海cafe2

アクセスカウンタ

zoom RSS 「パチンコの掟」という本の紹介です

<<   作成日時 : 2018/07/19 19:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


1996年発刊なんでもう20年以上前の
本なのですが、面白そうなんで
買ってみました。
いわゆる「別冊宝島」シリーズの1冊です。
サブカル好きという私の性格は、この
「別冊宝島」からの影響は非常に大きいですね。

私自身、長年好きだったのだけど
やめれて本当に良かったよ思う事が2つありまして
1つは煙草です。完全に卒煙してからもう6〜7年
ぐらいたつかもしれませんね。
もう1つはパチンコです。正確にいうと私の場合は
パチスロですが。

18歳からパチンコを始め、すぐにパチスロに
移行して、なんだかんだで結婚する前だから
10年ぐらいは本当によくやってました。
とくに酷かったのは、やはり学生時代です。
バイト代は全てパチスロ代に消えてました(笑)
就職してからも、休みの日とかはやってました。
独身で独身寮だから安月給でも使えるお金は
結構あるので、結構注ぎ込んでましたね。
今考えてもバカだな〜、なんて思います。

結婚してからも、ちょくちょくやってましたが
使えるお金が限られてる事と何より
「勝ちたい!」という気分が薄れてきたんですよね。
昔はそれこそお財布の中のお金全部無くなるまで
パチスロやってました。
勝ってる時にやめればいいのにやめれず、
出てるメダル全て使い切ったりしてたのです。
でも、結婚してからは、勝ちたいというよりも
時間つぶしみたいな感じだったのです。
カミさんも働いてたから待ち合わせ時間までの
間のつなぎみたいでした。
時間がきたら勝ってたら即換金したし
負けてても、残ってるメダルを使い切らず
小額でも換金しました。

それにパチスロ屋ぐらいしか煙草を思いっきり
吸えるところがなかったのですよね。
パチスロが遊べる喫茶店ぐらいの
感覚でした。

その後、たまにやったりしたけど
一切行かなくなって、もう10年以上
たちますね。

自宅の近所のパチスロ屋にもイベントなど
ある日は、店の周りが長蛇の列になってます。
若い子が多いですが、そこそこの年齢の
方も並んでます。みんな好きなんですね〜(笑)
私自身、パチンコやパチスロ好きな方を
否定するつもりはまったくありません。
自分で決めたルールの中で楽しく遊ぶのは
いいものだと思います。それにたまに勝てるのだから
いい趣味だと思いますね。
それに最悪でも使ったお金しか負けないというのも
健全です。それは競馬なども同じですが。
外国為替とか商品取引相場とか投資した金額の
何十倍もの取引とかではないので(笑)

20年前の本ですが、いくつかためになる事が
書いてあるので紹介します。
とにかく、勝つ人というのは全体の3%ぐらいで
残りの97%の人は負けてる、という事(笑)
ただ、その3%の仲間に自分も入れるから
みんな勘違いしちゃうんですよね(笑)
私もパチスロではなくパチンコで1日で10万ぐらい
勝った時があります。
前日に深夜番組で合法的な攻略方法が紹介され
そのテクを試そうと友人と一緒に朝から打って
夕方ぐらいまで延々打って10万になりました。
店員さんたちは苦々しい思いだったでしょうね。
翌日からは、各ホールその台は閉鎖されて
しまいましたね。

パチスロでも7万ぐらい勝つ事はよくありましたが、
恐ろしいのは勝った時の記憶はいくつも
あるのに負けた時の記憶って消えてるんですよ(笑)
人間は自分の都合のいいように出来た生き物
なのですな〜(しみじみ)

やはり自分で決めたルールを守る事が大切です。
勝っても負けても1万まで、とか。
月に使えるお金は最大で5万まで、など。
5万超えたら、もうその月はパチンコやらない、
などの厳格なルールを決めて、その範囲内で
楽しむ事です。パチンコに限らず、他のギャンブルも
同じですね。

借金などは論外です。
パチンコをする為に借金する、パチンコで負けて
生活費が無くなったから借金する、どちらも
同じです。
負けて悔しい気持ちは私もよく解りますが
絶対にいけません。

私の義母もパチンコが好きです。
収支は間違いなく負けてると思いますが
楽しんで遊んでるからいいと思います。
パチンコ帰りに、よく我が家に寄ってくれるの
ですが、いつも飲み物とかお菓子とか
たくさんくれます。
勝ったわけではなく、玉が全部飲まれる前に
景品に交換しちゃうそうです。
小額の負けで席を立てる人が
実は一番強い人なのでは?なんて思いますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
別冊宝島は私も好きなムックでした。色々と凝って深く掘り下げた内容に、なかなか満足感がありました。今読んでも面白いものもありますよね!
私はその手の遊びはしないので、やや色眼鏡で見ているところがありました。
ところが行きつけの床屋さんが「儲けようと思うのが間違い。小遣いの範囲で遊んで、ぜんぶ負けたとしても、それはどんな趣味にもお金がかかるのと一緒」というのを聞いて、目からウロコが落ちる思いでした。

おなら出ちゃっ太
2018/07/20 18:54
出ちゃっ太さん、どうもです。
やはりギャンブルではなく
あくまでも「遊び」と考え、
軍資金を使い切っても、
「よく遊んだな〜」なんて感じで
席を立てるのが一番ですね。
たまに勝った時は、
「今日はツイてるな〜」なんて
感じで楽しむのがいいですね。
まあ、これが出来れば
みんな苦労しないのですが(笑)

2018/07/20 21:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「パチンコの掟」という本の紹介です 海cafe2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる