久しぶりにTUGUMIを読んで涙する

画像


日本がノリにノッてた頃を象徴するかのような
1冊。吉本ばななさんの「TUGUMI(つぐみ)」です。

25年以上前、当時はリアルタイムで読みました。
まあ、これは私だけでなく普段本を読まない人も
手にとって読んだからこそ、あれだけ売れたの
でしょうな。村上春樹さんの「ノルウェイの森」
なんかも同様ですね。

以前、久しぶりにデビュー作「キッチン」を読んで
今更ながら再燃し、他に数冊確保してたのですが
積読状態のところ、先日ようやく読んでみた
わけであります。

それにしても、この愛らしい素敵な物語は
いい歳したおっさんである私の心を
鷲掴みしました。
この世界観にいつまでも浸っていたいと
思わせるぐらいです。
当時は「ブームだから読んでおこうか」
ぐらいの気持ちしかなく、たいして感動した
わけでもなく内容をほとんど忘れていたのですが、
あらためて読んでみて、これはブームに
踊らされたものではなく、優れた物語である事を
再認識しました。



映画は観てないけど、主役のつぐみを
演じたのは牧瀬里穂さんである事は
もちろん知ってますし、本を読んでる時は
脳内で牧瀬里穂さんを再現しておりました。
私の世代では、彼女は特別な存在ですね。
3Mとか呼ばれてたけど、個人的には
別格でした。
この映画も観てみたいな~(しみじみ)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック