本場のカジノで使われているトランプを購入しました

画像


私の娘は、最近トランプとか双六とか
いわゆる昔ながらのアナログな遊びが大好きでして
私が早く帰れた日は夜に遊んであげてます。
日曜日とかは公園で体を動かして遊んでますが。

テレビゲームとか携帯ゲーム機とかは
小さいうちはやらせるつもりはありません。
それよりも公園で遊んだり、冒頭で紹介した
アナログな遊びのほうをやらせたいですね。
テレビゲームより間違いなく面白いと思います。

そんな中で、我が家には4種類ぐらいトランプが
あるのですが、そろそろ本格的なトランプが欲しいな、
なんて思っていたのです。
そこで、いい機会なので以前から欲しかったトランプを
ネットで購入してみました。

画像


USPCC(ユナイテッド・ステーツ・プレイング・カード・
カンパニー)製のトランプ。
蜜蜂(Bee・ビー)であります。

私がBeeを欲しい理由は、
昔読んだ本に出てきたわけでして、その本の影響が
非常に大きいです。
ちなみに本は、花村萬月さんの小説「二進法の犬」です。
小説の中にギャンブルシーンがあるのですが、
その時に使われるトランプがBeeなんですよ。
安心して遊べるカードはビーしかない、なんて
言われております。以下、小説からの情報を引用
させていただきます。

私はもともとギャンブルで使われる小物とかに
結構興味がありまして、日本の伝統的な
賭博「手本引き」の札を購入した事があります(笑)

  手本引きに関する過去記事はこちらです

画像


①ネットで購入しました

近場の東急ハンズとか探したんですが
Beeは売ってなかったんですよね。
専門店とか行けば良かったのでしょうが。
まあ、手軽なんでアマゾンで買いました。
1個600円ぐらいです。せっかくだから
赤・青の2個セットにしました。
400円ぐらいで買えるのもあったのですが、
2500円以上買うと1個400円になる、みたいな販売
方法だったので、やめました。
実際、正規の価格がどれぐらいなのか知りませんが、
だいたい500~600円ぐらいだと思います。

画像


②バイシクル(バイスクル)では駄目なのか?

おもちゃ屋さんで手軽に買える本格的な
USPCC製トランプは「バイシクル」だと思います。
東急ハンズとかヨドバシカメラやトイザラスとかでも
たくさん売ってます。
詳しくは知りませんがマジシャンとかでも愛用者は
多いみたいです。
でも、なんでバイシクルでは駄目なのでしょうか?

画像


画像


蜜蜂という名称の由来でもある蜜蜂の巣の
ような裏面の模様ですが、Beeでは全面に
描かれています。
これがバイシクルでは周囲に白い縁がありまして
印刷のずれを白い縁でカバーしてるわけでして、
ようはコストダウンなのです。
だからBeeは本場カジノで使用、バイシクルは
家庭用なのであります。

実際、カード全面に菱形模様がついていると
爪で印をつけても分かりづらいのです。
白い縁がついてると傷とかの目印がつけやすいのです。
更に、これだけ菱形模様がついてると、逆にカードの端とか
欠けたりさせると目立ちすぎてしまいます。
目印がつきづらく、更に目印がついたら非常にバレやすくなるような
仕掛けが施されているのです。

③ボックスのシール


画像


あくまでもイメージですが、本場のカジノでは
1ゲームごとに新しいカードを開封しまして
一度使ったカードは二度と使わないようだったと
記憶しております。
たしかボックスの開封口部分に貼られてるシールを
ナイフで破り、中のジョーカーを破ってから
ゲーム開始、みたいな感じなのですが、
私はシールを破くのがもったいないので
丁寧に剥がしました。少し破れてしまいましたが(笑)

④おまけのカード


画像


おまけというか「広告?」みたいなカードが2枚入っていました。
こういうカードが入ってるという事は
本物といえども、やはり素人の遊び用なのかも
しれません。カジノで使う本物のBeeは、また違うのかな?

画像


裏面はこんな感じですね。

⑤Beeのカードは紙質が違います

画像


画像


初めて手にしましたが、触った瞬間、
「お~!これは凄いな~!」なんて素人の私でも
思いましたね。
何度も何度もシャッフルしたくなるというか、
とにかく触り心地が最高なんです。

画像


画像ではうまく表現できないのですが、
表面がエンボス加工されてるようなんですよ。
だからカード1枚1枚がくっつかないんですよね。
1枚1枚が「シャリシャリ」してるんですよ(笑)

⑥なぜプラスチック製のカードは駄目なのか?

普通に使うのならプラスチック製でしょうね。
耐久性があるし、折曲がらないし、汚れたら
洗えますから。
ただ、プラスチック製カードは子供の遊びには使えても
真剣勝負のカジノでは使えません。
理由としては、「印刷」の為なのです。
数字だけのカードは単色刷りだけど、絵札は四色刷りです。
多色刷りだとインクの「張力」でプラスチックカードでは
カードが反ってしまうのです。
どういう事かといいますと、赤・青・黒・黄ではインクが乾くと
それぞれ張力が違うんで微妙に反ります。反ったカードは
数字札よりも微妙に短くなってしまうのです。
長年カードを扱ってる人はカードの長さを指先で感じられるので
数字札と絵札を選別できてしまうのです。
勘の鋭い人なら初めてでも解るそうです。

ちなみにBeeのカードは2枚の紙を貼り合せて1枚に
しているので、インクの影響を受けず、反る事がありません。

プラスチックカードは子供の遊びには使えても、
真剣勝負には使えないのです。

まあ、よくよく考えると、「子供との遊び用」に
トランプを買ったのですが、こういう変なこだわりを
してしまうのが、いかにも私らしいですな(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント

2015年01月06日 23:06
真剣勝負用って…。(^_^;
(ザワ…ザワ…)

カイジの世界に近づいてますね?

2015年01月07日 23:26
出ちゃっ太さん、どうもです。
福本作品の効果音!
たまりませんね~(笑)
そういえば、純粋なギャンブルの
漫画を読みたいですね。
カイジはギャンブルというよりも
「お笑い」の要素が強くなりつつ
ありますので・・・(笑)

この記事へのトラックバック

  • 私の購入したタロットカードを紹介します

    Excerpt: 前回の記事にて、どういう流れでタロットカードを 購入したのかについて、お話しましたので、 今回は購入店舗とかカードの紹介をいたします。 Weblog: 海cafe2 racked: 2015-09-14 23:00
  • 伊東屋のオリジナルトランプを紹介します

    Excerpt: 以前に確保しており、 ブログ用の写真も撮っていたけど 記事を作らず放置しておりました。 遅ればせながら紹介いたします。 Weblog: 海cafe2 racked: 2015-11-13 22:09