英和辞典が欲しくなりました

画像


以前に入手した、ビートルズのタロットカードです。

個人製作のようなものですが
正規品と見間違えてしまうぐらいの
出来栄えで、所有欲も満たしてくれるので
大満足な逸品です。

画像


オールカラーの分厚い専用の
解説書が付属してます。
当然ながら全て英語です(笑)

なんとなく眺めてみると、
ビートルズの歴史とタロットカードの
カード1枚ずつの解説を
ミックスするかたちで書かれています。
とくにこのビートルズのタロットカードは
当然ながらオリジナルカードなので
このカードに描かれてるのは
何を意味してるか、ましてや題材が
ビートルズだから、それにあわせた説明も
しなければいけません。

リンゴスターは、頭の上にアンテナのように
ドラムスティックを1本立てています。

こんな感じで書かれてまして、
この程度なら私でもなんとなくわかりますが、
そこから踏み込んでいくと無理(笑)

まあ、1割ぐらいしか単語はわかりませんが
知ってる単語と知ってる単語を結びつけ、
知らない単語は、「おそらくこんな意味かな?」
なんて感じで勝手に判断して読んでます。
私自身、ビートルズとタロットカードのそれぞれに
多少の知識があるから、読めるのかも
しれません。

それでも、さっぱりな部分は出てくるから、
結局パソコンで検索したりしてるのですが
それはそれで面倒です。
スマホの辞書アプリは論外。
画面が小さいし押しづらいから
使う気になれません。

ちなみにA5サイズで約190ページ。
写真も多いから文章だけだと
150ページぐらいですが
専門の方に翻訳してもらうと
いくらぐらいかかるのですかね?
このような翻訳料って、当然ながら
文字数とリンクするので、単純に
文字数(もしくはページ数)で金額は
いくらってなってるのでしょうか?
それと翻訳する題材が一般的ではない
専門分野になるので、それなりの知識が
求められますよね。とくにタロットに関しては
もともとタロットについての教養がないと
訳が意味不明なものになりそうです。

だから完璧なものでなくて、5割ぐらい
なんとなく流れがつかめる程度の翻訳、
みたいな依頼でもいいかもしれませんね。

まあ、翻訳家に依頼するのはさておき、
英和辞典があればいいな、
なんて漠然と考えてました。
英和辞典はブックオフにたくさん売ってるけど
今だと電子辞書かな?と思いました。
私が学生の頃は、重い辞書をカバンの中に
入れて通ってましたが、今は電子辞書
なんですよね。それかスマホか?
そのうち全てタブレット端末に集約されて
先生からのお知らせや課題なんかは毎日
配信されてくるので、学校に通うのは
週に1回だけとか(笑)

いい電子辞書ないかな?
なんて感じで調べてたら、いつもの流れなんですが・・・・



私の持ってる任天堂3DSを電子辞書に
してしまえばいいのです。
早速、ブックオフでソフトを探してみます!

というか、もう確保しましたので
次回記事で紹介いたします(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック