カメラは心躍るモノなのです

画像


カメラ業界において、そのブランド力の
頂点に輝くのは、東の横綱がライカなら、
西の横綱はカール・ツァイスでしょう。

スラッシュメタルでいえば、メタリカに
対してのメガデスのようなもの。
それならハッセルブラッドはスレイヤーか?(笑)

そんなカール・ツァイスより、
ZX1という、フルサイズセンサーを積んだ
コンパクト(?)カメラが発表されました。

詳細については、私の駄ブログで語るのは
おこがましく、各種サイトで確認して
いただきたいのですが、
圧倒的なのは、そのデザインであります。

画像


これはライカもそうだし
アップル製品なんかにも共通してるんだけど、
まず始めに「こんな形にしたい!!」というのが
あって、そのデザインを現実化させるためには
妥協がないというか、実現しない可能性が
ある場合は、それを阻害する機能を省いて
しまったり、とにかく徹底してるんですよ。

間違いなく、「触ってみたい!!」と誰もが思うし、
触ったら当然ながら、「撮ってみたい!!」となる(笑)

それにカメラって、別に撮らなくていいというか、
持って触ってるだけで楽しいのですよね。

久々に、惚れ惚れするような工業製品です。
お値段は最低でも50万ぐらいするのでしょうか?
50万に相応しいカメラだとは思いますね。
買えるかどうかは別として(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2018年10月05日 09:55
おー!!これは!
最近めっきりカメラ業界をのぞいていなかったのですが、思わずガン見してしまいました!いまNikonにツァイスの50mm載せてるんですが、このコンビが使い易くて写りも好みでもはや体の一部と化しています。
何よりツァイスというブランドに心躍るというか…。満たしてくれるものがありますね。←結局ブランドもの好きなわたし!?

しかしこのコンパクトカメラののデザインがツァイスっぽい!!
2018年10月05日 20:39
hiroさん、どうもです。
もちろん、ツァイスの青いロゴだけで
充分なんですが、個人的には漆黒の
ボディに映える、イエローの目盛りに
やられてしまいました(笑)
マニュアルフォーカスで撮ったり
するのも良さそうですね。
本気で欲しいです!(笑)

この記事へのトラックバック