多いです。 昔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バレットジャーナル考察⑨ ~どうしても違和感を覚える部分~

いろいろとバレットジャーナルについての 考察を勝手に重ねてきましたが、 私自身、どうしても違和感を覚える部分というか、 素直に移行できないところとして、 「フューチャーログ」なるページがあります。 まあ、書き方はいろいろあるし、 それを細かく検証はしませんが、 ようはこのページというのは将来の予定を 記入する…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

藤田晋社長の本は面白い!!

御存知、サイバーエージェントの社長である、 藤田晋さんの本2冊です。 「渋谷で働く社長の告白(新装版)」 「起業家」 この2冊でして、 渋谷~のほうが約10年前、 起業家が5年前に発売したもの。 何を今更・・・、なんて思うでしょうが なんとなく「引き寄せ」を感じて 購入しました。 とても読みやすく、面…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ついに正式に「狂気」を手に入れました!

今更説明の必要がないぐらい、 超有名作品であり、天文学的な セールスを記録したピンク・フロイドの 「狂気」です。 マイケル・ジャクソンの「スリラー」の次だか 3番目だかっていうぐらい売れまくった 傑作であります。 売れに売れた理由もわかります。 私自身、今回で「狂気」を買うのは 3回目です(笑) 一番最初…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

浅野いにお先生の「零落」です

いつものブックオフにて確保しました。 450円とかで売ってて、買おうかな~、 なんて思いつつ、100円コーナーを 覗いたら、こちらでも売ってて、 迷わず100円のほうを購入(笑)。 とくに汚れてたりしてたわけではないけど、 とりあえず安く買えて良かったです。 「零落」とはそのまま「れいらく」と よみます。「落…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カモワンタロットがやってきました!

いや~、首を長くして 待っておりました。 アレハンドロ・ホドロフスキー監督の書いた カモワンタロットの重厚な解説書と セットで購入したのですが、 カードのほうは最安値のイギリスのショップを チョイスしたため、配送は2週間以上 かかる予定との事でした。 そうはいっても1週間ぐらいで届くと思ってたら 本当に2週…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グレースシリーズの家具をコンプリートしました

自宅の地下1階を来客用の部屋というか、 いわゆるゲストルームのようなものに してみました。 イメージは高級ホテルであります。 というか、室内が暗いですね(笑) ベッド脇のライトをつけると なかなか雰囲気がよくて好きなんですが これでも暗いか・・・。 室内の灯りをつけて ようやくご覧いただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バレットジャーナル考察⑧ ~インデックスは便利~

バレットジャーナルにおいて、 ノートの最初のほうのページを インデックスページとする事を 提唱しています。 まあ、これはバレットジャーナルに限らず、 よくある手帳&ノート術なのですが。 私は見本でモレスキンのポケットサイズで 1ページ1行で書き込んでみましたが だいたい20行なんで20ページの 項目を書き出…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

天皇陛下の漫画2冊です

各方面で大絶賛されてる、「昭和天皇物語」 ですが、待望の4巻が発売されたので 購入しました。 作者の能條純一先生といえば、やはり 「哭きの竜」ですが、ひょっとしたらこの 「昭和天皇物語」が代表作になるかもしれませんね。 大ベテランなのに、ますます画が上手くなるというのは 凄いですね。池上遼一先生と通じるものがありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あまりに酷いリニューアルについて

いつも海cafe2をご覧いただき、 ありがとうございます。 毎日訪れてる方はわかると思いますが、 ブログのデザインというかレイアウトが リニューアルされております。 まあ、記事を見るだけなら それほど大きな変化はないのでしょうが、 記事を作成する私たちにとっては 正直なところ驚きというか 悲しみしかないぐらい酷…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

少しずつKORG DSN-12を勉強しています

任天堂3DSソフトの「KORG DSN-12」で 毎日ちょくちょく遊んでます。 実際毎日遊んでるとはいえ、5~10分ほどで 飽きてしまって、すぐに他のソフトで 遊んだりしてしまうのですが(笑) 正直なところ、アナログシンセサイザーが 12台も詰まってるこのソフトは私のレベルでは 全くといっていいほど使い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more