海cafe2

アクセスカウンタ

zoom RSS 池上遼一先生の「信長」です

<<   作成日時 : 2019/01/09 21:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


昭和の絵師が上村一夫先生なら
昭和から平成の絵師は池上遼一先生でしょうな。

この「信長」は「男組」や「クライングフリーマン」
の後の作品で、「サンクチュアリ」の前ぐらいに
位置しています。
私自身はサンクチュアリから本格的に
池上先生のファンでして、それより前は
あまり把握はしておりませんでした。

絵に関しては、普通は人気が出て売れるに
したがい、下手になるそうです。
下手という表現が適切ではないかもしれませんが、
ようは手抜きをするようになる。
池上先生はその逆で、どんどん上手くなる(笑)
この「信長」は若干荒削りな部分があるけど、
池上キャラの原型はしっかり確認できます。

もともと何度かブックオフで立ち読みとかしてて
「買おうかな〜」なんて何度も思いましたが
そのつど思いとどまってました。
理由は明確でして、信長の顔がいまいち好きに
なれなかったのです。
私の思い描く信長と池上先生の信長では
少し違和感を感じていたのですよ。

ところが先日、近所のブックオフに
文庫本が全巻いきなり並んでまして
最終巻の5巻を初めて見てみたら、
「お〜!!これこそ信長だ〜!」なんて
感激しました。
巻を重ねるごとに、池上先生は更に
上手くなってたわけですな(笑)

1冊だけ260円でしたが、他は108円なんで
全巻購入でも700円でお釣りがきました。
嬉しいものであります。

まだ読み始めたばかりですが、さすが池上先生です。
ぐいぐい引き込まれます。
原作はパイナップルARMYなどでおなじみの
工藤かずや先生です。工藤先生は
ゴルゴ13の脚本なんかでも活躍されてましたね。

日本の歴史上で抜群の人気と知名度をほこる織田信長。
実際はあらゆる面で徳川家康のほうが勝ってるとは思います。
世界でもトップクラスの平和で巨大な都市である「江戸」を
作ったのですから。
200年も平和で大繁栄した国なんてありませんから。
その基礎を作った徳川家康は、めったに現れない
英雄なんだけど、やはり信長に惹かれますね。
最終的には悲劇のヒーロー、という部分も
人気のある証拠です。

歴史好きの先輩社員(もう定年退職してる)と
以前に信長について喋っていた時に
その先輩社員が、「信長が死なずに、天下人として
織田幕府を作ってたら日本の歴史は大きく変わってるかも
しれないね。今頃ヨーロッパなんて
全部日本かもしれないよ」との事(笑)

漫画のラストでも、信長が天下統一し
そのまま日本を統治してたら300年早く
近代化してた事は確実である、なんて
描かれてました。

先輩社員との会話に戻しますが、
「じゃあ、今頃世界の半分は日本ですね」と言ったら、
「でも日本自体が無くなってたかもしれない。
徳川幕府があったから、2度の世界大戦があって
おまけに2度目に負けたからこそ、今の日本が
あるとも言える。だから歴史って面白いんだよね」との事。
本当に、その通りですな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
池上遼一先生の「信長」です 海cafe2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる