「どうぶつ しょうぎ」を手に入れました

画像


以前から気になってたものを
ようやく手に入れる事ができました。
「どうぶつ しょうぎ」というものです。

画像


子供たちに楽しく将棋に接して
もらえるように、将棋のルールを
簡素化して、子供でも楽しめるように
女性の棋士の方たちが考案した
ものです。

1年以上前に、ブックオフで見つけて
帰宅して、カミさんや娘に話したら
「遊んでみたい!」という事だったので
それなら次に行った時に買って帰るよ、
なんて話をしてて、次回に来店したら
売れてしまったようで影も形も無くなっており、
がっくりと肩を落として帰宅したのです。

アマゾンとかだと結構高くて、
わざわざ高く買うのもな、なんて
思ってたうちに忘れてたんですよね(笑)
先日、また別のブックオフで900円ぐらいと
お安く販売しており、めでたくお買い上げです。

画像


盤面は4×3マスの12マスしかありません。
先手と後手を決め、空チームと森チームに分かれます。

画像


コマは木製で可愛らしいですね。
ライオン、ゾウ、キリン、ヒヨコでして
ライオンが王様。ゾウが角、キリンが飛車の
ような感じです。ヒヨコは歩ですね。
1マスずつしか進む事が出来ず、
ライオンは全部に進める。
ゾウは斜め、キリンは上下左右1マスのみ。
ヒヨコは歩と同じで前に1マスしか進めません。

画像


ただ、本家の将棋と同様に
相手のエリア(空か森)に入ったら
金のように成る事ができます。
ヒヨコからニワトリに成長するのが
子供でも理解しやすいですね。
進める場所も斜め後ろ以外はOKです。

画像


将棋同様に王であるライオンを詰めば
勝ちです。
とったコマは自分の番で使えます。
ただ独自ルールとして、
相手のエリア(一番先の部分)まで
自分の王(ライオン)が進めば、
それも勝ちになります。
ライオンを詰んだ時は「キャッチ」。
自分のライオンが相手のエリアまで
進めたら「トライ」です。
このキャッチとトライの2通りの勝ち方が
ある事で単純なゲームに見えますが
非常に奥深くなります。

また、実際の将棋では禁じ手である
「二歩」とか「打ち歩詰め」は、このゲームでは
OKとなります。

実際に娘と早速始めましたが、当然ながら
私の圧勝であり、娘はさすがに泣きはしないけど
完全に不機嫌になってしまいました(笑)
ただ、私の凡ミスで、いつのまにか
娘が「トライ」する事もあったのです。
手加減とかしておらず、やってるうちに
「あれっ!?これって俺の負けじゃん・・・」なんて
気がつく事がありました。

画像


本家の将棋に関しては
私は駒の動かし方程度しか知らないレベルです。
大学時代、そこそこ将棋の好きな友人と
対戦した(テレビゲームで)事があるのですが
忘れもせず、37手で負けました。
友人いわく、こんなに早く勝ったのは初めて、との事(笑)

娘は当然ながら将棋は一切知らない状態で
はじめたのですが、非常に面白い、との事です。
勝敗は5分とかからないのも魅力。
同じ場面(指し手)が3階連続したら、その時点で
引き分けです。

「こう動かしたら、パパはこうくるから、それだと
負けちゃうんだよね」と、娘は言葉にしながら
考えておりました。
1手先、2手先などを考える力を養う意味でも
どうぶつしょうぎはイイですね。
これを機会に、本家の将棋とか楽しむように
なれば、私なんてすぐ勝てなくなるでしょうな(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

2019年01月30日 22:44
てっきりゲームソフトかと思ったらボードゲームだったのですね。お嬢さんとの対戦、楽しそう!
ワタシもこういう時間を娘と持てばよかったなー、創作童話ごっこばかりしてたからなあ…。
(^_^;

2019年01月31日 19:27
出ちゃっ太さん、どうもです。
創作童話ごっこもイイですね!
子供はそのような話を作るのが
大好きですからね。
我が家も、娘の作った物語(3人兄弟の
日常生活)が大河ドラマ並みに
長編で、お風呂の中でいつも話を
聞かされています(笑)

この記事へのトラックバック