社会人として最低限守るべき事

画像


冒頭から怒られてますが(笑)

ちなみに画像はネットで拾ってきたものなんで
無断使用スイマセン。

私のブログでは珍しいのですが
仕事術みたいなものではなく、
タイトルどおり、社会人として最低限守らなければ
いけない事を記事にしてみたいと思います。

私の会社は始業時間が朝の9時であります。

朝の6時から来ている人もいれば、9時ギリギリの
1分前だったり、酷い場合だと9時超えて朝礼始まってる時に
さりげなく入ってきて、後ろのほうに立ってたり。
そういう人は心得てるんで、カバンとかコートは
廊下に隠して置いていたりします(笑)

私の仕事は月曜と火曜がとくに忙しいから
月曜日はいつも6時半に出社してます。
火曜日は7時半ですね。
水曜日以降は始業開始の1時間前の
8時には出社するように心がけております。

先日の事ですが、
月曜日は朝から関東は積雪が予報されており、
電車の遅れなどが予想されたから
いつもは5時に起きるけど4時半に起きて
会社に向かいました。
早朝だからそれほど影響はなかったけど
いつもより30分早く出たから本当なら6時に
着くところが6時半でしたので、30分遅れで
ありました。

その後、続々と社員が出勤してくるんですが
驚くのが前日から混乱が予想されているにも
関わらず遅刻してきた社員が10人ほどいたのです。
何人かは住んでる場所の関係で、致し方ない
遅刻のようでしたが、他はいつもギリギリで
出勤してくる連中でした。

私は本当に呆れてしまいましたよ。
仮にも私の会社の本部スタッフは店舗での
販売員や店長などの現場を充分に経験してきた
限られた人間しかなれないのです。
東京のオフィスには60人ぐらいいるのですが
そのうちの10人ですよ。

さすがに先輩社員たちには言えませんでしたが、
後輩たちには思いっきり嫌味を言ってやりました。
「揃いも揃って遅れるであろう連中が遅れてきたな」
なんて(笑)

後輩たちも、
「海さん、酷いじゃないですか~!」
「駅で1時間待ったんですよ!」
「渋谷から電車がまったく来ないんですよ!」
「マジでホームから人が溢れて危険だったんですよ!」
なんて笑いながら口々に「遅れ自慢」を
していましたが(笑)

以前、俳優の哀川翔さんが何かのインタビューで
「5分遅刻するぐらいなら、2時間前に現場に
着くようにしてる」と仰ってました。
哀川さんは長年数多くの映画、ドラマ、テレビなどで
活躍されてますが、「遅刻=自分の出番無し」というふうに
若い頃から肝に銘じて仕事されてきたそうです。

まあ、大雪などは仕方ないにしろ
普段から「遅れたら自分の場所はないんだ」ぐらいの
気持ちで仕事に取り組まなければいけませんね。
私が常に1時間前に出社するようにしているのも
1時間あれば、都心では充分にリカバリーが
可能だからです。
先日も、いつも通勤に使用している東京メトロ日比谷線の
銀座駅で発煙騒ぎが起こり、動かなくなってしまいましたが
迂回しつつ、8時40分に本部に到着できました。

なんか偉そうな記事を書いて恐縮ですが、
遅れても居場所があるという、社内の甘い空気も
いけないのかも、なんて思いますね。
私も後輩には注意できても先輩にはやはり遠慮があり、
言うにしても冗談ぽくしか言えませんし(笑)

以上、珍しく仕事論(?)みたいな記事でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック