家の広さというのは難しいものであります

画像


駅とかで、よく配ってるマンションの
チラシをもらってきました。
ポケットティッシュが一緒についてるから
重宝しますが、私はこのようなチラシを見るのが
好きなので、じっくり読んでみました。

「80㎡以上の広さ」というものを
売り文句にしています。

たしかに一般的なマンション、
いわゆる庶民が普通に買うマンションの
広さって、だいたい3LDKでして、
広さは65㎡~80㎡弱といったところ。
だいたい70㎡ぐらいが
多いのではないでしょうか?
我が家は75㎡でして、3人家族だと
ちょうど良い広さとはいえ、もう少し
広ければな、なんて思う事もあります。
ただ、スモールハウスブームというのが
ありまして、55㎡ぐらいに家族4人で
暮らしたり、なんてケースもあります。

そんな中で、私の家の最寄り駅である新越谷から
準急だと隣、各駅なら4つ隣(東京寄り)の
草加駅徒歩9分と恵まれた立地に
70世帯ほどの小型マンションが建つ予定なのですが、
一番狭い住居で75㎡、平均で80㎡以上の
広い住居がメインのようです。

画像


このプランだと、85㎡の3LDK。
リビングは19帖と広々です。

画像


夫婦二人暮らしから、子供が産まれて四人家族に
なった場合も対応できる、との事です。

このプランのメインは、やはり19帖の広々とした
リビングですが、今後家族が増えていっても
充分対応可能といっても、よくよくみると
少し不安が出てきます。

画像


まず夫婦の寝室として6.5帖が割り当て
られてますが、このサイズは一戸建てではなく
マンションサイズというもので考えなければ
いけません。
詳しくはわかりませんが、よく見積もっても
通常の90%ぐらいで考えておいたほうが
良さそうです。
この夫婦の寝室も、実際は6帖弱です。

画像


長女の部屋として洋室5.5帖となってますが、
この5.5帖は現在の私の書斎と同じ
広さです。この部屋は、正直なところ
机とベッド置いたら、ほぼ一杯に
なってしまいます。それぐらい狭いです。
解決方法としたら、
2段ベットで下段に机が組み込んだタイプで
空間を縦に有効活用するパターンですね。
子供なら楽しいですが、大人ではかなり
無理がありそうです。
一番簡単なのは、ベッドをやめて布団を
ひいて寝るようにする事ですね。

画像


長男3.7帖って可哀想だろ!!って
ツッコミたくなりますね(笑)
実質3帖ですよ。
これは、姉と弟で1部屋で2段ベッドで
生活してて、「自分ひとりの部屋が欲しいよ~」
なんてずっと言ってて、それならこの部屋を
自分の部屋にする?ってなったら、弟は
「ヤッター!!」って大喜びするでしょうが
いきなりは厳しすぎますよ。

まあ、この3帖に、東京に出てきたばかりの
藤子不二雄の両先生は下宿してたわけだから
頭が下がりますが(笑)

私の住んでるマンションは、建ってからもうすぐ10年に
なりますが、入居者は結構入れ替わってます。
多いのは、子供が二人いる御家庭ですね。
子供が小さいうちはいいけど、中学生になる
あたりから、どうしても手狭になり、皆さん
一戸建てへ転居されていきます。

これはあくまでも私個人の私見ですが、
80㎡超で家族四人暮らしというのは
少し中途半端な感じですね。
100㎡以上の大型住居なら別ですが、
それなら一戸建てでしょう。
80㎡超で家族3人というのが
最も恵まれたパターンかもしれません。

ただマンション特有の管理のしやすさ、というのが
あります。
マンション住まいに慣れてしまうと、一戸建てに
住めなくなる、なんていう声も多いです。
駅に近く住環境が整ってるけど少し狭いマンションか、
少し駅からは離れるけど広々とした一戸建てか、
この悩みは永遠に尽きませんな(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック