海cafe2

アクセスカウンタ

zoom RSS 「世界は数字でできている」という本の紹介です

<<   作成日時 : 2018/11/05 22:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


著者は野口悠紀雄先生です。

野口先生の本は、どれも読みやすく
非常に面白いです。
もともとの出会いは、当然ながら
「超 整理法」ですが、その後の本は
どれも面白い。ハズレはありません。

数字に強い、弱いというのがありまして
とくに仕事をしてればイヤでも関わってくる
事ですが、仕事以外にも数字は溢れてまして
この本のタイトルどおり、世界は数字で
できていると実感します。

本の中ではあらゆるジャンルの中から
様々な事例をとりあげ、それを数字を使って
解き明かしております。
なんとなくイメージしてたものが具体的な
数字を例に挙げられると驚く事ばかり。
また、細かい数字に囚われすぎず
全体観をつかむのが大切とも
語られてます。

私の会社を例にあげますと、私の会社は
アパレル小売業なんですが、店舗に行って
店長と会話とかしてる時に、
「あ〜、この店長は数字に強いな」とか
思うケースがあります。
強いというか慣れてるな、と感じる時があります。

(例)

海 「隣のA店って年間どれぐらい売るの?」

この質問に対し、だいたいの数字をパッと答えられるほうが
素晴らしいですが、それよりも数字に強い店長だと、

店長 「うちの店の半分ぐらいの売上なんで、うちが年間で
     1億だから、だいたい5000万ぐらいですね」

このように答える店長は数字に強いというか
全体観というのをわかってるな、なんて思います。
丸暗記するのではなく、A店はうちの半分、B店は
うちよりも1.5倍ぐらい売る、とか普段の売上から
イメージを作って、年間だとこれぐらいだろうな、
なんていうのがすぐに出てきます。

そんな感じで、だいたいの感覚というものを
つかむだけでいいのです。

私が入社した頃に、当時の上司に、
「4月の売上を10倍にしたら、1年間の売上」と
教わりました。
これは私の会社での話ですが、大きくは数字は
ブレません。

また、「今週は全体で6億の商品投入があります」と
連絡した時、1店舗にどれぐらいダンボール箱が
入荷するのかな?なんて時に、今300店舗あるから
1店舗あたり200万。1点あたり、仮に3000円だとすると
点数で650点ぐらい。ダンボール1箱に50点商品が入るとしたら
13箱、みたいな感じで、ポンポンと進めていける人も
いれば、「6億〜!?」みたいに、その時点で思考が
停止してしまったりする人も(笑)

この本では、古今東西あらゆる数字にまつわる
エピソードが満載しており、いつもながらの脱線記事や
ジョーク集なども多く、堅苦しくなく楽しめます。

個人的に好きなのは
「マジカルナンバー7」というもの。
1週間を7日にしたのは、7ぐらいまでは
個別に認識できるからであり、それ以上になると
難しくなるそうです。
考えてみれば、世界七不思議とか七福神、
春の七草、七味唐辛子など7つぐらいにまとめた
ものは非常に多いですね。
「七人の侍」であり、それを模倣した「荒野の七人」など。
ただ野口先生は、「荒野の七人」は誰だったっけ?と
思い出せなくなるそうで、「七人の侍」は明確に
思い出せるのは、黒澤明の力量だと断言してます(笑)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「世界は数字でできている」という本の紹介です 海cafe2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる