海cafe2

アクセスカウンタ

zoom RSS 新しいニューバランスを手に入れました!

<<   作成日時 : 2018/09/30 18:02   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


昨日からの続きです。

仕事帰りに、ニューバランス原宿店に
立ち寄ってきました。
この店は、たしか国内直営店の中でも
フラグシップに位置づけられているはずです。
もともとニューバランス一択でしたので
どうせ買うなら直営旗艦店舗というわけです。

画像


閉店が20時でして私が訪れた時は
閉店30分前でしたが、若いイケメン店員さんは
丁寧な接客をしてくれました。
希望を伝え、いくつかのモデルの特徴などを聞き、
フィッティングもしっかりおこない、
満足のいく買い物が出来ました。

画像


画像


それでは紹介の前に、
それに至る経緯ですが、
もともとニューバランスの1400番の
後継モデルを希望していた私は
他に気になるモデルがなければ
同じ1400番をまた買おうと思っておりました。

また同じモノを買うのも面白味がないとはいえ、
やはり1400番の履き心地は外す事が
出来なかったのです。
そしてグレーのカラーも絶対譲れないところです。
スニーカーのグレーって、本当にどんな服にも
合わせやすいんですよね。

ですから、とりあえず1400番を見てたら店員さんが、
「御存知かもしれませんが、この1400番は
9月30日をもって廃番になってしまうんですよ」との事。
それなら尚更1400番にしようか?なんて思ったけど、
サイズは27.5以上しか残ってなかったんです。
私のサイズは26.5〜27.0ぐらいです。
さすがに27.5は無理です。
パトリックとかならOKですが、ニューバランスだと
厳しいですね。

画像


それなら1300番にしようか?
なんて思いましたが、画像を見れば
わかるとおり、グレーなんだけど、
若干ブルーがかっているというか。
Nのロゴもブルーで縁取られてるので
残念ながら私の欲しいグレーではありません。

さて、どうしたものかと思いましたが、
ここで「ダッドスニーカー」を思いつきました。
ダッドスニーカーの「ダッド」とは「ダディ」、
いわゆるお父さんの事でして、ようは
お父さんが履くような、ボリュームがあって
ちょっとダサいスニーカーというやつです。

画像


例をあげると、こんな感じのやつです(笑)

昨年だかに海外セレブから人気が出て
今年の春夏も好調で、秋冬もダッドスニーカーの
人気は落ちないようです。

画像


ハイブランドのバレンシアガとか
有名ですね。お値段は軽く10万とか
15万とかしますが(笑)
ちなみに似たようなタイプでダンロップ製だと
2980円とか3980円で購入できます(笑)

画像


ニューバランスの現行モデルの中で
ダッドスニーカーっぽいものを探したら
1700番が目にとまりました。
見た目はダサいけど、これこそダッドスニーカーです。
おまけに見た目に反して、クオリティは
ニューバランスの技術を結集して作られた
まさにフラグシップモデルであります。
羊の皮を被った狼みたいなスニーカーなので
かなり興味が沸きましたが、
よくよく考えると、若いイケメンやギャルが
お父さんみたいなスニーカー、いわゆる
ダッドスニーカーを履くのはカッコいいけど、
もともとお父さんの私がお父さんのスニーカーを
履くという事は、そのまんまじゃねーか!
という事に気づいたわけです(笑)

画像


そんなわけで紆余曲折しましたが
ようやく紹介いたします。
私が購入したニューバランスは・・・・

画像


画像


996番であります!!!

いや〜、カッコいいです!!
1400番に似てるけど、少し細身で
スタイリッシュな印象を受けます。
グレーのカラーリングも細かい配色含め
私の理想型であります。

画像


画像


30周年記念モデルのような
感じです。
公式サイトの紹介文章をそのまま
のせてみます。


1000点満点中990点とニューバランス自らが広告をうったことで話題になった「M990」の後継として1988年に登場するや、その完成されたデザインと卓越した機能性で990シリーズの名声を不動にした「996」。

今日でも多くの愛好家を虜にする「996」の初代グレーのカラーリングを忠実に再現した30周年アニバーサリーモデルが誕生。

アッパーに使用しているグレースエードは、1988年当時の毛足や毛並みの風合いを再現するスエードを選出し採用。
糸の色の選択肢が少なく、一番近い色の糸で生産していた当時の雰囲気を再現する為、コントラストカラーのステッチングをアッパーにあえて採用。

踵部のロゴは、当時使用していたnew balanceのロゴをプリント、履き口のライニングには、当時と同様のシンセティックレザーを採用し、オリジナルの雰囲気を再現。

ディテールまで拘り、30年前当時の雰囲気を体感できる特別な1足に仕上がりました。



画像


画像


お値段は、非常に高かったです(笑)
自分のお小遣いで買うなら、かなり
悩む金額でした。
ランクを落としたモデルを購入した可能性は
充分ありますね。

今回、カミさんが買ってくれるという事で
このような高価なスニーカーを手に入れる事が
できました。
もともと購入にあたり事前に「金額の上限」とか
特に指定されていませんでしたからね(笑)

それにしても、いいスニーカーが手に入って
嬉しいです。大事にしつつも、ガンガンと
履きつぶしたいですね!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新しいニューバランスを手に入れました! 海cafe2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる