贅沢は小出しでは意味がない

画像


めでたい事があった時に、ささやかながら
自分にご褒美、みたいな感じで
CDを1枚買う事にしました。
まあ、いつものブックオフなんですが(笑)

私の会社の仲のよい後輩の件です。
彼とは音楽フェス、ライブなどに一緒に
行ったり、レコード購入散策に出かけたりと
仲良くさせてもらってるのですが、
営業担当である彼の人事異動の噂が
出ていたのです。
名古屋か、大阪か九州か、とにかく
転居をともなう異動の噂があったのです。
まあ、これはあくまでも噂であり、
このような事は他の会社でもよくある事かと
思いますが。

ただ、彼が東京を離れたら、寂しくなるな、
なんて思っておりました。
できればあくまでも噂で終わればな、なんて。
そんな感じで人事異動の発表があり、
後輩は異動に絡まなかったので、一安心
したわけであります。
そんなわけで、まあ私が祝うのもおかしな話ですが、
記念に1枚買おうかと。もちろん私のです(笑)

冒頭の画像は、御存知ピンク・フロイドの
「原子心母」です。
天文学的なセールス記録を持つ、ピンク・フロイドの
なかでも名盤の一つであり、ロック史の中でも
傑作の評価を得ています。
私は恥ずかしながら、「狂気」しか持ってなく、聴いた事も
ないのですが、ピンク・フロイドの作品は
何枚かは所有したいな、なんて思ってました。
ただ、嘘偽りなくピンク・フロイドに関しては
ブックオフの中でも、「値崩れしないアーティスト」として
有名であります。
どんなに古い作品や状態が悪くても
一定の価格は維持するので、車でいうと
フェラーリみたいなものであります(笑)

500円以下のセール棚に並ぶ事はまずありません。
私が持ってる「狂気」は以前に奇跡的に
500円で見つけました。
今でも不思議な出来事です(笑)。

そんなピンク・フロイドで、次に欲しかったのが
「原子心母」でして、このブックオフ店舗では
2枚ありました。

画像


まずは輸入盤で税込み950円です。
しかし高いよな~(しみじみ)。

画像


もう1枚は紙ジャケのでして
当時のLPレコードを忠実に再現したもの。
税込み1950円と、新品で買うのと
たいして変わらないお値段です。
新品の定価は2700円で、2300円ぐらいで
出回っております。

冒頭のタイトル、
「贅沢は小出しでは意味がない」のです。

カイジの中に出てくる、大槻班長の
名言のようですが、やるときはドーンと
やらなければいけないのです。

画像


もちろん紙ジャケ買ってまいりました!!

それにしても、これは所有欲を
満たすアイテムですね。
LPレコードがそのまま小さくなった感じで
精巧な紙細工というか伝統工芸品のような
趣であります。
帯もいい雰囲気ですね~!
このまま付けたままで保管しようと思います。

画像


画像


日本語訳、解説のブックレットが付属します。

画像


画像


CDを入れるケースとかも
まるでLPレコードのようですね。
盤は当然ながらピクチャー仕様です。

それにしても
この「原子心母」は非常に印象的な
牛のジャケットもイイですが、
何より、「げんししんぼ」というネーミングの
勝利ですね。
原題は、「Atom Heart Mother」であり、
原子の人工心臓を埋め込んで生活している
母親の新聞記事を見つけ、その見出しから
つけられたそうです。

Atom(原子)
Heart(心)
Mother(母)

そのまま直訳しただけ(笑)
名づけたのはレコード会社の担当者で
その後複数のレコード会社のトップを
つとめられたそうです。

このネーミングに関しては
当時(というか今も)、賛否両論のようです。
良い邦題が思いつかず、時間がないから
とりあえず直訳でいいや!としたのか、
それとも考えに考えぬいて、最終的に
直訳にしたのかはわかりませんが、
私は「原子心母(げんししんぼ)」という
フレーズが好きであり、優れた邦題だと
思います。
だって、実際に私のようにタイトルに釣られて
買う人間がいるのですから(笑)

かんじんの音楽は、まだ聴いてないので
なんともいえません(笑)
ただ、とりあえず所有してるだけで
満足な逸品であります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック