今更ながらのトレインスポッティング

画像


1996年(日本は1997年?)公開の
映画でして、世界中で大ヒットしました。
私は見た事がなかったのですが
なんとなくは知ってました。
印象的なポスターのデザインとか
これを使ったTシャツとか着てる人を
よく見かけたりしましたね。

先日、この映画の続編が、もうそろそろ
公開されるなんていうニュースを見まして
記憶してた矢先に、ブックオフにて
サントラを発見しました。

提供してるアーティストが「いかにも」な
人選ばっかりなのです。
とくに私が好きなニューオーダーとか
プライマル・スクリームとか入ってるから
とりあえず買ってみたのです。

まだ聴いてない状態で、会社にて仲の良い後輩に
トレインスポッティングの事を話したら

「あの映画は私の学生時代の青春そのものですね。
サントラも名盤ですよ~」との事。

「いや~、俺は恥ずかしながら映画自体は
見た事ないんだよね~」なんて言ったら、

「あ~、それは恥ずかしいですね~」 なんて(笑)

画像


無性に恥ずかしくなったので、
急いでDVD買ってきました。
iTunesでダウンロードしたかったのですが
2000円ぐらいします。
本当ならいつでもどこでもiPodで観たかったの
ですが、さすがにお値段が・・・。
レンタルという選択は最初から私の場合は
ありません。
結局ブックオフにて購入しました。
お値段は600円ほど。

画像


2時間近く、テレビの前に座ってられるか
心配しましたが、最後まで楽しめました。
非常に面白かったです。
ただ、私の今の年齢で観ると
やはり青臭さというか、スカした映像表現が
鼻につきます。
10代後半~20代前半の頃に観たら
間違いなくハマっていたでしょう。
役者たちは主演のユアン・マクレガーを中心に
ほぼ私と同世代ですので、余計に
感情移入できたと思います。

ただ、「こういうのカッコいいだろ!?」なんて
感じが要所で見え隠れしてしまうから
違う意味で赤面してしまう場合も(笑)

しかし、エンディング近くの一番の
ハイライトシーンでアンダーワールドの楽曲が
流れ始めた時は、不覚にも鳥肌が立って
しまいました。

20年ぶりの続編、公開したら是非観たいと
思います。
ちなみにトレインスポッティングという意味ですが
様々な説があるそうです。
一般的には、そのまんまの意味で
「鉄道マニア」とか「鉄道オタク」なんて感じですが
実際にイギリスの某所の鉄道操車場跡地が
ジャンキーたちの溜まり場になっており
そこに薬を手に入れるために訪れる連中の事を
バカにして、「鉄道オタク」なんて言うそうです。
非常に良いネーミングだと思います。
映画の中には鉄道は出てこないけど、
内容を一言で表現できるタイトルですな(笑)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • トレインスポッティングの別のサントラ購入

    Excerpt: 遅ればせながら観たトレインスポッティングが 非常に面白く、サントラを購入した事は 以前記事にしました。 (過去記事はこちらです) Weblog: 海cafe2 racked: 2017-04-24 23:01