吉田カバンのカメラバック ~少し詳しい紹介~

画像


吉田カバンのポーターのカメラバック。
4つのシリーズがありましてサイズはSとLが
それぞれあるので全部で8種類ある事になります。
その中でも一番人気と思われるタンカーシリーズの
Lサイズが私が購入したモノになります。

画像


このタグって、やっぱりイイですよね。
あえてこのタグをつけないモデルとか
最近多いみたいですが、吉田カバン好きとしては
やはり惹かれるポイントであります。

色を黒にした理由は、私は今まで多くの
タンカーシリーズを使ってきましたが、ほとんどが
カーキであり、黒は今まで1個しか使った事が
ないのです。だから黒がとても新鮮に感じたのです。
それにカーキにしたら、ますますウエストポーチと
見分けがつかなくなりますし(笑)

画像


それではそれぞれのポイントを紹介していきます。

まずは太めのストラップが付属しており、
肩の負担を和らげる、取り外し式のパッドが
ついています。裏側にチラ見せっぽい感じで
オレンジカラーがキマっております。

画像


上部にハンドルがついているのもいいですね。
ストラップを外して手持ちスタイルも可。
ただし、ますます飯盒っぽく見えますな(笑)

画像


吉田カバンって、ポケットの取り付け位置とか
サイズにこだわりがあっていいですね。
ここにはパスケースとか鍵なんかを
入れるのに使うつもりです。

画像


前面は大きなポケットがついてまして
マチ幅も充分なんで、かなりの収納力が
見込めます。手帳や筆記用具、文庫本なんかを
入れるのに良さそうですね。
実はこのポケットの使い道は決めてまして、
このポケットがあるからこそ購入したとも
言えます。実際の使い道は次の機会に。

画像


裏側部分にもポケットがあります。

画像


いよいよメインの中身です。

カメラやレンズを保護する為の素材が内側に
貼られています。
仕切り板は2枚ついてまして、手持ちの機材の
大きさにあわせてカスタマイズ可能です。

画像


柔らかい布がついてまして、もちろんこれも
取り外し可能です。カメラやレンズを拭くのに
良さそうですね。またこの布は上下を分ける
仕切りとしての使い道もあります。

画像


上蓋の裏側にはクリアポケットがついてます。
正直なところ、私はクリア素材のポケットを
過去にうまく活用できた事がありません。
今回もいまいちアイデアがうかんできません。
SDカードや予備バッテリーの収納などに
使ってる方が多いみたいですが。
まあ、そのうちいいアイデアが浮かぶかも
しれません。

以上、ざっと部分的にポイントを
紹介してきました。
次回はこのカメラバックの一番のウリである
ところについて紹介したいと思います。

この記事へのコメント

2013年03月31日 13:05
どもども。
薄マチなのが格好良いです。一般のカメラバックは銀塩時代から「レンズ付一眼レフ」が入る事を前提にしてるのでマチ幅というか奥行きが倍近くあるんですよね。
2013年03月31日 19:11
grattさん、どうもです。
ミラーレスカメラを想定した
バックですね。これはこれで好きだけど
ドンケとかの奥行きが深いやつも
結構好きです。レンズ沼ではなく
バック沼に陥ってるのかも(笑)
2013年04月01日 03:32
こんにちは、地元のショッピングモールで「吉田カバン」の製品を置いているショップがあるので見てみたのですが、なかなか使い易そうのですね・・・。

「ポーター」ブランドでは現在、「タンカー」「フリースタイル」、「スモーキー」が”3大ブランド”の様ですが、「スモーキー」のカメラバッグが無いのが不思議です・・・。

因みに最近【海】さんと【gratt】さんのBLOGを見たせいで「吉田カバン」熱が上がっています、今月(4月)一つ入手予定で色々調べていますw・・・。※iPad mini用のバッグです。
2013年04月01日 23:14
lomoさん、どうもです。
人気があるかはわかりませんが、
「ヒート」でカメラバックとか
あったら良かったのに、なんて
思います。最初はニューライナーに
しようと思ったのですが、想像よりも
小さかったのでタンカーにしました。

この記事へのトラックバック