車内で見かけたポーターのシステムバインダー

本日は先週に引き続き、販売応援で
店舗のほうに行きました。
帰りに東武東上線に乗っていたのですが、
ガラガラの車内で私の前に座った大学生らしき
若い男性の手帳に視線が釘付けになってしまいました。





吉田カバンのポーターブランド、タンカーのシステムバインダーで
あります。

東急ハンズとかロフトに行くたんびに、私は必ず
このバインダーを触る事にしています。
一時期、かなり欲しくなったのですが、
手を出していない一品。
理由としては、ショルダーベルトがつけられないからです。
見た目は完全にポーチであり、リング部分も取り外せるので
ポーチとして使ってもまったく違和感がないのですが
ショルダーベルトさえついてれば、「手帳を肩からかけられるのに・・・」と、
私的には不満なのです。仕事の時はショルダーベルトを外して使って、
休日の時はつけて、手帳+ポーチみたいに使ってみたいのですが。

このタンカーのシステムバインダーは、結構使ってる人を見ますし、
私も毎回、店で見かけたら触ってるんで、今更目が釘付けになる事も
ないんですが、なぜ釘付けになったのかというと・・・

挟んでるリフィルの量がハンパではないのです(驚)

リフィルの種類までは確認できませんでしたが、
フランクリンか、夢手帳熊谷式かわかりませんが
恐らく一日1ページタイプが1年分挟んである感じ(驚)
更にリフィルの上部には、これでもかというぐらい
ポストイットがつきまくっています。
ほんとあちこちのページにポストイットがついてるんで、
ひょっとしたら1日1ページではなく、ノートリフィルが
大量に挟んであるのかもしれません。

その若い男性は、熱心に書き込みをしつつ、
時折、ポストイットで検索しながら、慌しく手帳を
操っている感じでした。
彼は途中下車したんですが、そんだけリフィルが挟んであるんで、
当然といった感じで半分ぐらいファスナーを閉めてカバンに
入れていました。全部閉めるのは無理みたいです。

ここまでパンパンになってるシステムバインダーは初めて見ました。
でも、彼の「行動や思考」が全て詰まってる感じで
とてもカッコ良かったです。

結論的には、ポーターのタンカーのシステムバインダーが
欲しくなってしまいました(笑)

ホント、他人が使ってるのを見ると欲しくなる癖、
治らないかな~(大汗)

この記事へのコメント

おなら出ちゃっ太
2010年03月30日 09:23
熱心なユーザーは最高の広告塔である、という箴言が作れそうなお話ですね。
いや、既にあるのかな?この手の言葉は。(^^;
2010年03月30日 21:40
出ちゃっ太さん、どうもです。
それはかなりイイ言葉ですね~。
真似(模倣)から文化が生まれる、
みたいな言葉もあったような
気がします。
ただ、真似ばかりで
中身のない私は駄目ですね~
特に金が追い付きません(笑)
おなら出ちゃっ太
2010年03月31日 17:09
ビジネスの箴言とするなら、「広告塔」なんて言葉よりも「宣伝マン」とかの方がいいのかも。
ちょっと古くさい語感でしょ?
2010年03月31日 22:43
出ちゃっ太さん、どうもです。
宣伝マンとかの~マンって響きは
結構趣きがありますな~。
~屋とかもいいですね。

この記事へのトラックバック