【お悔やみ】 iPodが永眠いたしました

画像


【訃報連絡】

平成28年11月13日
 海cafe2読者の皆様

愛機が病気療養中の処 他界いたしましたので
以下ご報告申し上げます

死亡者氏名 年齢 iPod classic 160G 享年4歳
 
死亡日時 平成28年11月13日(日) 午前7時30分

続柄  愛機

通夜 平成28年11月13日(日) 午後6時より

葬儀告別式 平成28年11月14日(月)
              午後1時より2時まで

喪主  海(海cafe2管理人)

この度の葬儀は家族葬にて執り行いますので
ご厚志につきましては失礼ながらご辞退させて
いただきますが、どうしてもという場合は
やぶさかではございません(笑)

画像


先日、復活した記事を公開しましたが
実際はその後も何度も「やばいかも・・・」という
状態だったのです。
同期させるごとに音楽データが全て消えてしまい
復元、再同期を繰り返していたのです。

画像


画像


原因はよく解らないのですが
ケーブルがうまく入っておらず
認識できないような感じです。
そうなるとケーブル自体に問題があるのかもと
思い、会社で使ってるケーブルを持って帰ってきて
つなぎなおしたりしたのですが,
認識できる時とそうでない時があり
やはり根本的にiPodがおかしいようです。

画像


画像


昨夜、またしてもデータが全て消えてしまい、
何度も復元と再同期を繰り返したのですが
うまく同期できません。
9000曲近くあるうち、2500曲のみ同期したり
ジャケットが表示されなくなったり。
おまけにiPodの画面もノイズが目立つように
なったり、異音発生後にブチッというふうに
いきなり真っ暗になったり。

今夜が峠かもしれないな・・・・

そんな感じで明け方、看病疲れにより
倒れるように眠りについた私。
翌朝、再度試してダメだったら覚悟しなければ
いけないな、なんて思いました。

そして、ついに別れの時がやってきたのです。

私のところにやってきて4年以上になります。
手に入れた時点で恐竜というか化石のような
機種でしたが、音楽を楽しむうえで、これ以上の
プレーヤーはないと思っています。
まさに完成された逸品でした。
ただひたすら無念でありますが
別れはいつかくるものであります。
気持ちを切り替えていくしかないでしょう。

画像


いろいろ不満はありますが
やはり後継機種はiPodタッチしかありません。
他社製のプレーヤーでは、どうしても
iTunesとの同期に不安があるのです。
私の仲の良い社内の後輩はオンキョー製の
高級DAPで素敵な音楽ライフをおくっており
私自身、惹かれるところがあるのですが
なるべく面倒な作業を軽減したいので
どうしてもアップル製品の中から
選ばなければいけないのです。

画像


今朝亡くなって、もう新しい機種を選ぶというのも
なんですが、私の生活に音楽はかかせません。
電車通勤の大切なお供なのです。
今日にでも直接買いに行きたい気分ですが
喪に服す意味で、とりあえずアップルストアにて
オンライン上で決済しました。
もちろん刻印サービスも利用したので
届くのは5日後ぐらいです。
画像のように、ストア限定の赤いやつにしました。

いよいよ最後の別れであります。
iPod classic 160G 、今まで本当にありがとう!
安らかにお眠り下さい!(号泣)

この記事へのコメント

2016年11月13日 22:22
ご愁傷様です。
単純にSDにファイルをコピーして聴いているという原始的な環境とは違うので、なかなか面倒そうですね…

愛機を亡くして即後継機選びというのは、喪も開けないうちから後妻を迎える大店の旦那みたいですが、
「しかたがないんだ、店の切り盛りをする内儀も必要だし、子どももいるんだ。まだ五歳だし」
なんてね。

2016年11月14日 21:52
出ちゃっ太さん、どうもです。
後妻を迎えるたとえは面白い
ですね!
こういってはなんですが、
新しい機種は、ホントつなぎみたいな
ものです。つなぎにしては高額ですが(笑)
とにかくショックですよ。
いつまでも先妻の事が頭から離れない
ようでは、後妻も困るとは
思うんですけどね(笑)
2016年11月14日 23:57
離婚ではなく死に別れの先妻は忘れがたくて、後妻は苦労するといいますからね(笑い)
「こんなのいらん、ハードオフにに売っぱらってやる!」が離婚に相当する。
2016年11月15日 00:16
出ちゃっ太さん、どうもです。
後妻のほうが間違いなくキレイで
サクサク動き、様々な事ができるのは
わかっているのですが、やはり純粋に
音楽に特化した先妻の健気な姿が
目に焼きついてまして・・・(涙)
普通は新しいデジタル製品買い換える時は
わくわくするはずなのに、出るのは
ため息ばかりであります(笑)

この記事へのトラックバック