さよならカイジ

画像


仕事帰りに立ち寄った本屋で
カイジの最新刊が発売されている事に
気づきました。
手にとってはみたものの・・・・

「ごめん・・・、もう許してくれ・・・」

なんてつぶやきつつ、そのまま戻して
本屋をあとにしました。

画像


帰宅後、本棚の整理。
とりあえずカイジを
ブックオフに売却する事を
決意しました。

まあ、今までよく付き合ってきたもんです。
正直面白くないというか、何度も
読み返すレベルではなくなっているんですよね、
最近のカイジって。
今までの流れでついつい買い続けて
しまった私も悪いのです。
多くのお金と時間を失いました。
まあ、読み返してないから時間は
失ってないか(笑)

画像


ただ、初期のカイジは残す事にしました。
限定ジャンケン、鉄骨渡り、Eカード、
地下チンチロ、そしてパチンコ「沼」です。
ここまでは何度も読み返してきました。
今後も読み返す事でしょう。

それにしても、売却するカイジの単行本ですが
1度しか読んでないから新品同様のピカピカです。
ただ、ブックオフではほとんどの作品が100円で
販売されているから、おそらく相当
買い叩かれるのでしょうな~(しみじみ)

この記事へのコメント

2016年10月16日 00:25
え?トネガワも再読には堪えないレベルですか?
ちなみに床屋さんにカイジが揃っているのですが、何も考えずに手を伸ばすと、必ずいつもカイジが指を切られる賭の巻なんですよ。
不思議ではありますが、クライマックスが持つ引力でしょうか?

2016年10月16日 07:26
出ちゃっ太さん、どうもです。
トネガワは1巻はいいんですけどね。
1冊にとどめておけばよかったんですが(笑)
指を切断する巻ばかり手にするとは
因果なものですね(しみじみ)
思い返せば、切断そた後に応急処置して
病院に向かうといった流れをみると
意外に親切な組織なんですよね(笑)

この記事へのトラックバック