ペーパーバックってなんかカッコいいですよね

画像


ペーパーバックというのは
ハードカバーのいわゆる単行本と違って
表紙がついてないというか本自体が
簡素な造りでして、日本では洋書の
文庫本みたいなものを指したりします。

大きさ的には新書サイズというやつですね。
この大きさの推理小説なんかも
たくさんありますよね。

今回、ブックオフで手に入れたのは
「あなたに不利な証拠として」という本で、
過去に文庫本で読んであります。

  ・過去記事はこちら

とんでもないぐらいの傑作でして
2018年の私的読書ランキングの1位を
とった作品です。

画像


260円とお手頃価格でした。
少し粗悪っぽい紙質がそれはそれで
なかなか雰囲気があってイイですよね。
とく外人さんがパンツの後ろポケットから
ペーパーバックを取り出して電車内で
読んでたりする光景は、なんかカッコよく
見えます(笑)
読み終わったら、そのままゴミ箱に
捨ててしまう感じ。

画像


最近、読むだけでなく気に入った作品は
バージョン違いで手に入れるように
なってきました。
いわゆる所有欲を満たす、というやつなんですが。
ただ、この本は傑作なんで、ペーパーバック版にて
早速再読しようと思っております。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック